トビー・フォックスさんの作家性が高い“誰も傷つかなくていいRPG”

 いまから5年前の2015年(平成27年)9月15日は、PC用ソフト『UNDERTALE(アンダーテイル)』が発売された日。

 『UNDERTALE』はアメリカ人のゲーム開発者であるトビー・フォックスさんにより、クラウドファンディングで資金を調達して開発されたインディータイトル。最初は海外のみでしたが、驚きの仕掛けや直感的に遊べるゲーム性、考察しがいのある内容で大きな話題となりました。また、グラフィックの一部を除き、ほぼトビー・フォックスさんひとりで手掛けていることもあり、とても作家性の高いタイトルに仕上がっています。

 2017年8月にプレイステーション4版とPS Vita版が発売され、その後はPC版も公式に日本語に対応。2018年9月にNintendo Switchでも発売されました。日本語化についてはハチノヨン(8-4)が担当していますが、トビー・フォックスさんも移植に深く関わっており、クオリティーの高いものになっています。この丁寧なローカライズも人気を後押しした理由になっていますね。

『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】
『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】
『UNDERTALE』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『UNDERTALE』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 ストーリーはかつて人間がモンスターを封じ込めた地下世界を冒険するというもので、マップの仕掛けを解きながら敵やボスと戦っていく内容。

 特徴的なのはバトルシステムで、“たたかう”、“こうどう”、“アイテム”、“みのがす”というコマンドがあり、“こうどう”を選ぶことで“なでなで”や“はげます”といった行為でモンスターと交流でき、仲よくなると見逃すことができます。それはザコだけでなくボスも同じで、本作はRPGでありながら誰とも戦わずに進められるようになっています。

 戦うか仲よくなるかの選択はプレイヤー次第で通常のRPGのように敵と戦いながら進むことも可能です。バトルは弾幕シューティングゲームに似ており、リアルタイムに襲ってくる敵の攻撃を避ける必要がありますが、戦闘機型の敵であれば爆撃になっているなど、それぞれ攻撃方法に個性が反映されています。

『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】
『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】

 トビー・フォックスさんの手掛けるBGMはどれも評価が高く、とくにバトル曲はいずれもドラマを盛り上げる熱いものになっています。

 ストーリーを彩る個性的なモンスターたちも印象的です。ゲームの序盤で優しくプレイヤーを導いてくれるトリエルを始め、飄々としているサンズや彼の兄弟でどこか抜けているパピルスなど忘れられないキャラクターばかり。

『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】
『UNDERTALE』がPC向けに発売された日。ユニークなキャラクターや考察しがいもある心揺さぶるストーリーで多くのファンを生み出したRPG【今日は何の日?】

 そんな『UNDERTALE』は誕生5周年及び日本語版登場3周年を記念したアニバーサリーイベントがオンラインにて開催。UNDERTALE 公式YouTubeチャンネルにて9月16日11時に配信されます。心に残る1作を、ぜひこの機会に触れてみてくださいね。

これまでの今日は何の日?