コーエーテクモゲームスは、2020年3月12日発売予定のプレイステーション4用ソフト『仁王2』について、現在配信中のβ体験版にも登場する戦国武将“柴田勝家”と“前田利家”、川並衆の“蜂須賀小六”のゲーム画面やキャラクタースチルなど最新情報を公開した。

以下、リリースを引用

PS4『仁王2』最新情報公開のお知らせ

 コーエーテクモゲームスは、PlayStation4用ソフトウェア『仁王2』につきまして、最新情報を公開いたしました。

 現在配信中のβ体験版に登場する戦国武将「柴田勝家」「前田利家」や、川並衆の顔役「蜂須賀小六」に関するゲーム画面およびキャラクタースチルを公開しております。

イベント 柴田勝家

柴田勝家。勇猛さで知られる織田家の重鎮だが、温情ある人柄で面倒見は良かったという。利家が起こした諍いについて信長へ取り成し、またその帰参のために助力している。

イベント 前田利家

ただならぬ気配に身構える利家、勝家、主人公の三人。その反応の速さは、歴戦の強者ならではといえる。
前田利家。幼名は犬千代で、元服して又左衛門利家と名乗った。血気盛んな荒武者で「槍の又左」の異名を持つ。
利家は信長に仕えていたが、諍いを起こして放逐されていた。武功を認めてもらい、信長の元に帰参するべく、浪人の身ながら各地で転戦している。

イベント 蜂須賀小六

一所懸命釣竿を引く木霊。魚ならかなりの大物のようだが…?
川から上がってきたのは、川並衆の顔役、蜂須賀小六だった。あやかしの血を引いており、体の各所に河童に似た特徴を持っている。自分に力を借りようという侍たちを「物好き」と言い放つが、悪意は無いようだ。

ステージ 廃寺

かつて懸け造りの本堂の荘厳さを誇ったこの古寺は、平安時代に無名の僧が戦死者の亡骸を拾い集め、塚を建てて供養したのが始まりと伝わる。しかし、寺は長き戦乱を経て主を失い、その境内にひしめく墓は全て無縁仏となった。弔う者を失った死者たちの怨念は、行き場なく彷徨い、いつしかあやかしと成り果て人を襲うのだという。

バトル 前田利家

利家の鋭い槍捌きに、守勢を強いられる主人公。「槍の又左」の異名は伊達ではないようだ。
送り犬の守護霊技を使う利家。吠え声とともに、火の玉が一斉に飛来する。これをかいくぐって攻撃に転じるのは至難だ。まずは回避に専念すべきだろう。

キャラスチル 柴田勝家

織田家の重鎮、柴田勝家。「鬼柴田」「かかれ柴田」「瓶割り柴田」と複数の異名を持つが、いずれも彼の勇猛さを示すものである。ルイス・フロイスも「信長の時代の日本でもっとも勇猛な武将であり果敢な人」と評している。守護霊は猪笹王。

キャラスチル 前田利家

槍の名手、前田利家。血気盛んな傾奇者として知られ、派手な作りの長槍を携えて町を練り歩き「槍の又左」と異名をとった。守護霊は送り犬。

キャラスチル 蜂須賀小六

川並衆の顔役、蜂須賀小六。川並衆は墨俣一帯に棲む和魂妖怪が緩く連帯した、一種の互助組織である。小六はあやかしの血を引いており、体の各所に河童に似た特徴を持つ。