ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、恒例のオータムセールが開始した。日本時間の2019年12月4日午前3時まで、さまざまなPCゲームがセール価格で販売される。

 超大作からニッチなインディーゲーム、レトロな名作からファンキーな最新作まで、あらゆるPCゲームが一斉割引になるSteamセール。まずはウィッシュリストに入れておいたゲームなどからチェックしてみるといいだろう。

 いくつかピックアップしてみると、バンダイナムコエンターテインメントのアクションRPG『CODE VEIN』が30%オフの6314円、フロム・ソフトウェアのアクション『Sekiro: Shadows Die Twice』が35%オフの5434円、マイクロソフトのTPS『Gears 5』が3726円、ユービーアイソフトの対戦FPS『Tom Clancy's Rainbow Six Siege』が60%オフの1036円(追加コンテンツ分もセール中)、2K Gamesのストラテジーゲーム『シヴィライゼーション VI』が75%オフの1750円、コーエーテクモゲームスのRPG『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』が40%オフの5148円など。

 また、街づくりゲーム『Cities: Skylines』(75%オフの745円)、マルチプレイホラーサバイバルアクション『Dead by Daylight』(半額の990円)、バトルロイヤル型FPS『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(半額の1650円)など、もはや定番となったPCゲームももちろんセールになっているので、この際に友達にギフトしてみるのもいいのでは。

 なお今回のセール開始に合わせて、こちらも恒例のSteamアワードのノミネート作募集も開始されている。選ばれたノミネート作に対する投票は年末のウィンターセール時に行われる予定で、受賞作は12月31日(恐らく日本の年明け)に発表される。

ちなみにオータムセールのキービジュアルはwaneella氏によるもの。横長の壁紙用ファイルと携帯用の縦長の壁紙用ファイルがSteamアワードのページからZipでダウンロード可能だ。