アクティブゲーミングメディアが運営する“PLAYISM”は、本日2019年11月7日より、『Strange Telephone(ストレンジ テレフォン)』のNintendo Switch版の配信を開始した。

 6桁の電話番号によって自動生成される奇妙なドット世界を探索するマルチエンディングの2Dアドベンチャーゲームだ。

以下、リリースを引用

電話番号で“奇妙な世界”が自動生成される2Dアドベンチャーゲーム『Strange Telephone』、Nintendo Switch版が11月7日配信開始!

 株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区)が運営するオリジナリティあふれるインディーゲームを厳選し販売する“PLAYISM”は、11月7日よりニンテンドーeショップにて『Strange Telephone(ストレンジテレフォン)』のNintendo Switch版を配信開始いたしました。

“奇妙な世界”を旅する2Dアドベンチャーゲーム『Strange Telephone』

 本作は日本の個人デベロッパーHZ3 Softwareが開発した、6桁の電話番号によって自動生成される奇妙なドット世界を探索するマルチエンディングの2Dアドベンチャーゲームです。

 スマートフォン版はリリース時AppStoreで2位、PC版は高評価を得ている本作が、Nintendo Switchにて本日11月7日より配信開始いたしました。

 Nintendo Switch移植に際し、コントローラー操作、HD振動に対応いたしました。

ゲームシステム

 主人公は、目の前に大きな扉が浮かぶ、暗い世界に閉じ込められてしまった女の子、「ジル」。

 そんな彼女に力を貸すのは電話の姿をした「グラハム」です。

 グラハムを通して、6桁の番号で電話を掛けることで、奇妙な世界が創造されます。

 創造された世界でアイテムを集めて、様々なフラグを立てながら、閉ざされた扉を開く鍵を見つけ出し、この世界から抜け出しましょう。

 電話を掛けた世界に居続けるとグリッチが増え続けて、徐々に世界が崩壊していきます。