小島秀夫監督の最新作として、プレイステーション4版が発売中(PC版は2020年初夏発売予定)の『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』。 本記事では、意外と知らない(?)、配達に役立つ豆知識をご紹介。

豆知識1:マップ

カイラル通信網

 プレイ中にOPTIONSボタンを押すと表示されるマップ。この画面では施設や目的地などの場所のほか、タッチパッドを押しながらコントローラを傾けることで地形の起伏もチェックできる。また、R3ボタン(右スティックの押し込み)を押すことで、カイラル通信の接続状況も確認可能。

こちらが通常のマップ画面。
R3ボタンを押すことで、カイラル通信の接続状況が一目瞭然。この画面では、“ルーデンス・マニア”と表示されている部分が、カイラル通信未接続のエリア。

天気予報

 さらに、物語を進めるとマップ画面で天気予報も確認できるようになる。時雨の降るエリアを避けたいという人は参考にするといいだろう。

天気予報の表示方法は、カイラル通信網と同じく、マップ画面でR3ボタンを押す。天気予報の解放後は、R3ボタンを押すことで、マップ(デフォルト)→カイラル通信網→天気予報→マップ……の順番に切り替わるようになる。
青色で表示されているエリアが、時雨が降る目印。上の画像と比較すると、10分後に時雨が止むことがわかるはずだ。

豆知識2:視点

 本作では、右スティックでのカメラ操作のほかに、R3ボタンで視点の左右を切り替えられる。BTの出現エリアでは、サム(プレイヤー)の左肩にあるオドラデクの動きをチェックすることが重要となるため、R3ボタンを押して左からの視点に切り替えるのがオススメ。

右スティックを一切操作せず、R3ボタンで左右の切り替えだけを行った比較画像がこちら。右からの視点だと、オドラデクがまったく見えない。
左に切り替えると、オドラデクをバッチリ確認できる。

豆知識3:二段ジャンプ

 荷物が少ないとき限定にはなるが、サムは二段ジャンプが行える。うまく活用すれば、ちょっとした川ぐらいなら飛び越えられる。

走った状態で×ボタンを押したときに、走り幅跳びのようなジャンプならば、二段ジャンプを行える。
画面に“二段ジャンプ”と表示されているときに、再度×ボタンを押すことで距離が大幅に伸びる。

豆知識4:タックルと回避

 ミュールは遠距離からボーラガンで拘束するのがオススメだが、近づかれてしまった場合はタックルと回避を活用しよう。タックルはR2ボタン+L2ボタンを押した状態で□ボタン、回避はR2ボタン+L2ボタンを押した状態で×ボタンで行える。

タックルは当てた相手を怯ませることが可能。
敵に近づかれて攻撃のモーションを確認したら、迷わず回避。

豆知識5:車両のブースト

 バイク(リバース・トライク)やトラックは、走行中にL3ボタン(左スティックの押し込み)を押すとブーストが行える。ブースト中はスピードが大幅にアップするため、通常時では登ることができない急勾配でも進むことができたりする。

通常時のバイクは3輪で走行するが……。
ブースト状態になると2輪に変形。
停止時にL3ボタンを押すと、バーンアウトを行い、急発進できる。

豆知識6:フローター

 物語をある程度まで進めると作成可能になるフローターは、地面から浮く牽引式荷物用カート。浮遊するフローター(とフロータ-に載せた荷物)を、サムの腰に接続して運ぶため、サム自身が持てる重量上限とは別に荷物を運べる。ただし、フローターの使用中は、カイラル結晶を消費するほか、フローターが岩場などに引っかかったり、急な角度の梯子やロープで急な斜面を上り下りしたりして、フローターのワイヤーの伸張限界を超えると接続が切れてしまうので注意が必要。また、フローターは車両に接続することはできないので、その点もお忘れなく。

 なお、フローター使用時のカイラル結晶の消費量については、ゲーム中に明確な表記があるわけではないが、検証してみたところ、接続時に1台につき1消費。その後は、移動距離や載せている荷物の重さに関係なく2分程度に1回、1台につき1消費されているようだった。この程度であれば、移動しながらカイラル結晶を回収していれば十分まかなえるはずなので、カイラル結晶の所持量がよほど少ないときを除いて、積極的に使用していこう。

フローターは2台まで接続可能。
フローターを使用する主な方法はふたつ。ひとつは、OPTIONSボタンで荷物管理を選んだ後、フローターにカーソルを合わせて……。
フィールドに置くを選択。
その後、移動したい荷物を選択して……。
フローターに載せるを選べばオーケー。こちらでは、荷物の移動も一度に行えるので便利。
もうひとつは、方向キーの右を長押しして装備品メニューを開いた後、フローターに合わせて×ボタンを押すと展開できる。ちなみに、この操作はほかの装備品でも行えるため、使用済みのブーツや血液袋を置いたりするのに便利。
手に持った荷物は、直接フローターに載せることも可能。操作は近づいて、フローターに載せたい荷物のボタン(R2またはL2)を離すだけ。逆に手に何も持っていない状態でフローターに近づいて、R2またはL2ボタンを押せば、フローターに載せた荷物を持つこともできる。
荷物をひとつも載せていないフローターに接続状態で近づいて×ボタンを押せば、自身がフローターに乗って移動できる。下り坂であれば、かなりのスピードが出る。

豆知識7:簡易観測塔

 建設装置で建設できる“簡易観測塔”。周辺の状況を確認するのに便利な施設だが、範囲内であれば収集要素である“メモリーチップ”の位置も表示される。オドラデクのセンサーよりも広範囲を探せるので、メモリーチップを集めるときには、ぜひ活用しよう。

メモリーチップを発見したら、□ボタンを押して、マーカーを付けておこう。

豆知識8:排尿

 プライベートルームで、シャワーを浴びたり、排せつを行った際にBTに有効な“Exグレネード”が作成されるが、じつは尿を直接BTに掛けることでも効果がある。使いこなすには少しコツが必要だが、いざというときのために覚えておいて損はない。

排尿は、方向キーの右を長押しで装備品メニューを開いて、“排尿”に合わせてメニューを閉じた後、L2ボタンで構えて、R2を押せば行える。ゲイザーに発見されて、ハンターが近づいてきた(手が迫ってくる)ときに排尿を行えば、一時的に退けることができる。
この状態では、沼にいるハンターに目掛けて、排尿を行うことで撃退できる。
排尿は、もちろんキャッチャーにも有効。ただし、ダメージは与えられず、動きを止める程度なので、過度な期待は禁物。
キャッチャーとの戦闘中は、マップに赤色の円が表示される。このエリアの外に出れば、キャッチャーとの戦闘から逃げられるので、対抗手段がない場合は逃げるのもあり。