“超流行りゲー大賞2019”TOP10公開!

 株式会社KADOKAWA Game Linkageが発行する、ゲーム総合誌“週刊ファミ通”2020年1月9・16・23日合併号(2019年12月26日発売)にて、2019年にゲーム業界関係者がもっともハマったゲームタイトルを選出する“超流行りゲー大賞2019”の結果が発表。

 “超流行りゲー大賞2019”は、ゲーム業界のクリエイターやゲーム好きな著名人(声優、タレントなど)132名(詳細な回答者はページ下部に掲載)、ファミ通編集者が、今年ハマったゲームタイトルを5位まで選出し、挙げられた順位に応じてポイントを加算、各タイトルの合計ポイントをランキングにしたもの。2017年は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、2018年は『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』が獲得していた。本記事では、“超流行りゲー大賞2019”のTOP10を公開する。

[2019年12月26日0時00分追記]
記事公開時はTOP5の紹介でしたが、TOP10まで追記しました。

注目作が次々と発売された2019年。もっともゲーム業界関係者の心をつかんだタイトルは!?

第1位:『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)
(ソニー・インタラクティブエンタテインメント/2019年11月8日発売/PS4)

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』

第2位:『ドラゴンクエストウォーク
(スクウェア・エニックス/2019年9月12日配信/iOS・Android)

『ドラゴンクエストウォーク』

第3位:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
(フロム・ソフトウェア/2019年3月22日発売/PS4・XB One・PC)

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

第4位:『ファイアーエムブレム 風花雪月
(任天堂/2019年7月26日発売/Switch)

『ファイアーエムブレム 風花雪月』

第5位:『リングフィット アドベンチャー
(任天堂/2019年10月18日発売/Switch)

『リングフィット アドベンチャー』

第6位:『ポケットモンスター ソード・シールド
(ポケモン/2019年11月15日発売/Switch)

第7位:『Days Gone
(ソニー・インタラクティブエンタテインメント/2019年4月26日発売/PS4)

第8位:『モンスターハンターワールド:アイスボーン
(カプコン/2019年9月6日発売/PS4、PC)

第9位:『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
(スクウェア・エニックス/2018年12月20日発売/Switch、PS4、PC)

第10位:『APEX LEGENDS
(エレクトロニック・アーツ/2019年2月5日配信/PS4、Xbox One、PC)

参考:“超流行りゲー大賞2018 TOP3”

第1位:『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』
第2位:『モンスターハンター:ワールド
第3位:『Detroit: Become Human

そのほか、2017、2018のTOP5などの結果は下記の記事を参照

 なお、“週刊ファミ通”2020年1月9・16・23日合併号(2019年12月26日発売)では、本ランキングの上位30タイトルを発表しているほか、ハード別のランキングや、今年流行のジャンルなども紹介している。

 また、本号では年末年始特大号として、2019年のゲーム業界における重大ニュースをまとめた特集や、ゲームメーカーからの年賀状を紹介する毎年恒例の企画を掲載。2019年の締めくくりに相応しい一冊となっている。

“週刊ファミ通”編集人・編集長 林克彦コメント

 2019年は、現行ハード・デバイスが成熟期を迎えましたが、それにも関わらず、「ゲームの可能性は尽きない」ことを実感した年でもありました。上位3タイトルのうち2タイトルが完全新作。『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』は、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションが、現代社会の「人と世界のつながり」をテーマに企画・開発した新作で、心に染み入るプレイ体験は、世界中で大きな反響を呼んでいます。本作を筆頭に、2019年は、クリエイターやスタジオの個性・アイデアが形になった多数の新作がプレイできました。改めて、ゲーム開発に携わるすべての方に感謝します。2020年は、新ハードの発売、新たなプレイヤーの本格参入、それに伴う新しいサービスの提案など、何度目かの群雄割拠の時代の幕が開くと予想しています。さまざまなニュースが飛び交い、ゲーム業界がいま以上に盛り上がるとともに、ワクワクするたくさんの新作と出会えることを期待しています。

“週刊ファミ通”年末年始特大号発売。2019年を締めくくる、盛りだくさんの特集をお届け!

商品概要

書名:週刊ファミ通 2020年1月9・16・23日合併号
発売日:2019年12月26日(木)
価格:580円(税込)
付録:ダウンロードコンテンツ福袋

おもな記事・内容

2019年の ゲーム業界重大ニュース総まとめ
2019年のゲーム業界における重大ニュースを一挙紹介。
超流行りゲー大賞2019
ゲームクリエイターと著名人が2019年にハマった流行りゲーランキングを発表。
ゲームメーカーからの年賀状2020
新年の恒例企画! 全54社からの年賀状&年始コメントをお届け。
艦隊これくしょん -艦これ- 海色のアルトサックス
艦これ』マンガ、連載開始! 敷波たちが織り成す青春ストーリー。

“超流行りゲー大賞2019”に回答してくださった皆様

※敬称略

  • アークシステムワークス 石渡太輔
  • アークシステムワークス 森 利道
  • アイディアファクトリー 東風輪敬久
  • アイディス 早貸久敏
  • アクワイア 遠藤琢磨
  • アトラス 金田大輔
  • アトラス 高田慎二郎
  • アトラス 橋野 桂
  • アトラス 和田和久
  • エイリム 高橋英士
  • SNK 小田泰之
  • SNK 黒木信幸
  • エピックゲームズジャパン 河崎高之
  • エムツー 堀井直樹
  • Onion Games 木村祥朗
  • Onion Games 倉島一幸
  • 角川ゲームス 安田善巳
  • カプコン 伊津野英昭
  • カプコン マシュー・ウォーカー
  • カプコン 川田将央
  • カプコン 土屋和弘
  • カプコン 竹中司
  • ガンバリオン 山倉千賀子
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント 森下一喜
  • グラスホッパー・マニファクチュア 須田剛一
  • KLab 藤好俊
  • グランゼーラ 九条一馬
  • コーエーテクモゲームス 越後谷和広
  • コーエーテクモゲームス 襟川芽衣
  • コーエーテクモゲームス 小笠原賢一
  • コーエーテクモゲームス 菊地啓介
  • コーエーテクモゲームス 鯉沼久史
  • コーエーテクモゲームス シブサワ・コウ
  • コーエーテクモゲームス 鈴木亮浩
  • コーエーテクモゲームス 早矢仕洋介
  • コーエーテクモゲームス 安田文彦
  • KONAMI 谷渕 弘
  • KONAMI 細田真規人
  • コロプラ 角田亮二
  • コロプラ 中村伸行
  • Cygames 高木謙一郎
  • Cygames 福原哲也
  • サイバーコネクトツー 松山 洋
  • CD PROJEKT RED 西尾勇輝
  • CD PROJEKT RED 本間 覚
  • スクウェア・エニックス 青山公士
  • スクウェア・エニックス 浅野智也
  • スクウェア・エニックス 安西 崇
  • スクウェア・エニックス 市村龍太郎
  • スクウェア・エニックス 犬塚太一
  • スクウェア・エニックス 河津秋敏
  • スクウェア・エニックス 北瀬佳範
  • スクウェア・エニックス 齊藤陽介
  • スクウェア・エニックス 柴 貴正
  • スクウェア・エニックス 高橋真志
  • スクウェア・エニックス 橋本真司
  • スクウェア・エニックス 広野 啓
  • スクウェア・エニックス 藤本則義
  • スクウェア・エニックス 二木達博
  • スクウェア・エニックス 八木正人
  • ストーリーテリング イシイジロウ
  • スパイク・チュンソフト片方祐介
  • スパイク・チュンソフト松本朋幸
  • セガ・インタラクティブ 青木盛治
  • セガ・インタラクティブ 伊神公博
  • セガゲームス 片野徹
  • セガゲームス 阪本寛之
  • セガゲームス 細山田水紀
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 安次嶺クリス
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 石立大介
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 浦野 圭
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 外山圭一郎
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 本村健太郎
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント 吉田修平
  • タイトー 外山雄一
  • ディースリー・パブリッシャー 岡島信幸
  • ディライトワークス カノウヨシキ
  • トゥーキョーゲームス 小高和剛
  • 日本一ソフトウェア 菅沼 元
  • 日本一ソフトウェア 新川宗平
  • 日本一ソフトウェア 溝上 侑
  • 日本ファルコム 近藤季洋
  • NetEase Games Sai
  • ハムスター 濱田 倫
  • バンダイナムコエンターテインメント 飯塚啓太
  • バンダイナムコエンターテインメント 河野一聡
  • バンダイナムコエンターテインメント 坂上陽三
  • バンダイナムコエンターテインメント 下元 学
  • バンダイナムコエンターテインメント 玉置 絢
  • バンダイナムコエンターテインメント 塚中健介
  • バンダイナムコエンターテインメント 富澤祐介
  • バンダイナムコエンターテインメント 原田勝弘
  • バンダイナムコスタジオ 吉村 広
  • B.B.スタジオ 寺田貴信
  • ブッコロ ヨコオタロウ
  • プラチナゲームズ 稲葉敦志
  • プラチナゲームズ 神谷英樹
  • プラチナゲームズ 齋藤健治
  • プラチナゲームズ 田浦貴久
  • フリュー 林 風肖
  • MAGES. 志倉千代丸
  • レベルファイブ 日野晃博
  • レベルファイブ 本村 健
  • LEVEL5 comcept 稲船敬二
  • 声優 青木志貴
  • 声優 青木瑠璃子
  • 芸人 井上聡(次長課長)
  • 声優 今井麻美
  • 声優 大坪由佳
  • 声優 奥谷 楓
  • 女流棋士 香川愛生
  • 声優 加藤英美里
  • 芸人 川島 明(麒麟)
  • 声優 黒木ほの香
  • タレント 鈴木 咲
  • 声優 高木美佑
  • イラストレーター/マンガ家 高橋きの
  • イラストレーター つなこ
  • アイドル 十束おとは
  • 声優 夏川椎菜
  • 声優 原 由実
  • 芸人 平井善之 (アメリカザリガニ)
  • マンガ家 福満しげゆき
  • ゲーム芸人 フジタ
  • 芸人 藤田憲右 (トータルテンボス)
  • タレント 古川未鈴
  • マンガ家 餅月あんこ
  • 声優 望月 英
  • 声優 山下七海
  • マンガ家 山本さほ
  • マンガ家 酔co
  • 声優 吉岡茉祐

※髙田慎二郎氏、高橋真志氏の“高”は“はしご高”です

[2019年12月24日16時30分追記:記事初出時、一部人名に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます]