2020年3月16日、Xbox Wireにて、Xboxの次世代機Xbox Series Xの詳細が明らかにされた。記事では、“Xbox史上もっともパワフルなハード”であるXbox Series Xのスペックが紹介。さらには、Xbox Series Xに搭載されるレイトレーシングによる画像の比較やロード時間の比較を紹介する動画などが公開されている。

 あわせて、用語集的なサイトも公開されており、いよいよ本格的にXbox Series Xが始動したとの印象だ。

※Xbox Wireの記事はこちら

Xbox Series Xスペック

CPU 8x Cores @ 3.8 GHz (3.66 GHz w/ SMT) Custom Zen 2 CPU
GPU 12 TFLOPS, 52 CUs @ 1.825 GHz Custom RDNA 2 GPU
Die Size 360.45 mm2
Process 7nm Enhanced
Memory 16 GB GDDR6 w/ 320mb bus
Memory Bandwidth 10GB @ 560 GB/s, 6GB @ 336 GB/s
Internal Storage 1 TB Custom NVME SSD
I/O Throughput 2.4 GB/s (Raw), 4.8 GB/s (Compressed, with custom hardware decompression block)
Expandable Storage 1 TB Expansion Card (matches internal storage exactly)
External Storage USB 3.2 External HDD Support
Optical Drive 4K UHD Blu-Ray Drive
Performance Target4K @ 60 FPS, Up to 120 FPS

 記事では、『Minecraft』を使ってのレイトレーシングのオン、オフとの比較、さらには、The Coalitionによる『Gears 5』最適化のプランなどが示され、比較画像が紹介されている。

レイトレーシングオフの画像(上)とオンの画像(下)。