バンダイ キャンディ事業部は、キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ“食べマス”より、『すみっコぐらし』の“ねこ”と“とかげ”をかたどった“食べマス すみっコぐらし ~“ねこ”と“とかげ”が新登場!~”を、2020年5月26日より全国のファミリーマートにて販売する。

 恥ずかしそうにちょこんと座っている姿がかわいらしい商品。ねこはカスタード味、とかげはぶどう味となっている。

以下、リリースを引用

“食べマス すみっコぐらし”から遂に“ねこ”と“とかげ”が全国のファミリーマートにて発売決定!

 株式会社バンダイ キャンディ事業部では、キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ「食べマス」より「すみっコぐらし」の“ねこ”と“とかげ”をかたどった『食べマス すみっコぐらし ~“ねこ”と“とかげ”が新登場!~』(全1種)を、2020年5月26日(火)より全国のファミリーマートのチルドデザートコーナーにて販売します。(発売元:株式会社バンダイ)

※「すみっコぐらしフレンズ」は別売りです。
※画像は複数ラインナップを集めて撮影したものです。
※画像は実際の商品と多少異なる場合がありますのでご了承ください。

商品特長

食べマス すみっコぐらし(ねこ・とかげ)とは

 「すみっコぐらし」のキャラクターより、はずかしがりやで気が弱い“ねこ”と、じつはきょうりゅうの生き残りなのに、つかまっちゃうからとかげのふりをしている“とかげ”を和菓子で表現。恥ずかしそうにしている姿がなんとも可愛らしい商品です。

 「食べられるマスコット」の名の通り、2キャラクターそれぞれのチャームポイントをぽってりとした“練り切り”で表現しました。

 “ねこ”は白いからだに印象的な模様、“とかげ”は青いからだに白いおなか。どちらもからだの前で両手を合わせ、つぶらな瞳ですみっこに佇んでいる様子を再現しています。

 中の餡の味は和菓子ならではの繊細な味わいを残しつつも、彼らの色合いにちなんだカスタード味(ねこ)、ぶどう味(とかげ)の2種類を用意。

 味だけでなく見た目も楽しむことができ、思わず2体並べて写真に収めたくなるフォトジェニックな商品です。

食べマスとは

 「食べマス」は、「食べられるマスコット」の略を名称としたキャラクター和菓子のブランドで、餡、砂糖、もち粉などを使ってキャラクターの特徴を表現しています。

 美味しさだけでなく、手の込んだ細工の美しさ、そして“かわいすぎて食べるのがもったいない”と思ってしまうほど、キャラクターの持つ愛らしさを表現した新感覚の和菓子です。

 これまでに、「リラックマ」「すみっコぐらし」「名探偵コナン」「ワンピース」「スヌーピー」「ディズニーキャラクター」「星のカービィ」「ドラえもん」「サンリオキャラクター」「妖怪ウォッチ」「カナヘイの小動物」「うさまる」を発売し、そのかわいらしさが話題となっています。

商品概要

※数量限定のため、なくなり次第販売終了となります。
※店舗での商品のお取り扱い日は、店舗によって異なる場合があります。
※一部店舗ではお取り扱いのない場合があります。

  • 発売元:株式会社バンダイ

※画像はイメージです。
※画像は実際の商品とは多少異なる場合があります。
※とかげにははちみつ由来の香料を使用しております。1才未満の乳児には与えないでください。
※のどにつまらせないようご注意ください。
※最新の情報は、バンダイキャンディホームページをご覧ください。