バンダイナムコスタジオは、本日2020年3月31日より、『鉄拳』や『ソウルキャリバー』シリーズなどで実際に使用されたリグ“BNSリグ”の無料配布を開始した。シンプルながらもアクションの制作に適した視認性の高いリグとなっている。

以下、リリースを引用

アニメーター志望必見! 『鉄拳』シリーズなどで使用されたリグをベースにした“BNSリグ”配布開始のお知らせ

 株式会社バンダイナムコスタジオ(所在地:東京都江東区,代表取締役社長:横山 茂、以下バンダイナムコスタジオ)は、2020年3月31日より、公式HPにてフリーで使用できるリグ“BNSリグ”の配布を開始いたします。ダウンロードはこちらからお願いします。(当社公式HPを開きます)

 ゲーム業界のアニメーターを志す学生の就職活動や、業界内外のアニメーターの転職活動の際に、多くの方が無償で配布されているリグを使用しております。

 しかしながら、選択肢は限られており、その中から目的に適したリグを見つけられるとは限りません。

 そのため、今後ゲーム業界で働きたいと望む多くの方にとってより良い環境を提供したいという思いから、リグを無償提供することにいたしました。

 “BNSリグ”は、『鉄拳』や『ソウルキャリバー』シリーズを制作しているバンダイナムコスタジオのアニメーションチームで実際に使用されているリグを元にした、シンプルながらもアクションの制作に適した視認性の高いリグです。

 ご自由にお使いいただき、就職活動やキャリア形成等に是非ご活用ください。

 バンダイナムコスタジオはこの活動を通じ、これからのゲーム業界の発展と世界中の人たちを笑顔にし、幸せにするコンテンツを提供し続けます。