2019年12月23日、セガゲームスは、2020年1月16日発売予定のプレイステーション4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』について、本作の重要なパラメーターの1つであり、主人公・春日 一番の性格や人間性を表す“人間力”と、人間力を磨くことで得られる様々なメリットの一部を公開した。

以下、リリースを引用

PS4『龍が如く7 光と闇の行方』春日の「人間力」を磨くと、春日たちの冒険がさらに広がる! バトルや恋愛にも重要となる「人間力」の詳細を紹介!

 株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売予定の『龍が如く』シリーズ最新作となる、PlayStation4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)において、本作の重要なパラメーターの1つであり、主人公・春日 一番の性格や人間性を表す「人間力」と、人間力を磨くことで得られる様々なメリットの一部を公開しました。

 「人間力」は、バトルにおいて「状態異常」の耐性がついたり、極技(=必殺技)の効果を高めたりするだけでなく、新たな人物との出会いや、女の子と親密になることにも重要な要素となりますので、詳細に是非ご注目ください。

「人間力」を磨いて、春日の新たなジョブを手に入れよう

 ハローワークで転職できる春日のジョブの中には、解放される条件に特定の人間力が必要なものがある。

春日の転職の場合、以前紹介したホストでは「お洒落」のレベルが3以上必要。

「人間力」を磨いて、バトルを有利に進めよう

 春日の人間力の上昇によって、バトルで発生する「状態異常」への耐性を獲得する。なお、これは春日だけに影響が生じる内容である。

  • 「情熱」が上がると状態異常「極技封印」にかかりにくくなる。
  • 「メンタル」が上がると状態異常「睡眠」にかかりにくくなる。
  • 「優しさ」が上がると状態異常「怒り」にかかりにくくなる。
  • 「陽気」が上がると状態異常「恐怖」にかかりにくくなる。
  • 「知性」が上がると状態異常「洗脳」にかかりにくくなる。
  • 「お洒落」が上がると状態異常「魅了」にかかりにくくなる。

 さらに、春日のジョブ「勇者」が習得する特定の極技には人間力によって効果が増すものがある。

味方全員のHP回復技である「勇者の愛」は「優しさ」によってその効果が高くなる。
人間力が低い時の回復技の効果。
人間力が高い時の回復技の効果。人間力「優しさ」が低い時にはHP回復量は2ケタだが、「優しさ」を高めると3倍以上の回復量になる。

「人間力」を磨いて、新たな場所を開拓しよう

 春日の人間力が高くないと行けない場所も存在する。

 公衆トイレの入り口前にずっと立っている男がいるので話しかけてみると、なぜか野暮ったい恰好ではトイレの中に入れてくれないという。

 人間力の「お洒落」のレベルを上げることで中に入ることができ、そこではなにやら良い思いができるということらしいが……。

トイレの先には、いったい何があるのだろうか。

「人間力」を磨いて、春日の会社で働いてくれる優れた人材をスカウトしよう

 街で出会う人々の中には、春日が社長を務める会社の社員としてスカウトできる人物がいる。

 しかし、スカウトをするためには、彼らにとって春日が上に立つだけの人間であるかどうかが重要となる。

 そのため、春日の人間力が低いと相手にしてくれないことも。

 彼らの求める人間となり、無事スカウトに成功すると、社員として雇うことができるようになる。

スナック街にいるママをスカウトするには、春日が流行に敏感でないといけないようだ。
スナックのママの求める人間力を身に着ければスカウトに成功し、「会社経営」モードで社員として働いてくれる。

「人間力」を磨いて、女の子と親密になろう

 女の子と楽しく会話をしていくには春日の人間力を高める必要がある。

 求められる人間力は女の子によって異なるので、様々な経験を重ね、人間力を高めて女の子と仲良くなっていこう。

 また、女の子にプレゼントをあげたりすれば、より親密な関係になっていく。

 春日に心を許してくれると、2人だけの特別なイベントが発生することも……。

サバイバーで働くいろはと雑談をするためには、いろはが求める人間力を高める必要がある。
仲が深まった状態で、いろはと2人きりになった春日。この後、どんな展開が待ち受けているのか……。

『龍が如く7 光と闇の行方』とは

 『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティックRPGです。

 新主人公の春日 一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。

 かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ最大のボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。

『龍が如く』シリーズとは

 「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生。

 愛、人情、裏切り……。

 巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。

 これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,200万本を超えるシリーズ作品となっている。

商品概要