ファミ通は、2019年11月15日(金)に発売されたNintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の国内推定販売本数をまとめた結果、販売3日目で136.5万本を販売したことが明らかになった。さらに、Nintendo Switch本体(Nintendo Switch Lite含む)の累計販売台数は1000万台を突破した。

以下、リリースを引用

「ポケットモンスター ソード・シールド」、発売3日間で136.5万本を販売。Nintendo Switch本体は国内累計1000万台を突破!

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ポケモンが2019年11月15日に発売したNintendo Switch向けソフト「ポケットモンスター ソード・シールド」の国内推定販売本数を速報としてまとめました。

「ポケットモンスター ソード・シールド」売上速報

(集計期間:2019年11月15日~2019年11月17日/販売日数:3日間)

国内推定販売本数:1,364,544本

※ダウンロードカード、「『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック」を含む(ダウンロード版の本数は含みません)

「ポケットモンスター」シリーズの最新作「ポケットモンスター ソード・シールド」は、発売3日間(初週)で136.5万本を売り上げました。

 Nintendo Switch向けソフトとしては、歴代1位の初週販売本数となっています。

 なお、本作発売週(2019年11月11日~11月17日)のNintendo Switch本体(Nintendo Switch Lite含む)の週間販売台数は180,136台となり、同週で累計販売台数1000万台を突破しました。

 クリスマスや年末年始に向けて、今後も同ソフトおよび同ハードのさらなる販売本数の伸びが期待されます。

ご参考

  • Nintendo Switch(Nintendo Switch Lite含む)
    国内推定累計販売台数: 10,065,797台
    (集計期間:2017年3月3日~2019年11月17日)

Nintendo Switch/Nintendo Switch Lite週間販売台数推移(集計期間:2019年9月30日~2019年11月17日)