いまから28年前の1992年(平成4年)6月10日は、スーパーファミコン版『ストリートファイターII』が発売された日。

 『ストリートファイターII The World Warrior』は、カプコンから発売された格闘アクションゲーム。1991年にアーケードゲームとして登場し、一大ブームを巻き起こしたタイトルで、移植作のスーパーファミコン版も大ヒットを記録した。

 ゲームセンターではすでにバージョンアップ版の『ストリートファイターII’(ダッシュ)』が登場し始めていたとは思うが、それでも流行中の作品が家庭で遊べるとあって、多くのゲームファンが大歓喜したのではないだろうか。当時の筆者は『ハイスコアガール』の矢口春雄よろしくゲーセン通いをしまくっていたので、お小遣い事情的にも大助かり。学校帰りに友だちの家に集まって毎日対戦をくり返したものだった。コントローラーでのコマンド入力は慣れないと難しかったので、親指が痛くなるまで練習した人も少なくないはずだ。

 プレイアブルキャラクターはリュウ、ケン、春麗など8キャラクターと現代基準では少なめだが、それでも当時としてはかなり多かったと記憶している。四天王と呼ばれるM.バイソン、バルログ、サガット、ベガはボス的な存在で登場はするものの、残念ながら操作することはできなかった。以前の記事でも書いたが春麗のキャラクター人気はかなりのもので、格闘ゲーム界のヒロイン的ポジションにまで上り詰めていたからスゴイ。

 『ストII』には今日における格闘ゲームの基礎が詰まっており、多くの格闘ゲームが雛形として採用していると思われる。本来あるはずのモーションを省いてつぎの技を発動する“キャンセル”や“キャンセル技”は『ストII』が発祥と言われており、現在もテクニックや用語として日常的に使われている。ジャンプで相手を飛び越して攻撃する“めくり”や気絶状態を表す“ピヨる”も『ストII』をキッカケに流行った模様。

 また、スーパーファミコン版の『ストII』は女優の水野美紀さんが出演したCMも話題になった。春麗に扮した高校生時代の水野美紀さんがかわいかったのはもちろん、有名な「俺より強い奴に会いに行く」という名キャッチコピーが誕生したのもこのCM。現代でも何かとこのフレーズを目にする機会は多いので、当時を知らない人にも知名度は高いんじゃないだろうか。実際のゲームセンターでも対戦筐体が普及してからは、フレーズを地で行く遠征が大流行した。

 なお、『ストII』には、『ストリートファイターII’TURBO』や『スーパーストリートファイターII』など、じつに多数のバージョンアップ版的な続編が存在。当時は新作が出るたびに「いつ『III』が出るのか?」と話題になっていたものだったが、1997年2月についに『ストリートファイターIII』が登場してしまい、出ないものと決めつけていた筆者などは逆に驚いてしまった。ちなみに、2017年には『ストII』の最新作である、『ウルトラストリートファイターII -The Final Challengers-』がNintendo Switchで発売されているので、チェックしてみるといいだろう。いま元祖『ストII』で遊びたいなら各ハードで遊べる『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』がおすすめ。

画面写真は『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』のものです。
これまでの今日は何の日?