スクウェア・エニックスは、本日2020年3月19日、Nintendo Switch、PC用ソフト『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の世界累計出荷数とダウンロード販売本数の合計が、200万本を突破したことを発表した。また、これを記念した50%OFFセールを開始。

以下、リリースを引用

『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』世界累計出荷・ダウンロード販売本数200万本突破! 記念セールのお知らせ

 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)は本日、Nintendo Switch、PC(STEAM)で発売・配信中のRPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の、世界累計出荷数とダウンロード販売本数の合計が、200万本を突破したことをお知らせいたします。

 また、これを記念してタイトル初の50%OFFセールを開始いたします。

200万本記念セールが本日開始! Switch版、PC版『オクトパストラベラー』が初の50%OFF!

 世界累計出荷数とダウンロード販売本数の合計が200万本を突破したことを記念し、Nintendo Switch、PC(STEAM)で配信中の、ダウンロード版「オクトパストラベラー」がタイトル初の50%OFFセールを本日より開始いたしました。

Nintendo Switch版「オクトパストラベラー」(ダウンロード版)

PC(STEAM)版「オクトパストラベラー」

オクトパストラベラーとは

 3DCGと昔ながらのドット絵、特徴的なエフェクトが織りなす“HD-2D”によって描き出された幻想的な世界を舞台に、プレイヤーは8人の主人公から1人を選び、自由に旅をしていきます。

 8人の主人公は、ほぼ全ての町人にアプローチができる独自の“フィールドコマンド”と、それぞれの“固有アクション”を持っており、キャラクターになりきって“ロールプレイ”を楽しむことができます。

 バトルは親しみやすいコマンドバトルをベースに、敵の弱点を突き無力化させる“ブレイク”、ターン経過でたまってゆくBP(ブーストポイント)を消費し、攻撃回数やアビリティの威力を高める“コマンドブースト”の組み合わせにより、戦略的で爽快感あふれるバトルがお楽しみいただけます。