ディースリー・パブリッシャーは、3Dアクションシューティング『地球防衛軍6』について、前作『地球防衛軍5』の結末から数年後の世界を描いたストーリーや、地球に住み着いた住み着いた異星生命体などの情報を公開した。

以下、リリースを引用

『地球防衛軍6』新情報公開

絶望の未来に生きる。

人類は運命に抗った。

 2017年、新たな世界観の下、未知なる異星生命体の侵略と対峙する人類を描いた『地球防衛軍5』は、「人類よ、運命に抗え」をキャッチコピーに、日本国内50万本を超えるシリーズ最高のヒット作となった。

 そして4年後となる2021年、ナンバリングシリーズ最新作『地球防衛軍6』が、いよいよそのベールを脱ぐ(予定)。最高の絶望感と興奮で贈る『地球防衛軍6』は、前作『5』の結末から数年後の世界を描いた続編となる。

 しかし...

 『地球防衛軍5』の物語の結末は、希望なき未来を予期させるのに十分であった。

 2022年に突如襲来した未知の侵略者を、約2年もの戦いの末、辛くも退けた人類。

 そして残されたのは、総人口の9割を失い、社会システムはおろか文明も崩壊寸前という厳しい現実であった。

 EDFと人類は、確かに運命に抗い勝利した。しかし、その先に待つ未来は決して復興という名の希望に満ちあふれた世界ではなかったのだ...。

 人類は、再び絶望を乗り越え、運命に抗うことができるのか?

STORY

 EDF6の世界観と時代設定、物語を紹介。

勝利から3年、瀕死の地球。

 2024年、前々年より続く未知の侵略者との戦いに人類は勝利した。

 プライマーは去り、地球に静寂が戻った。しかし、人口は一割まで減少。文明は崩壊の危機に直面していた。生き残った人々は、懸命に復興の努力を続ける...。

 それから3年の月日が流れた2027年。人々は大きな壁に直面していた。

 プライマーは使役していたとされる多くのエイリアン(コロニスト)を地球に置き去りにした。

 彼らは生き延びるために集団を作って街を占拠。地球に住みついたのである。

 人類とエイリアンは頻繁に衝突。小競り合いが繰り返され、その度、双方に被害を出していた。

 地球に住む2つの種族は、互いに疲弊していくばかりであった...。

そして、残された脅威。

 さらに深刻な問題があった。

 それは、侵略生物が地球で繁殖を続けていることだった。

 地底や廃墟に巣を作り、増え続ける侵略生物。その数はすでに人類を圧倒しつつある。

 侵略生物が地球の支配者とならぬよう、人類は戦い続けねばならなかった。

 社会の再構築、文明復興は遅々として進まず、その日を生きるだけで精いっぱいの日々。

 人類は残された脅威と戦い続けていた...。

全地球防衛機構軍【EDF】

 かつて人類の盾となり侵略者に勝利したEDF。荒廃した地球で、我らがEDFはどんな状況になっているのだろうか?

戦い続ける戦士の姿が...

 プライマーという宇宙からの侵略者に対して、人類と地球を守りぬいたEDF。

 しかし、先の大戦(EDF5)の最終局面で、EDFの組織はすでに崩壊寸前であった。

 EDF総司令をはじめ、多数の兵士たちが散っていった。

 既にあのストームチームは存在しない。混乱の最中である、「かの者」との戦いか、その後であるかについては不明だが、ストーム2(軍曹の部隊)、ストーム3(グリムリーパー)、ストーム4(スプリガン)と呼ばれたあの兵士たちはすでにこの世にいない。

 しかし、今も戦い続ける一人の兵士がいる。かつてストーム1と呼ばれた、あの英雄なのだろうか...?

戦い続ける戦士の姿が...

 2027年の世界においても、繁殖する侵略生物や住み着いたエイリアンとの戦闘状態が継続していることは確認されたが、EDFという組織自体の状況や、残された戦力がどの程度であるかは不明だ。

 今回公開されたスクリーンショットを見る限り、かつての特戦歩兵 レンジャーのような兵士が見受けられるが、その姿は薄汚れていて以前のような精彩さに欠ける。また軍隊といえるような組織だった友軍の姿も確認できない。

 はたして『地球防衛軍6』の世界で、EDFはどのような存在になっているのだろうか...?

今回公開された戦うストーム1と思しき兵士の姿。装備は薄汚れており、首に巻いた布など、ゲリラ兵のようにも見える。かつてのレンジャーと比べて精彩さがなく、文明が崩壊寸前の世界でEDFの組織がどうなっているのか気になるところだ。
2022年開戦当初(EDF5の時代)の特戦歩兵 レンジャー

残された脅威の数々

 プライマーが去った地球には、置き去りにされたエイリアンをはじめ、繁殖し続ける侵略生物が、今なお人類の脅威となって存在する。

住み着いた異星生命体 エイリアン(コロニスト)

 プライマーに送り込まれ、使役されていたとされるヒューマノイド型エイリアン。

 先の戦争後、地球に置き去りにされ、世界各地で街を占拠するなどコロニーを形成している。

 巨大であることを除けば、人類に酷似した姿、能力を持った生命体。

 地球の大気で呼吸が可能など、環境への適応力も高い。人類と同等の知性を持ち、言語らしきものを使い、統率の取れた組織的な行動をするなど、人類との酷似点は様々である。

コロニストの再生能力

 エイリアンたちとの戦闘では、敵が倒れたからと言って安全ではない。

 彼ら(彼女ら?)は手足を失った際に機動力こそ落ちるものの、攻撃を続行することが可能だ。

 さらに恐ろしいことに、驚異的な回復能力までも併せ持つ。数秒で失った手足を再生し、何事もなかったかのように本来の戦闘能力を復活することができる。

1.腕の再生

※先の戦争(『EDF5』)での記録映像より

2.脚の再生

※先の戦争(『EDF5』)での記録映像より

繁殖する侵略生物

侵略生物α

 先の侵略戦争で、プライマーによって持ち込まれた地球外生物。在来生物への高い攻撃性が確認されていることから「侵略性外来生物α」(短縮呼称「侵略生物α」)と呼称された。

 全長約11メートル。象のような巨体にもかかわらず驚くほど俊敏で、垂直の壁を登ることが可能。しかもその際に速度をおとすことがない。

 攻撃の際には大きな牙が武器となるが、さらに恐ろしいのは強酸を放出する能力である。酸は100メートルほどの距離まで放出され、金属を数秒で融解する。

侵略生物β

 侵略生物αと同じくプライマーによって持ち込まれた。正式名称は「侵略性外来生物β」(短縮呼称「侵略生物β」)。α型に比べ俊敏さにこそ劣るが、高い跳躍力を持つ。

 強い酸を含んだ糸を吐きだすという、恐ろしい攻撃能力を有し、その射程距離は非常に長い。

 多数に囲まれると大変危険で、複数の糸にあたると移動もままならなくなる。

飛行型侵略生物

 飛行能力を持つ侵略生物で、その脅威はα型、β型の侵略生物をはるかに上回る。

 巨体でありながら飛行速度は速く、戦闘能力も非常に高い。滞空状態のまま針のような組織を射出して攻撃する。

 その針は装甲戦闘車両の装甲を貫くほどの威力を有する。

廃墟となった都市部の高層ビルにハイブ(巣)を作り繁殖する飛行型。これを見る限り人類は勝利したものの、侵略生物の繁殖拡大を食い止めることはできなかったよだ。世界各地がこのような状況なのだろうか?
飛行型と戦う一人の兵士

もっと知りたいEDF6の世界

 ようやく発表となったEDF6。公開された画像から読み解けるその世界の情報を考えよう。

謎に包まれた『6』世界を考察

 これらの画像を見てほしい。

 これまでどう見ても終わってる荒廃した都市部の衝撃的な画像ばかりであったが、どうやら破壊されていない都市もある模様だ。

 しかし、一見無事に見える都市にも侵略生物がはびこり、高層ビルには巣までつくっている。

 はたしてこの都市に人間は住んでいるのだろうか?...いや、この状態で住めるわけがないか。

 既にゴーストタウン、もとい侵略生物タウンと化しているのかもしれない。

 続いては、こちらの画像だ。

 先ほどの都市部とは違い、地方の山間らしきところに民家(というより温泉宿のようなもの)が存在する。

 推測の域は出ないが、大都市ではなく人口が少ない地域には、破壊されず、無事に生き残った街があるのかもしれない。

 さらに衝撃の走る画像を見てほしい。

 侵略生物やエイリアンとは全く異なる生物が出現している。

 EDF5に登場したエルギヌスやアーケルスといった巨大な“怪生物”に類する生物かもしれない。

 しかし怪生物が空中を浮遊したケースは、先の大戦では確認されていない。

飛行する怪生物?と対峙する見たことのない戦闘車両。どうやら人類も残った戦力が多少はあるようだが...。

『地球防衛軍6』商品概要

  • タイトル:「地球防衛軍6」
  • よみがな:ちきゅうぼうえいぐん しっくす
  • 対応PF:未定
  • 発売日:2021年発売予定
  • ジャンル:3Dアクションシューティング
  • 価格:未定
  • 対応人数:未定
  • CERO:審査予定
  • 開発:株式会社サンドロット
  • 発売:株式会社ディースリー・パブリッシャー