ライアットゲームズは、サードパーティデベロッパーと協力して『リーグ・オブ・レジェンド』の世界観に基づいた、これまでにないゲームを開発する新たなパブリッシンググループ、“Riot Forge(ライアットフォージ)”を発表した。

以下、リリースを引用

ライアットゲームズ、サードパーティデベロッパーとともにゲームのパブリッシングを行う新たなレーベル『Riot Forge』を発表

Riot Forge』は、リーグ・オブ・レジェンドの世界を舞台とする新規ゲームタイトルの開発をサポートし、「完結型」のゲーム体験を生み出すための新たな試み。

 カリフォルニア州ロサンゼルス(2019年12月5日)- PC オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends)のデベロッパーおよびパブリッシャーである Riot Games(ライアットゲームズ)は、サードパーティデベロッパー各社と協力してリーグ・オブ・レジェンド(LoL)の世界観(ユニバース)に基づいた、これまでにないゲームを開発する新たなパブリッシンググループ、『Riot Forge』(ライアットフォージ)を発表します。

 『Riot Forge』はライアットゲームズにおける初の試みであり、ライアットゲームズがサードパーティを全面的にサポートすることによって、新規ゲームタイトルの開発を促進します。

 『Riot Forge』は、完結型のゲームをこれまでとは異なるジャンルや様々なプラットフォームで開発することにより、LoLユニバースを楽しみたいあらゆるプレイヤーにサービスを提供し、LoLの10周年イベントで発表した、ライアットゲームズ自身の開発による新たなゲームタイトルとともにLoLの世界を築き上げていきます。

 サードパーティデベロッパー各社がそれぞれの方法で、楽しくて夢中になれるユニークなゲーム体験を創造できるように、ライアットゲームズ開発チームは各デベロッパーと緊密な協力関係を結び、全面的な支援を提供します。

 複数のタイトルが開発される中、LoLユニバースをあらゆるプレイヤーのために拡大しようとする最新の取り組みが『Riot Forge』であり、本レーベルからはライアットゲームズの10周年記念Riot Plsで発表された複数の新作を補完する、未発表の新たなゲームがリリースされる予定です。

詳細は“ライアットフォージ”をご覧ください。

Leanne Loombe(Riot Forge 代表)のコメント

「LoLのIPには広大な世界と数多くのチャンピオンがもたらす無限の可能性が眠っています。そんなLoLの世界に情熱を燃やすデベロッパーたちと協力してゲーム開発ができることを光栄に思います。私たちはデベロッパーの長期的な成功にともに全力で取り組み、力を合わせてあらゆるタイプのプレイヤーに素晴らしい体験を届けることを目指します。」

Greg Street(Riot Games IP&エンターテイメント VP)のコメント

 「私たちは、ルーンテラの世界とそこに息づくチャンピオンたちを世界中の人々にお届けする方法を常に模索しています。世界には様々な分野で卓越した技術と経験を持つ、才能あふれるゲームスタジオが数多く存在しています。彼らと協力してLoLのIPで新たなゲーム体験を作り出すことを楽しみにしています。」

ライアットゲームズとは

 「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2 人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。

 2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。

 本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界23ヶ所にオフィスを展開。(2019年10月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。

リーグ・オブ・レジェンドとは

 2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。

 マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称 MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。

 RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。

 毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。

 多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。