2020年5月25日より、さまざまなクリエイターが集まり、オンラインでアニメの新企画を立ち上げる“オンラインでやっちゃおう! ゼロから作るアニメ企画会議”が開催される。

 オリジナルアニメ『メカウデ』を通じて交流の深まった、アニメーター・西位輝実氏、ゲームクリエイター・松山洋氏(サイバーコネクトツー代表)、アニメーション作家・オカモト氏、プロデューサー・麻生秀一氏が出演し、全3回の配信が予定されている。

以下、リリースを引用

オンラインでアニメ新企画! アニメーター西位輝実さん、サイバーコネクトツー松山洋社長を交えて“ゼロから作るアニメ企画会議”開催!

 5月25日(月)より、コロナ禍で時間が空いたクリエイターが集まり、オンラインでアニメの新企画を立ち上げる「オンラインでやっちゃおう! ゼロから作るアニメ企画会議」を始動いたします。

 弊社のオリジナルアニメ『メカウデ』を通じて交流の深まった、アニメーター西位輝実さん、ゲームクリエイター松山洋さん(サイバーコネクトツー代表)、そして弊社のアニメーション作家オカモト、プロデューサーの麻生秀一が出演し、全三回の配信を予定しています。

 第一回目は5月25日(月)の19:30から、メカウデ公式YouTubeチャンネルにてライブ配信いたします。どのようにして新しい企画が立ち上がるのか、ぜひご期待ください!

開催日時

  • 1回目:5月25日(月)19:30スタート(21:30終了予定)

※2回目以降は隔週での配信を予定

 メカウデ公式YouTubeチャンネルよりYouTube Liveにてライブ配信します。

出演者プロフィール

西位輝実(アニメーター)

 大阪デザイナー専門学校を卒業後、スタジオコクピット、スタジオ潮風に在籍、現在はフリーランスアニメーターとして活躍中。

 『輪るピングドラム』(2011)や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(2016)、『劇場版 はいからさんが通る』(2017)『Knights of the Zodiac聖闘士星矢』(2019)のキャラクターデザインを担当。その他、漫画作品に『ウロボロスの冠』がある。

松山洋[株式会社サイバーコネクトツー](ゲームクリエーター)

 博多にある元気なゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。

 開発の傍らで毎月、60冊のマンガ誌を読んでいる大のマンガ好き。アクションと映像演出に特別なこだわりを持つ作品づくりが特徴。

 現在、マンガの原作を務めており、ファミ通.comにて『チェイサーゲーム』を連載中。

【ゲーム代表作】

オカモト[TriFスタジオ](アニメーション作家)

 アニメーション作家/イラストレーター。2012年自主制作アニメ『11:08』を初作品として公開しYouTubeにて82万再生を獲得。

 2017年に制作したEve氏の楽曲『あの娘シークレット』のMVアニメーションはYouTubeにて2900万再生を突破。

 オリジナルアニメ『メカウデ』の原案・監督・キャラクターデザイン他を務め、2018年にそのパイロットエピソードを制作。

 その完成度の高さは業界内でも話題となっており同作品のシリーズ化が期待されている。現在、新作ショートアニメ『巨神と氷華の城』を鋭意制作中。

麻生秀一[TriFスタジオ](プロデューサー)

 TriFスタジオ代表・プロデューサー。CGデザイナーとして『.hack//G.U. TRILOGY』『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム -』等、様々な映像制作・ゲーム開発への参加を経て、2014年にアニメーション制作やCG・VFX等を手がける「TriFスタジオ」の立ち上げに参加。

 以降、代表・マネジメントを務める。TriFスタジオオリジナルアニメ『メカウデ』では企画・プロデュースを務め、国内外のクラウドファンディングにて製作資金調達に成功。