クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
シリーズ最新作。本作では複数同時に作戦が進行したり、味方の援護を受けられるシステムを搭載。またXbox LIVEで、最大16人での対戦&協力プレイも楽しめる。
発売日
2007年11月01日
価格
7428円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
シューティング
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

エースコンバット6 解放への戦火(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

カミカゼ長田
ファミ通公式 Xbox 360
9

新世代機で初登場だけに相当期待しているファンも多いだろうけど、期待を裏切らないデキ。プレイ感覚自体はさほど変わらないが、見た目はいいし、僚機を従えてのドッグファイトもいままで以上に楽しい。待望のネット対戦は白熱必至で、うまい人もそうでない人も楽しめます。

週刊ファミ通986号より

吉池マリア
ファミ通公式 Xbox 360
9

ひとりでじっくり遊ぶもよし、多人数によるネットワーク対戦に興じるもよし。背景や戦闘機の動きなど、全体的に"リアル"と"虚構"のバランスがよく、見応えがありつつも遊びやすい作りは好印象。また、操作性もいい。16人で行った対戦は、かなりの迫力&やり応えを感じましたよ。

週刊ファミ通986号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Xbox 360
9

シリーズ最高峰であるグラフィックでの空中戦は、もう感動モノ。ゲームのシステム自体は大きく変化していないのですが、これほどリアルになってしまうと、別のゲームのように感じるほどです。オンラインでの対戦も対応しており、手強いドッグファイトが楽しめちゃいますよ。

週刊ファミ通986号より

青山ガゾー
ファミ通公式 Xbox 360
9

画面のクオリティーの高さに驚かされました。素直にかっこいいです。操作は意外と簡単で、さらにもっと簡単な操作方法に変えることもできます。空が舞台のため、目前の景色がぐるぐる変わることによる3D酔いもしません。ひとりでも対戦でも、ついハマってしまう魅力があります。

週刊ファミ通986号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

砂糖醤油
Xbox 360 2007-11-02 02:41:37投稿
9

ここんところ、「マチルダー!」のCMをやたら見ます。
相当、気合入ってるんでしょうね。。。
で、ミッション1(オフライン)と
クイックマッチ(野良オンライン試合)をやりました。
これは、本気でヤバイ!
物語の舞台は架空の世界ですが、実在の戦闘機が出てくることもあり、
リアル。そして、ストーリーは大変、シリアス。
音楽もクオリティ高すぎ。
映画!?と思うほど。やたら盛り上がります。血が騒ぎます。
英語音声/日本語字幕で遊んでますが、演技派声優揃いでもう、
話にグイグイ引き込まれます。
(ボイスのデフォルトが日本語音声/日本語字幕なのは何故?)
デモとかユーザーインターフェースはナムコの職人クオリティ。
「絵が綺麗なだけでしょ?」
とか、思うかも知れないけど、綺麗に越したことはないです。
(絵はリアルだけど、ストーリーは架空の世界の話です)。
HDTV持っていればなおさら。
コレを遊ばないなんて、相当宝の持ち腐れって気がします。
ゲーム本編も力入ってます。
そうそう、オンラインのマッチングが異様に早いです。
日本だけ、なのかな?
対戦ではHIGH Gターン(両トリガ引き、レバー下)を駆使しての、
熱いドッグファイトを堪能できます。
はー。。。この作品が日本から出たこともうれしいなぁ。。。
ACE6が本体牽引して、日本のプレイヤーが増えて、
オンラインがもっと盛り上がれば言うことなしです!
# 当初、97点としていましたが、88点に改定。

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
シリーズ最新作。本作では複数同時に作戦が進行したり、味方の援護を受けられるシステムを搭載。またXbox LIVEで、最大16人での対戦&協力プレイも楽しめる。
発売日
2007年11月01日
価格
7428円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
シューティング
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

エースコンバット6 解放への戦火に関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕