コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4用ソフト『仁王2』の最新情報として、“斎藤道三”や“深芳野”、敵として立ちはだかる半妖姿の“柴田勝家”などのゲーム画面およびキャラクタースチルを公開した。

以下、リリースを引用

『仁王2』最新情報公開

 コーエーテクモゲームスは、PlayStation4用ソフトウェア『仁王2』につきまして、最新情報を公開いたしました。

 美濃の蝮と呼ばれた「斎藤道三」や「深芳野」といった新たな登場人物のほか、妖怪に成り果てて敵として立ちはだかる「柴田勝家」、その戦いの舞台となる「北の庄城」などのゲーム画面およびキャラクタースチルを公開しております。

概要

 ワールドワイドで285万超のセールスを記録するダーク戦国アクションRPG『仁王』。その続編となる『仁王2』が、ついに2020年3月12日に全世界で同時期発売することが決定。

 世界中のプレイヤーから好評を得た「ハードな侍アクション」「ハクスラ」「戦国武将たちと紡ぐ重厚なオリジナルストーリー」はもちろん、新たなバトルを生み出す「妖怪化」、不気味な姿形で襲いかかる邪悪な妖怪たちと彼らが生み出す「常闇」の世界など多くの新要素を加え、手応えや達成感はさらなる高みへ。

 「戦国死にゲー」として正当進化した本作にご期待ください。

イントロダクション

 時は1555年、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の時代。人と妖怪の間に生まれた主人公は、美濃の国で暮らしながら、妖怪退治や傭兵に明け暮れていた。ある日、主人公は凶暴な妖怪を討ち果たすも、その過程で自身の妖怪としての力も暴走してしまう。

 そこへ駆けつけ、主人公の暴走を止めたのは“霊石”を売り歩く商人、藤吉郎。二人が戦国時代を“仁王”の如く駆け上がる、「秀吉」の物語の幕開けであった―

イベント-斎藤道三

美濃の蝮と呼ばれる元戦国大名、斎藤道三。彼は藤吉郎のような侍以外の者を雇い、霊石を集めていた。その意図は何だろうか?
出家した身でありながら仏前で堂々と肉を食する道三。かなり型破りな人物のようだ。
主人公が示した小刀を見て、道三は何事かを悟ったようだ。「尾張へ向かえ」の言葉を残して主人公を逃がし、追いすがる外道兵の群れに立ち向かう。

イベント-柴田勝家

主人公は包囲されて窮地にある勝家を助けるために、北ノ庄城へと急行した。しかし、発見した勝家は異様な姿に成り果てていた。
勝家は、霊石の色をした巨大な牙を備える妖怪と化していた。その赤く染まった両眼に理性は感じられない。もはや敵も味方もなく、破壊衝動に従うのみである。

イベント-深芳野

主人公の記憶に残された情景。錫杖を持った男に襲われ、主人公と謎めいた美しい女妖怪は深い傷を負う。彼女は、最後の力を振り絞って主人公に小刀を託す。
中陰の間。それは、心残りがあって彼岸へと渡れない死者がとどまる場所。その地で、主人公は懐かしい後ろ姿を見る。
彼女は主人公の行く末を案じ、中陰の間にとどまっていた。彼女が託した小刀の正体と、主人公が果たすべき定めが明らかにされる。

イベント-竹中半兵衛

天才軍師として名高い竹中半兵衛は、斎藤道三が没してからは、斎藤家を辞して隠棲していた。そこに、藤吉郎と主人公が仕官を誘うため現れる。
病身を理由に固辞する半兵衛だが、かねてより藤吉郎と主人公の噂には興味を抱いていた。藤吉郎が半兵衛の守護霊であり師でもある白澤の穢れを祓って見せると、相手が藤吉郎であることを確信。半兵衛の病も回復の兆しを見せ、織田家の稲葉山城攻略に助力する。

ステージ-孤島

絶海に浮かぶこの孤島は、送り込まれた罪人が必ず終焉を迎えたという、悪名高き流刑地である。いつしか荒くれの罪人たちが欲望のままに争うようになり、監視の者さえ逃げ出す無法地帯となった。身に覚えのない罪で送り込まれる者も少なくなく、非業の死を遂げた罪人たちの無念が怨嗟の声となって渦巻いている。

ステージ-北ノ庄

越前の北ノ庄城(きたのしょうじょう)は、織田家重臣、柴田勝家が信長から与えられた地に建てた城である。石と木材併用の架橋、鮮やかに彩られた柱廊などその美観は勝家の猪武者の評を覆すものであったという。天正十一年(1583年)、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで藤吉郎に敗れた勝家は北ノ庄城へ逃れるも、秀吉勢はこれを包囲。かつては織田家の北陸攻略の拠点として栄えた城も、今や多くの将兵と共に滅びの時を迎えようとしていた。

バトル-牛頭鬼

牛頭鬼はその名前のとおり頭部が牛であり、大きく前方にせり出した角を有する。突進してこの角で何度も相手を撥ね上げ、もてあそぶように殺すことを好む。このようにして殺された者は全身の骨が砕け、牛頭鬼が喰らいやすくなっているという。
牛頭鬼は武器として鈍器を用いることが多いとされ、これもまた牛頭鬼が獲物の全身の骨を砕いたうえで喰らうという不気味な説に一定の説得力を与えている。
角は牛頭鬼の最大の武器だが、同時に弱点でもあるという。狙いすました一撃を角に加えれば、大きな勝機を得る可能性がある。その機を見逃さず、連続攻撃を叩き込もう。

バトル-柴田勝家

妖怪と化した勝家は、守護霊技も使ってくる。燃え盛る炎をまとった猪笹王が突進し、地面に火のダメージエリアを残す。逃げ場を失わないように方向を考えて回避しよう。
手負いとなった勝家が常闇を発生させる。破壊衝動につき動かされ、狂乱したように暴れまわる。気力回復に制限を受けた状況で、この猛攻をしのがねばならない。
勝家は理性を失っているが、身につけた武技は忘れていない。手斧ならではの投擲技も使ってくるので、技の性質を見極めて対処しよう。
斬りつけても、勝家の体からは血さえ流れない。霊石と同じ色を帯びた液体が飛び散るのみだ。完全に妖怪となった彼を止めるには、倒すしかない。

バトル-妖怪スキル

一反木綿の妖怪技。下からすくいあげるような動きで布を伸ばして攻撃する。この攻撃が命中した相手は、しばらくの間移動速度が低下する。
姑獲鳥の妖怪技は、悲哀に満ちた絶叫を放ち、範囲内の全ての敵に気力ダメージを与える。複数回ヒットするので、引き付けて当てることができれば大きな効果が見込める。

守護霊技-白澤

白澤の守護霊技。出現した白澤が、ゆっくりと飛ぶ雷球を放つ。雷球は敵に触れると大きな爆発を起こすので、敵が密集している状況だと特に効果的だ。
白蝮の守護霊技は、出現した白蝮が円を描くように何度も回り、円内の敵に毒を与える。さらに回りながら上昇し、敵を跳ね上げながらダメージを与える。うまく当てて高く跳ね上げれば、落下した敵はダウンするので追い討ちが可能だ。

牛頭鬼

牛頭鬼(ごずき)は、牛の頭を持つ鬼。亡者を苛む地獄の獄卒として、馬の頭を持つ馬頭鬼(めずき)と共に地獄絵巻などに描かれている。別名を阿傍(あぼう)といい、仏教の経典や説話ではこちらの名で記されていることが多い。地獄の獄卒としてではなく、単なる悪鬼として現世に現れる場合もある。

斎藤道三

斎藤道三(さいとうどうさん)は、美濃国(現在の岐阜県)の元戦国大名。下剋上によって大名の座を勝ち取った野心家で、“美濃の蝮”の異名をとる。尾張の織田家と争っていたが、娘の濃姫を織田家の嫡男、信長に嫁がせることで和睦し、美濃の支配を確かのものとした。今は家督を子の義龍に譲り、隠居の身となっている。

柴田勝家(半妖)

巨大な牙が生えた妖怪の姿に変貌した勝家。両眼は禍々しい赤い光を放ち、背中には無数の刀が突き刺さっている。武骨ながらも温情ある武将だった勝家に何があったのだろうか?

深芳野

深芳野(みよしの)は、謎めいた美しい女妖怪。主人公と二人、静かに暮らしていたが、ある日、錫杖を持った謎の男に襲われる。深芳野は最後の力を振り絞り、主人公に小刀を託した。

竹中半兵衛

竹中半兵衛(たけなかはんべえ)は、美濃国(現在の岐阜県)の武将。はじめ斎藤家に仕え、織田家の美濃侵攻をよく防いだ。主君を諫めるために、僅かな手勢のみで斎藤家の本城、稲葉山城を占拠したことがあり、稀代の智将として知られる。