『Fate/Grand Order』(FGO)で2019年11月18日(月)より始まったマスターミッションのうち、“悪”属性、“男性”特性、“女性”特性の各ミッションの高効率クエストを紹介します。

“悪”特性ミッション高効率クエストは新宿にあり

 悪特性を持つ代表的なエネミーは、チンピラ、ヤクザ、雀蜂など。すべて亜種特異点I“新宿”から登場するエネミーです。

 新宿のフリークエスト、新宿駅“コンクリートダンジョン”(AP21)で雀蜂が9体、国道20号“テリトリー”(AP20)で雀蜂が6体と新宿のアヴェンジャーが1騎登場するので、各クエストを1周ずつクリアーすれば“悪”特性ミッションを達成できます。

 また、雀蜂・新宿のアヴェンジャーともに男性のため、“男性”特性ミッションも同時にクリアー可能です。

 メインクエストを新宿まで進めていないマスターは、冬木の未確認座標X-F“焼け崩れた校舎”(AP6)で呪腕のハサンを地道に撃破しましょう。

“男性”特性ミッション高効率クエスト

 第1特異点“オルレアン”のリヨン“死者の街”で達成できます。本クエストではゾンビが7体とファントムが1騎出現するので、2周でクリアー可能。また、ファントムは悪属性を持っているので、悪ミッションも同時に進められます。

 新宿まで進めていない人は、まずリヨン“死者の街”で男性ミッションを終わらせた後に、冬木の未確認座標X-F“焼け崩れた校舎”で悪属性ミッションを進めるとよいでしょう。

“女性”特性ミッション高効率クエスト

 女性の通常エネミーは、第三特異点“オケアノス”で多く登場します。豊かな海“秘密航路”でアマゾネスが8体出現するので、2周で達成可能です。

 オケアノスまで進めていない人は、冬木の未確認座標X-E“骸彷徨う教会”に登場するメドゥーサで回収しましょう。

『FGO』注目記事