月刊コロコロコミックで連載中のマンガ『スプラトゥーン』(漫画:ひのでや参吉)で、2020年5月15日ごろ発売予定の“コロコロコミック 2020年6月号”から、新章“ブキチの冒険編“がスタートすることを、『スプラトゥーン』公式Twitterが公開した。

『コロコロコミック2020年6月号』の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 “ブキチの冒険編“では、ブキチ(ゲーム内でプレイヤーにブキを売ってくれるキャラクター)の祖父、ブキノサイの宝を巡る旅が描かれるという。

 ブキノサイと言えば、シオカラーズの祖父であるアタリメ司令が所属していた、“旧カラストンビ隊”の一員として、初代『スプラトゥーン』のミステリーファイルに登場している。

初代『スプラトゥーン』のミステリーファイルより。いちばん左のいるのが、ブキチの祖父“カンブリヤ・ブキノサイ”と思われる。

 この時代は、『スプラトゥーン』の世界より遥か以前に人類が滅亡し、イカとタコが争いを始めた、“大ナワバリバトル”が勃発していたころ。マンガ内でも、若き日のアタリメ司令や、旧カラストンビ隊のエピソードなどが描かれたりするのだろうか。

 マンガ『スプラトゥーン』は、現在単行本11巻まで発売中。

マンガ『スプラトゥーン』の購入はこちら (Amazon.co.jp) マンガ『スプラトゥーン』(Kindle版)の購入はこちら (Amazon.co.jp)