タイトーは、本日2020年4月1日にエイプリルフール企画として、特設サイトにて“『バブルボブル』シリーズなどの主人公、バブルンが逮捕!? 逮捕から裁判までの一部始終を大スクープ!”のニュースサイト風記事を公開した。

以下、リリースを引用

『バブルボブル』シリーズなどの主人公、バブルンが逮捕!? 逮捕から裁判までの一部始終を大スクープ!

バブルン逮捕!? あまりにひどい! やりすぎ逮捕劇。

 本日4月1日、『バブルボブル』や『パズルボブル』シリーズの主人公をつとめるバブルン被告(年齢不詳)が緊急逮捕、その後起訴されていたことが公表された。

 バブルン被告に対して訴えを起こしたすかるもんすた氏は、バブルンの出演するNintendo Switch用最新ソフト『バブルボブル 4 フレンズ』が原因で心的ダメージを負ったと主張しており、バブルン被告はその首謀者として起訴されている。

 すかるもんすた氏は過去のバブルボブルシリーズで重要な役割を果たしており、海外での知名度も高い。しかし最新作では一切出番がなかった。訴状では、その責はバブルン被告にあるとしている。

すかるもんすたの逆襲!?

すかるもんすたの逆襲!? 独自インタビューに成功!

 すかるもんすた氏に独自インタビューを持ちかけたところ、彼は精神的なストレスのせいか蒼白な表情で、大きな目を真っ赤に充血させて訴えた。

 すかるもんすた氏「かつてムテキの存在だった私の登場を恐れたバブルンが、開発ディレクターの戸崎氏においしい高級フルーツの詰め合わせやダイヤなどのワイロを渡したのダ! バブルンはワイロ罪を認メ、責任をとって主役の座を降りるべキ。また、戸崎氏はワタシへの償いとして、ワタシを主役にしたゲームを作るのダ!」

蒼白な表情で目を真っ赤に充血させて熱弁するすかるもんすた氏。

舞台は法廷へ! 裁判の行く末は……!?

 裁判にすかるもんすた氏の証人としてどらんく氏が召喚された。

 どらんく氏「バブルンはいつもオレ様のじゃまをしてくるからな! 今回も汚い手をつかって、すかるもんすたのじゃまをしたに違いないのだ! どうせどう頑張ってもバブルンはすかるもんすたを倒せないから、ゲームに出てくる前に手を打ったんだろう。よってバブルンは有罪! そして有罪になることでオレ様のふくしゅうもここで果たされるのだー!!!」

最新作にもちゃっかり登場するどらんく氏が証人台へ。

 どうやらすかるもんすた氏を全力で擁護したい気持ちはあるようだが、証言には全くなっていないぞ!

 弁護士としてバブルン被告の双子の弟であるボブルン氏が登場。

 ボブルン氏「異議あり! おいしい高級フルーツやダイヤをワイロに送ろうと思っても、バブルンはうっかり自分で食べちゃうと思うから、バブルンはそんなことしてないと思うなぁ」

 身内なのにこんな適当な弁護でいいのだろうか。

決め台詞を叫んで満足気なボブルン弁護士。これがやりたかっただけに違いない。

 最後に開発ディレクターの戸崎氏が証言台へ。

 戸崎氏「すかるもんすた氏の気持ちもわかる、しかしあなたは無敵、かつあらゆる壁もすり抜けてしまう。ぶっちゃけ扱うのが難しいんですっ! そしてバブルンは無実! 仲良くはしているけどワイロはもらっていませんっ! というより一緒に食べようと持ってきてくれたはずのフルーツは自分で全部食べてしまっていましたね」

戸崎 動きます。

 その様子を戸崎氏は証拠写真として法廷に提出。その写真がこれだ。

これが証拠だ!

 裁判官が下した判決は無罪!

 バブルン被告は無事釈放された。

 しかし開発チームは今回の騒動を重く受け止め、すかるもんすた氏を登場させる方法を検討するという。それを聞いたすかるもんすた氏は満足げな表情で消えていった。とんだ4月の魚であった。

“無罪”の文字を掲げ嬉しそうにするバブルン。
嵐のような逮捕劇は終幕。USOのような青空だ。

 今後の展開に乞うご期待♪

(文・写真:ぜんちゃん)

※この話はフィクションです、実際の法律用語や運用と異なる場合がございます。