Blizzard EntertainmentがPC/プレイステーション4/Xbox One/Nintendo Switch向けに発表した、マルチプレイのアクションシューティング『オーバーウォッチ2』(発売日は後日発表)。発表が行われたBlizzcon 2019の会場で、早速本作をプレイしてきた。

4人協力でロボット軍団の襲撃を撃退せよ!

 さて、まずは今回初登場で『オーバーウォッチ2』の目玉でもある、4人Co-op(協力)プレイのPvE(※)モード“Co-op任務”についてご紹介しよう(※対人戦ではなくコンピューター操作の敵と戦う)。

 Co-op任務には、“ストーリー任務”と“ヒーロー任務”の二種類が存在する。

 まずストーリー任務では、各地を急襲するロボット軍団“ヌルセクター”の脅威に対抗するために再集結した新生オーバーウォッチの戦いが描かれる。本作におけるキャンペーンモード的な位置づけと言えるのではないだろうか。

 そして続くヒーロー任務は何度もプレイ可能で、おなじみのテロ組織タロンのエリートエージェントたちと戦っていくことになる。このモードをプレイしていくことでレベルアップも可能になり、各ヒーローのアビリティも強化可能。いわく「ラインハルトの“ファイア・ストライク”で周囲の敵を炎上させたり、ハンマーを振る速度が加速したり、メイの“凍結ブラスター”を改造してダメージを増幅させ、凍らせた敵を粉砕したり”といったこともできるようになるとか。

アビリティを使いこなして仲間とともに戦え!

 さて会場でプレイできたのは、ルシオが本拠地とするリオデジャネイロ(ブラジル)のステージ。カットシーンが終わるとキャラクター選択画面となり、今回はラインハルト、トレーサー、メイ、ルシオから選ぶことに(重複なし)。

 キャラ選択が終わったら、今度は“タレント”と呼ばれる能力の選択画面に切り替わる。これは恐らく先の説明に出てきたPerk的な追加効果を得るカスタマイズで、Blizzconデモでは2個からひとつを選ぶ形。ちなみに今回は選べなかったものの、上位レベルで解放されるのだろうさらなるタレント項目も用意されていた。

 後はミッションが開始し、次々と出てくる敵を倒して進んでいくだけ。基本的に各ヒーローのスキルは初代『オーバーウォッチ』のものを踏襲しているように見えた。ラインハルトは突っ込みつつバリアーを張り、ルシオは回復やシールド・スピード上昇などのバフを行っていくという感じだ。

 Co-op用の要素はそれだけではなく、道中でひと段落するチェックポイントでは特殊アイテムを入手できることもある。特殊アイテムにはグレネードやシールド発生装置などがあり、ボスや強めの敵が大量に出てきた時にはかなり有効。筆者のプレイ時は、一緒にプレイしたメディアの記者がボスに対してグレネードを放って体力をゴッソリ削っていた。

 ステージ間には飛行ユニットに乗って移動するシーンもあり、パイロットは新キャラとの噂もあった“エコー”(以前マクリーのショートアニメで登場)が担当していたようだった。

 なお、ダウンした仲間は近付いて復活させることが可能。全員ダウンしてしまった場合は最後のチェックポイントからのリスタートとなる(制限回数アリ)。

 記者のグループは互いのカバーがうまくいって運良く一発クリアーできたが、前のグループはボス戦で床一面に電撃が走る攻撃を食らってしまいリスタートに。製品版でどんな敵が出てくるのか気になる所だ。

会場には超広大なデモスペースが(それでも長い列ができていた)。

PvPは前作とのクロスプレイ! 新モードも

 プレイリポートは以上だが、従来どおりの6対6のPvP(対人戦)についても触れておこう。

 PvPは依然として『オーバーウォッチ2』でも大きな存在で、前作のヒーロー/マップ/モード、そして前作のプレイヤーの実績や獲得アイテムなどはすべてが引き継がれる。その上で新ヒーローや新モード“プッシュ”なども追加されるという形だ。

 しかも前作とのクロスプレイ対応となっており、『オーバーウォッチ』プレイヤーも『オーバーウォッチ2』のヒーローとマップをプレイできるという太っ腹仕様。「しばらくは『オーバーウォッチ』のままでいいかな……」なんて人がいても、『オーバーウォッチ2』に移行したプレイヤーとも遊べるのだ。

 “プッシュ”では、まずマップ中央に配置されたロボットの制御権を奪い、ロボに壁を文字通り“プッシュ”させて敵陣奥まで進めていくという内容。いかにロボを奪い返すかがターニングポイントとなりそうだ。