room6は、本日2020年5月14日より、“hako生活”開発のNintendo Switch用ソフト『アンリアルライフ』を配信開始した。

 本作は、記憶喪失の少女が、知らない街を冒険しながら自身の記憶を取り戻すアドベンチャーゲームだ。

以下、リリースを引用

キオクを読み取るアドベンチャーゲーム『アンリアルライフ』リリースのお知らせ

 株式会社room6(本社:京都市左京区、代表取締役:木村征史)は、「hako生活」開発のNintendo Switch向けアドベンチャー「アンリアルライフ」を2020年5月14日より配信開始したことをお知らせいたします。

アンリアルライフについて

 「アンリアルライフ」は個人ゲーム開発者「hako生活」が開発した、サイコメトラーで記憶喪失の少女が、無線式の信号機AIと協力し、知らない街を冒険しながら、自身の記憶を取り戻すアドベンチャーゲームです。

ストーリー

 ある日、道路で倒れていた記憶喪失の少女「ハル」は人間と無線通信が可能な信号機AI「195」に助けられる。

 ハルは自分の記憶を取り戻すため、自身が持つさわったモノのキオクを読み取る能力を使いながら、195とともに脳裏に残る「先生」を探すことになる。

 そんな矢先、たどり着いたアパートの扉の向こう側には、不思議な街が待っていた…。

キャラクター紹介

記憶喪失の少女:ハル

信号機のAI:195

 このペアで冒険は繰り広げられます。

アンリアルライフの特徴

キオクを読み取るシステム

 特定のオブジェクトからキオクを読み取ることができ、オブジェクト周辺の過去の映像と今の映像を比較して、ギミックのヒントとなる情報を手に入れることができます。

 記憶を読み取って各マップの謎解きを進めていくと、新たな景色を観れるようになったり、アイテムが追加されていったり、ストーリーのバックグラウンドとなる「ハルの過去の情報」を手に入れることができます。

 美しい世界とは裏腹に、ストーリーから垣間見える不穏な展開も、魅力の一つです。

ゲームプレイについて

 探索要素・アクション要素のどちらにもゲームオーバーがなく、どんなプレイヤーでも物語を進めることができます。

 加えて、ひらめきに優れたプレイヤーは物語を円滑に進めることができ、ひらめきが苦手なプレイヤーは間違うことによる発見ができるように設計しているため、プレイヤースキルに適応したゲームプレイが可能となっています。

 アドベンチャーを楽しくするための画面構成として、アイテム画面は実際のカバンを模しています。

視覚効果

 従来のピクセルアートの表現に加え近代の視覚効果技術を使用しています。

 ピクセルパーフェクトに解像度を維持しつつ、ピクセルアートを崩さない形でリアルな光の表現、水の表現などをシェーダーおよびパーティクルによって表現しています。

音響効果

 近代の3Dの技術やフィルターをドット絵のゲームに還元し、よりリアルな手触りの世界観を実現しています。

Nintendo Switch版『アンリアルライフ』基本情報

  • タイトル名:アンリアルライフ
  • ジャンル:アドベンチャーゲーム
  • プラットフォーム:Nintendo Switch
  • 発売地域:日本
  • 価格:2400円
  • 開発:hako 生活
  • 配信:room6
  • レーベル:ヨカゼ
  • 発売日:2020年5月14日