2019年12月25日、MyDearestは、プレイステーション VR、PC(Steam)対応のVRゲーム『東京クロノス』について、オリジナルサウンドトラックの配信を開始した。

 また、楽曲の配信を記念し、本作のサウンドディレクター、『ragment』・『REVE』の作・編曲を手掛けた郡陽介氏、ねじ式氏、R!N/Gemie氏、ウォルピスカーター氏からのコメントを公開した。

以下、リリースを引用

VRゲーム「東京クロノス」オリジナルサウンドトラックが2019年12月25日より配信開始! 郡陽介、ウォルピスカーター、R!N/Gemie、ねじ式など参加クリエイターからのメッセージ到着

 MyDearest株式会社は、2019年12月25日にVRゲーム「東京クロノス」オリジナルサウンドトラックの配信を開始いたしました。

 VR(ヴァーチャルリアリティ)という高い没入感を生むプラットフォームで必要な音楽的なエッセンスとは何か。

 その答えの一つを詰め込んだ耳馴染みがよくメッセージ性の高い劇伴を作り上げたのは郡陽介とその盟友である「ねじ式」。

 ゲーム本編で流れたBGMを余すこと無く、全曲収録しています。

 また、疾走感のあるメロディに「R!N/Gemie」の力強いヴォーカルが印象的な“fragment”や「ウォルピスカーター」のクリスタルボイスと郡陽介のピアノが高次元で融合した“REVE”など話題の劇中歌も初配信となります。

 今回、楽曲の配信を記念し、「東京クロノス」のサウンドディレクター、“fragment”、“REVE”の作・編曲を手掛けた郡陽介、ねじ式、R!N/Gemie、ウォルピスカーターからメッセージが到着しました。

 ぜひ、この機会に「東京クロノス」の音楽の世界に触れてください。

ジャケットイラスト

郡陽介からのメッセージ

 BGMではねじ式さんとともに世界観やストーリーのスパイスとなるように試行錯誤しながら、劇中歌では登場キャラクターのそれぞれの「想い」をテーマに心を込めて制作させていただきました。

 僕だけでは成し得なかった「東京クロノス」を彩る楽曲達。手伝って下さった方々に感謝を。

 たくさん聞いてくださると嬉しいです。そして貴方の思い出の1ページに刻まれることを願ってます。

ねじ式からのメッセージ

 初のVR作品への楽曲提供というのもあり、自分が何処にいて、何処に向かうのか、そして自分は何に対面しているのかという「自問自答する主人公の視点」を大切に作曲しました。

 このサントラを聴く度にどうかあの奇妙で美しい世界に没入した貴方の思い出が色鮮やかに蘇りますように。

R!N/Gemieからのメッセージ

 ミステリーな世界に包まれた作品、そしてそれを掻き立てるような疾走感のあるサウンドに仕上がったこの「fragment」。

 歌わせて頂けるお話を頂いた時は、藍井エイルさん、ASCAさんと続き、本当に私が!? とビックリしましたが、精一杯私なりに思うクロノスの世界と、格好良さを詰め込んだ一曲になっています。是非、楽しんでお聴き頂けたら幸いです!

ウォルピスカーターからのメッセージ

 ウォルピスカーターです。

 今回『東京クロノス』という素晴らしい作品に、楽曲『REVE』で参加することが出来て非常に光栄に思います。

 ゲーム内でこの楽曲が流れるタイミングもあり、繊細さと大胆さが両立するようなイメージで、作品の世界観を壊さないよう精一杯歌いました。

 「女性のように歌ってほしい」という(制作サイドの)要望に応えようと悪戦苦闘したのも、いい思い出です。

VRゲーム「東京クロノス」オリジナルサウンドトラック

  • 配信日:2019年12月25日
  • 配信先:
    AppleMusic
    iTunes Store
    Spotify
    Google Play Music
    Amazon Prime Music
    LINE MUSIC
    AWA
    ほか

収録曲

『fragment』

  • 作詞:瀬川コウ
  • 作曲編曲:郡陽介
  • Guitar:林利通
  • Piano:郡陽介
  • Recording&Mix:由田直也(kivori studio)

『REVE』

  • 作詞:小山恭平
  • 作曲編曲:郡陽介
  • Guitar:林利通
  • Bass:okamu.
  • Piano:郡陽介
  • Recording&Mix:由田直也(kivori studio)