バンダイナムコエンターテインメントは、2019年11月28日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』について、無料DLCで参戦する新たなユニット&キャラクターの情報を公開した。

無料DLCで参戦する新たなユニット&キャラクター

G GENERATIONシリーズ シグ・ウェドナー CV:木島隆一

 反地球連邦組織『エゥーゴ』に所属するシスクードのメインパイロット。

 一年戦争時はジオン軍のブラード戦隊に所属し、MS一個小隊長を務めていたが、戦争終結時に重傷を負い、行方不明となっていた。

 デラーズ紛争時にはデラーズ・フリートとして戦いに参加していたという情報もあるが、さだかではない。

 その後はエゥーゴに所属し、ティターンズの新型モビルスーツ偵察作戦においてLRX-077シスクードを奪取。

 自らの乗機として、クワトロ・バジーナ大尉率いるMS部隊の一角を担った。

シスクード(エゥーゴカラー)型式番号:LRX-077

 ティターンズ所属のニュータイプ研究機関ライプチヒ研究所によって提案された軍事計画プロジェクト・セイレーネにおいて、その中心となる機体でもある『テラ・スオーノ』の護衛機として開発されたMS。

 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。

 その中でも高機動戦闘形態『オフェンスモード』はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。

 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。

 本機はテスト中に反地球連邦組織『エゥーゴ』によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。

 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に『モノアイガンダムズ』と呼ばれた。

デスティニーガンダム(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)型式番号:型式番号:ZGMF-X42S-REVOLUTION

 プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの指令により開発された『セカンドステージシリーズ』の1機。

 ZGMF-X42Sデスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。

 それらは『コンクルーダーズ』と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。

 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。

「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女」参戦ユニットの紹介

 12月26日発売の『新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト』(漫画:ときた洸一)を購入して、「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女」に登場した「ロードアストレイΩ」「ガンダムアストレイゴールドフレームアマテラス」が先行入手できる特典コードをGETしよう!

『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女』 ロードアストレイΩ 型式番号:MHF-01Ω

 入手した『レアメタルΩ』を使用してロードアストレイを強化改修したMS。

 本機はレアメタルΩを機体の全てに使い、無敵の機体として造る予定であったが、レアメタルΩの一部をガンダムアストレイゴールドフレームアマテラスの改良に回してしまった為、設計段階で想定した本来の使用量には足らず、無敵とは言えない結果となった。

 しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。

 尚、名前に入れられた『Ω』の意は、レアメタルΩによって無敵の機体を目指したことから付けられている。

『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女』 ガンダムアストレイ ゴールドフレームアマテラス 型式番号:MBF-P01-Re03<AMATERASU>

 フェアネス・ツヴァイクレを守る為、破損したガンダムアストレイゴールドフレーム天ハナを改修したMS。

 本来、ロードアストレイに全て使われる予定だった『レアメタルΩ』を本機の改造に回し、その殆どは背部の独立支援ユニット『ヤタガラス』に使われている。

 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。

 ヤタガラスの翼部分は『天羽雷』と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。

 さらに『ヴォワチュール・リュミエール』を発展させたシステムも内臓しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。

タイトル情報

  • タイトル名:SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ
  • 発売予定日:2019年11月28日(木)
  • 対応機種:PlayStation4/Nintendo Switch/STEAM
  • ジャンル:ガンダムシミュレーション
  • プレイ人数:1人
  • 発売価格:
    PlayStation4/Nintendo Switch
    通常版(パッケージ/ダウンロード)8,200円+税
    プレミアムGサウンドエディション(パッケージ/ダウンロード)12,000円+税
    STEAM
    通常版(ダウンロード)オープン価格
    デラックスエディション(ダウンロード)オープン価格
  • CERO:「B」
  • 公式サイトはこちら
  • 公式ツイッターはこちら