アニポケ新シリーズ初回放送は11月17日17時30分から!

 2019年11月17日(日)17時30分より、テレビ東京系列で新アニメ『ポケットモンスター』がスタートする(2回目以降は18時から放送。一部地域では放送日時が異なります)。これに併せて、以下では、これまでに公開されている情報をまとめて紹介する。

冒険の舞台はガラル地方を含むすべての地方!

 1997年に放送がスタートした時と同じ『ポケットモンスター』というタイトルが象徴するように、本作の物語は『ポケットモンスター ソード・シールド』の舞台となるガラル地方はもちろん、『ポケットモンスター 赤・緑』のカントー地方、『ポケットモンスター 金・銀』のジョウト地方など、これまでゲームに登場したすべての地方も舞台に。それにともない、それぞれの地方に生息する様々なポケモンたちが登場する。

主人公はサトシとゴウのふたり!

 本作はふたりの登場人物が主人公を務める構成となる。ひとりはこれまでのシリーズに引き続きサトシ(CV:松本梨香)、ふたり目はすべてのポケモンをゲットするという夢を持つ10 才の少年・ゴウ(CV:山下大輝)だ。ゴウは、ひょんなことから運命的な出会いをした新ポケモン “ヒバニー”をパートナーに迎え、サトシ&ピカチュウとともに冒険に旅立つことになる。

 また、新キャラクターとしてサクラギ博士(CV:中村悠一)とコハル(CV:花澤香菜)が登場。

 サクラギ博士はカントー地方クチバシティにある“サクラギ研究所”の所長でポケモンを研究をしており、サトシとゴウの冒険のサポートをする穏やかでとても優しい博士。コハルはサクラギ博士の娘で、サトシ、ゴウと同じ10歳の女の子。学校に通っており、ゴウとは幼なじみ。研究所のこいぬポケモン・ワンパチにとてもなつかれている。

 さらに、おなじみの敵役として、ムサシ、コジロウ、ニャース、ソーナンスの登場も判明している。今回の物語では、主人公たちとどのように関わることになるのか?

第1話ではピカチュウの過去が明らかに!

 1997年に放送された第1話『ポケモン!きみにきめた!』では、サトシとピカチュウの出会いと旅の始まりが描かれたが、今回放送される第1話はさらにその少し前。サトシの唯一無二のパートナーであるピカチュウの“過去”に焦点を当てたストーリーが展開されるとのこと。

あらすじ

カントー地方にあるどこかの森に、ひとりぼっちのピチューがいた。
まだ幼いそのピチューは、ある出会いと別れを経験する。
サトシと相棒のピカチュウが旅に出る、その少し前。
アニメ「ポケットモンスター」すべてのはじまりの物語。

OPテーマは“まふまふ”がプロデュース

 オープニングテーマのプロデュースおよび作詞・作曲・編曲は、気鋭のクリエイター“まふまふ”が担当。さらにそのオープニングテーマは、まふまふがプロデュース・作詞・作曲した同一楽曲を、さまざまなアーティストが歌い継いでいくという企画に。歌い手としての一番手は“After the Rain(そらる×まふまふ)”が務める。

先行試写会の模様もチェック!

アニメ『ポケットモンスター』スタッフ

原案:田尻智/増田順一/杉森建
総監督:冨安大貴 監督:小平麻紀
クリエイティブスーパーバイザー:湯山邦彦
シリーズコンストラクション:米村正二
キャラクターデザイン:安田周平

脚本:吉田玲子/米村正二/赤尾でこ/藤咲淳一/土屋理敬/待田堂子/宮田由佳
松井亜弥/冨岡淳広/面出明美 ほか (執筆順)
音響監督:三間雅文 音楽:林ゆうき

アニメーション制作:OLM
製作:テレビ東京/MEDIANET/ShoPro