スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーVII リメイク』において、2019年11月2日(土)18:30~11月3日(日)21:54まで放送された“FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!”内にて放映した地上波史上最長となる7分のテレビCMとそのCMには入っていないシーンも含めた“Special Edit”を公開した。

以下、リリースを引用

特別長編TVCM公開

  株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、『FINAL FANTASY VII REMAKE』(ファイナルファンタジーVII リメイク)において、11月2日(土)18:30~11月3日(日)21:54まで放送の「FNS27 時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」内にて放映した地上波史上最長(※)となる7分のTVCMと7分CMには入っていないシーンも含めた「Special Edit」を公開しました。

※CM総合研究所調べ・2019 年10月現在

FINAL FANTASY VII REMAKE 特別長編TVCM

 CMでは、『ファイナルファンタジーVII』をプレイしたことのない会社員を窪田さんが演じます。

 上司や彼女が『ファイナルファンタジーVII リメイク』の発売を話題にする中、「興味ないんで」とクールに振る舞います。

 幼少期に兄が『ファイナルファンタジーVII』をプレイするのを見ていた彼女役を森田さんが演じ、『ファイナルファンタジーVII』の熱狂的なファンである男性を玉山さんが演じます。

 クールな男性を演じる窪田さんが徐々に作品に興味を持っていく過程やところどころに散りばめられた、『ファイナルファンタジーVII』にまつわる小ネタにご注目ください。

<出演者プロフィール>

窪田正孝(クボタ・マサタカ)さん

 1988年8月6日生まれ。神奈川県出身。

 2006年ドラマデビュー。2012年NHK大河ドラマ「平清盛」、2014年NHK連続テレビ小説「花子とアン」、2014年TBS「N のために」、2015年日本テレビ「デスノート」、2017年フジテレビ「僕たちがやりました」、2018年TBS「アンナチュラル」、2019 年フジテレビ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」など多くのドラマ、映画や舞台に出演。

 また、2020年春、NHK 連続テレビ小説「エール」への主演も決定している。

森田望智(モリタ・ミサト)さん

 1996年9月13日生まれ、神奈川県出身。

 2017年~西武鉄道シリーズのCMに出演中。2018年の映画「世界でいちばん長い写真」の他、2017年dTV+フジテレビ「パパ活」、テレビ東京「デッドストック~未知への挑戦~」、2019年NHKドラマ10「これは経費で落ちません!」などに出演。

 Netflix オリジナル『全裸監督』での熱演は世間の大きな注目を集めた。

 2020年はドラマスペシャルや1月期の連ドラに出演が決定しているほか、来年公開映画も待機中である。

玉山鉄二(タマヤマ・テツジ)さん

 1980年4月7日生まれ、京都府出身。

 ’99年デビュー。'05年『逆境ナイン』で映画初主演を果たす。

 以後、『手紙』、『プリズナー』、『星守る犬』、『亜人』、『ルパン三世』などに出演。

 '09年には映画『ハゲタカ』にて第33回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。連続テレビ小説『マッサン』では主人公:亀山政春を熱演しエランドール新人賞を受賞。

 以降、Hulu オリジナル『雨が降ると君は優しい』、Netflix オリジナル『全裸監督』、NHK 大河ドラマ『西郷どん』、WOWOW『トップリーグ』など話題作に出演。

FINAL FANTASY VII REMAKE

 1997年にPlayStationで発売された『FINAL FANTASY VII』の主要スタッフが手掛ける『FINAL FANTASY VII REMAKE』。

 壮大な物語や魅力的なキャラクター、当時の最先端技術が駆使された映像で多くの人を魅了した不朽の名作が、時を経て「新たな物語」として生まれ変わります。

 コマンドバトルと直感的アクションが融合することで戦略性は高くなり、現代の技術によって『FINAL FANTASY VII』の世界をリアルに再現、再生しております。

ストーリー

 星から吸い上げた生命エネルギー《魔晄》。

 《ミッドガル》――八基の魔晄炉を有する階層都市。

 魔晄によって世界を掌握した巨大企業《神羅カンパニー》と星を守るために立ち上がった反神羅組織《アバランチ》が激突する。

 元ソルジャーのクラウドは、傭兵としてアバランチの《壱番魔晄炉爆破作戦》に参加していた。

 魔晄炉爆破の余韻響く八番街。

 炎に包まれる街で、死んだはずの宿敵の幻影が揺らめく。

 消し去りたい過去の幻影に導かれ、彼女と出会う。

 花売りの女性が差し出した黄色い花。

 花言葉は――《再会》

 その刹那、ふたりを取り囲む黒い影――《運命の番人》。

 今、想いが再び星を巡る。

FINAL FANTASY VII REMAKE/ファイナルファンタジーVII リメイク