ドワンゴは、2019年12月25日19時から、ニコニコ生放送にて声優・島本須美さんが児童雑誌を朗読する“​クリスマスの夜に100年前の児童雑誌を読んで癒されよう(朗読:島本須美)”を放送することを発表した。

 『風の谷のナウシカ』ナウシカ役、『ルパン三世カリオストロの城』クラリス役などで知られる島本須美さんが、100年前の児童雑誌“金の船”に掲載された童話を朗読する。

以下、リリースを引用

ナウシカやクラリスの声で知られる声優“島本須美”がクリスマスの夜に癒しの声で児童雑誌を朗読

~クリスマスの夜に疲れた心も癒される朗読番組をお届け~

 日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、​12月25日(水)19:00から、「風の谷のナウシカ」ナウシカ役、「ルパン三世カリオストロの城」クラリス役などで知られ数々のアニメで「お母さん役」も演じてきた島本須美が、100年前の児童雑誌「金の船」に掲載された童話を朗読するオリジナル番組『クリスマスの夜に100年前の児童雑誌を読んで癒されよう(朗読:島本須美)』の放送が決定しました。

クリスマスの夜に島本須美の優しい声音で送る朗読番組

 今回朗読する児童雑誌「金の船」は大正8年に創刊され今年でちょうど創刊100年となります。

 本番組では「金の船」に掲載された童話を声優・島本須美が朗読します。

 また、朗読の合間には、「七つの子」などの童謡を当時の貴重音源で配信。「十五夜お月さん」、「七つの子」、「青い目の人形」、「證城寺の狸囃」など、今も歌い継がれている童謡の数々は「金の船」から誕生しました。

 さらに、創業100年を迎えた児童書出版社「金の星社」の協力により、児童雑誌の紙面をスライドショー形式でめくりながら朗読をお届けします。

 「風の谷のナウシカ」ナウシカ役、「ルパン三世カリオストロの城」クラリス役など、日本を代表する数々のアニメで優しい声音を披露してきた島本須美がお届けする聖夜の朗読会を、ぜひ童心に帰ってお楽しみください。

番組情報

  • 番組名:クリスマスの夜に100年前の児童雑誌を読んで癒されよう(朗読:島本須美)
  • 放送日時:12月25日(水)19:00〜25:00(終了予定)

※タイムシフト視聴あり(無期限)