2019年12月5日、メディアスケープは、Nintendo Switch用ソフト『Little Bit War(リトルビットウォー)』の配信を開始した。価格は1500円[税込]。

 建物や砲台、兵舎といったさまざまな建物などを建築し敵軍と戦う、手軽に楽しめる2Dリアルタイムストラテジーゲームになっている。

以下、リリースを引用

サークル「るてんのお部屋」制作、『Little Bit War(リトルビットウォー)』Nintendo Switchで2019年12月5(日)本日配信

 メディアスケープ株式会社(東京都台東区・代表取締役:江崎 望)は、同社が進行する「Play,Doujin!」プロジェクト作品、サークル「るてんのお部屋」開発のNintendo Switch用ゲームソフト『Little Bit War(リトルビットウォー)』を、本日12月5日(木)よりニンテンドーe ショップにて配信開始しました。

 『Little Bit War』は短時間で手軽にあそべるリアルタイム・ストラテジーゲームです。

 兵舎・工場など「建物」を建築することで自動的にユニットが生産され、敵陣に攻め込んでいきます。

 逆に攻め込んできた敵ユニットには砲台を建築することで防衛します。

 煩雑になりやすいリアルタイムストラテジー要素を「建築」に絞り込み、シンプルで遊びやすいシミュレーションに仕上げています。

 さらにマップは自動生成で様々なバリエーションを見せ、何度でも繰り返し楽しめるようになっています。

商品概要

  • タイトル:Little Bit War(リトルビットウォー)
  • ジャンル:リアルタイムストラテジー
  • プラットフォーム:Nintendo Switch
  • 価格:1500円[税込]

※ニンテンドーeショップでのオンライン販売