DEGICA GAMESのPC向けアクション『Piko Piko』をお届け(開発はMarquet)。同作を推すのは、電撃的なところから来た流れ者ライターのまさん。「電撃的なほうの誌面で、インディーゲームの記事を担当していたライターで、そちらの定期刊行が終わったことで流されてきた流浪の民」とのことです。

【ココが推し】

  • ドット絵もイラストもカワイイ! それだけで元が取れる!!
  • 難易度もお話もゆるいのでまったり遊べちゃう!
  • アーリーアクセスだけど、すでに完成が待ち遠しい!

合言葉はKawaii(カワイイ)

 ハンマーを作る学校に通う少女・ピコが、自作のピコピコハンマーが最強だと証明するために、ほかのクラスメイトたちに戦いを挑んでいく横スクロールアクション。

 能天気なピコと彼女を取り巻く仲間たちのかわいらしさや、ドット絵のキュートなグラフィックが見どころ。ホッピングのように踏んで高所へジャンプしたり、敵を気絶させたりといったハンマーアクションも楽しく、完成が待ち遠しい1本だ。

ジャンルは、メトロイドヴァニアと言われる探索型アクション。ハンマーの力で道を切り拓き、マップを隅々まで調べて新しいイベントを見つけよう!

アーリーアクセスで開発中のカワイさ溢れるアクション!

 本作は、現在アーリーアクセス(早期アクセス)にて開発中。そのため、一部日本語に翻訳されていない会話や、未完成の要素なども存在している。基本的なシステムは完成しているが不具合もあるので、その点を踏まえて遊ぼう。

かわいらしい少女たちのやり取りは、ほぼ日本語化済み。ピコたちのほのぼのするやり取りを見るだけでも、先行で遊ぶ価値アリ!

教えてティーチャー先生! アーリーアクセスってなに?

 アーリーアクセスとは、開発途中のバージョンを遊べるリリース方式。バグや不具合はありますが、ユーザーはいち早くゲームを遊べます。バグ報告などでサポートしながら、開発側といっしょにゲームを作っていける感覚も魅力と言えます。

ゆる〜い物語とドット絵がステキ!

 物語は明るく楽しい展開で、シリアスな話や重い設定などは一切ないので安心。かわいい女の子たちが、ドット絵でゆるく楽しく動き回ってくれるので、とにかく見ているだけでも癒される。攻撃時や、アイテムを入手した時などに見られる細かなモーションにも注目だ。

学校の授業中に居眠りしているピコ。ほかのクラスメイトたちも、みんなKawaii!
行方不明になったピコを発見して、思わず問答無用の抱擁をしてしまうニャン先輩。イチャイチャする女子は世界の宝……!
戦車に乗った少女に襲われたり、なぜかパンツを被せられたり、わけのわからないイベントが盛りだくさん!

キャラクターが魅力的でキュートな女の子ばかり!

 主人公のピコを始め、登場するキャラクターたちはどれも個性的かつ魅力的。1回だけ戦うボスにするのはもったいないようなデザインのキャラも多い。能天気な物語と合わせて、かわいい女の子たちのイチャイチャを見たい人にもオススメだ。

主人公の試験を監督しているお嬢様・エリザベスなど、ボスとして戦う相手も、みんなあざとい!

主人公・ピコ
ピコピコハンマーを振り回す女の子。最高の鍛冶職人を目指して、学校から冒険に旅立つ。

左から……

ニャン先輩
ピコのことが大好きで、冒険に同行してくれる半狐の少女。正式名はニャンカモト。

ティーチャー先生
ハンマー学校の先生。ピコは、彼女をなぜかティーチャー先生と呼んで慕っている。

Dr.ネコ
地下で気絶していたピコを助けて、彼女の頭にパンツを被せてきた謎の医者

アクションとしても楽しい!

 ハンマーを振り回して敵を吹き飛ばす、爽快なアクションも魅力のひとつ。壁や物を破壊するのはもちろん、気絶している敵を踏み台にしてジャンプするなど、多彩なアクションを手軽に行える。ハンマーだけではなく、飛び道具やドリルといったサブ武器も満載!

一見すると届かない場所に登ったり、敵を踏みつけて気絶させたりと、ハンマーは本当に万能な武器だ。
ドリルやハンマーを振り回すクラスメイトから、巨大なメカを操ってくる謎のふたり組までヘンテコなボスが登場。ピコピコハンマーで、ボッコボコに返り討ちだ!
とっておきインディーバックナンバー