福岡ゲーム産業振興機構は、“GFF AWARD 2020”(第13回福岡ゲームコンテスト)を2020年3月7日に開催。『星のカービィ』シリーズを手掛ける熊崎信也氏のゲスト審査&トークショーの実施を発表した。

以下、リリースを引用

3月7日(土)第13回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2020」開催

ハル研究所熊崎氏ゲスト審査&特別トークショー実施決定!イベント観覧募集開始

 この度、福岡ゲーム産業振興機構(GFF、九州大学、福岡市)は、第13回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2020」を福岡市科学館(福岡県福岡市中央区六本松)にて、3月7日(土)に開催いたします。

 当日、ゲスト審査員として、人気ゲーム「星のカービィ」シリーズを手掛けるハル研究所の熊崎信也氏をお招きするとともに、特別トークショーにもご登壇いただくことが決定いたしました。

 また、本日よりイベント当日の観覧募集(事前応募制・先着)を開始いたしましたのでお知らせいたします。

過去最高1,500作品以上の中から、頂点を決める豪華ゲスト審査員および出演者が決定!

 福岡ゲームコンテストは、今年で13回目の開催となり、3部門合わせて過去最高の1,500作品を超える応募総数となりました。

 本年は、3月7日(土)福岡市科学館6F サイエンスホールにて、応募作品の中から選ばれた優秀作品の表彰、公開プレゼンテーションによる最終審査会、特別トークショーなどを実施します。

 今回ゲスト審査員としてハル研究所の熊崎氏にゲームソフト部門応募作品の最終審査にご参加いただくほか、トークショーも実施予定です。

 ゲーム作りで大切にしていることや考え方など、ゲーム業界を目指す学生の方はもちろん、現役ゲームクリエイターの方も必見の内容になっています。ぜひご注目ください!

ゲスト審査員

株式会社ハル研究所
「星のカービィ」シリーズ
ゼネラルディレクター
熊崎信也氏

 岐阜県生まれ。 金沢美術工芸大学を卒業後、デザイナーとして入社。『カービィのエアライド』などの開発に参加した後、企画職に転向。ディレクターとして『星のカービィ Wii』などを手がけ、『星のカービィ ロボボプラネット』以降はゼネラルディレクターとして、「星のカービィ」シリーズ全体の企画・監修を担当し、ゲームを超えて多くの作品を生み出している。

福岡ゲーム産業振興機構(GFF×九州大学×福岡市)

株式会社レベルファイブ
代表取締役社長/CEO
日野晃博
「妖怪ウォッチ」「レイトン」「イナズマイレブン」シリーズなど

株式会社サイバーコネクトツー
代表取締役
松山洋
「ドラゴンボールZ KAKAROT」(発売元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)など

株式会社ガンバリオン
代表取締役社長
山倉千賀子
「ONE PIECE WORLDSEEKER 」(発売元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)など

九州大学 大学院
芸術工学研究院
准教授
松隈浩之
シリアスゲームの研究開発。『リハビリウム起立くん』など

ステージ内容

各部門優秀賞表彰&作品プレゼンテーション・審査講評
株式会社ハル研究所熊崎 信也氏による特別トークショー
大賞発表・表彰
※タイムスケジュールやトーク内容などの詳細は、後日公開いたします。

豪華景品が当たる!?抽選会を実施!

 GFF加盟企業から当日イベントにご来場いただいた方を対象に、ゲームソフトやグッズなどが当たる抽選会を実施いたします。
※景品は変更の可能性があります。

観覧者募集開始!お申し込みはコチラから!

 本日よりイベント観覧募集を開始いたしました!

 受付は先着順となっていますので、ぜひお早目にお申し込みください!

観覧の申し込みはこちら

開催概要

名称
第13回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2020」

日時
2020年3月7日(土)13:00~16:30(開場 12:00)

※時間は変更になる可能性があります。

場所
福岡市科学館サイエンスホール(福岡県福岡市中央区六本松4-2-1)

主催
福岡ゲーム産業振興機構(GFF、九州大学、福岡市)

後援
九州経済産業局、福岡県、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議

協賛
TSUKUMO、岡谷エレクトロニクス、エルザ ジャパン、日本AMD株式会社、東雲堂

協力
福岡市科学館

観覧
入場無料(事前応募/先着受付順)

※時間や出演者に関しましては、変更になる可能性がありますので、ご了承ください。