スマホ連動のパワーアップバンドでコインを獲得

 2020年1月14日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2020年にオープンする任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにしたエリア“SUPER NINTENDO WORLD(スーパーニンテンドーワールド)”のグローバル・キックオフ・プレゼンテーションを開催。新しいテーマパーク体験を生むリストバンド“パワーアップバンド”のシステムや、スペシャルミュージックビデオを公開した。

2020年はスーパーニンテンドーワールドイヤーになるという。

アプリでスタンプを獲得。みんなでボスバトルも

 新たに公開された“パワーアップバンド”は、マリオやルイージのロゴ、キノピオなどのアイコンが描かれた腕時計型のリストバンド。このパワーアップバンドをエリア内で購入し、スマートフォンにダウンロードしたUSJアプリと連動させることで、エリア内に数十ヵ所配置されたハテナブロックなどを叩いてコインやスターを獲得できるようになる。

 また、アプリには、さまざまな条件を達成することでマリオのキャラクタースタンプなどを獲得可能。スタンプを獲得すると、スタンプごとに設定されたコインも入手できる。ハテナブロックやスタンプ獲得などで集めたコインの合計数を来場者どうしでリアルタイムに競うランキングもあり、『スーパーマリオ』のゲームさながらの世界が体験できるという。

 ほかにも、エリア内には“キーチャレンジ”と呼ばれるアトラクションも用意。ゴールデンキノコを奪ったクッパJr.が3つの鍵をかけてしまったという設定で、キーチャレンジをクリアーすると入手できる“キー(鍵)”を一定数(プレゼンでは3つとの言葉も)集めることで、ほかのゲストと協力しながらさまざまな敵キャラクターと対決する“ボスバトル”に挑戦できるようになる。

 グローバル・キックオフ・プレゼンテーション内では、スーパーニンテンドーワールドを“子どもから大人まで全身を使って遊びの本能を解き放てる場所”と言及。“エリア内で得た経験によって、パークの体験価値もどんどん成長することができる、まさに“新時代テーマパーク体験”をゲストの皆様にお届けします”(リリースより)とあるように、くり返しUSJに訪れることでさらに楽しめるものになっているようだ。

子どもから大人まで、全身を使って楽しめるテーマパーク。

世界的アーティストコラボによるMVも

 スーパーニンテンドーワールドのローンチミュージックビデオ“WE ARE BORN TO PLAY”が公開。“マリオのゲームの世界を現実にしたい”という想いを表現した映像だという。

 映像は、『スーパーマリオ』のゲームそのままの世界が現実に登場したようなエリアに、マリオと来場者が散らばってそれぞれエリアを楽しんでいるような姿を現したもの。クリボーやノコノコ、ドッスンといった敵キャラクターが待ち受けるほか、エリアのあちこちにはハテナブロックなどが点在し、来場者が思い思いに叩くとコインやスターなどが登場していた。

 楽曲は、世界的ヒットメーカーのエレクトロユニット“Galantis(ギャランティス)”と、こちらも世界で人気を集める歌姫であり、親日家でもある“CHARLI XCX(チャーリー エックスシーエックス)”がコラボして制作。オリジナル楽曲の中に、『スーパーマリオ』のBGMをサンプリングしたメロディーも入ったものになっている。

 なお、グローバル・キックオフ・プレゼンテーション、および、その後の質疑応答(一部抜粋は下記Twitterに掲載)などの詳細リポートは、改めてお届けする。

スーパーニンテンドーワールド関連記事