徳島で開催された“マチ★アソビvol.23”にて、『Fate/Grand Order』(以下、FGO)のステージイベント“FGOゲストトーク in マチ★アソビvol.23”が行われた。本稿では『FGO』出演声優が登壇したイベントの模様と新発表についてリポートする。

 “FGOゲストトーク in マチ★アソビvol.23”には、川澄綾子さん(アルトリア・ペンドラゴン、アン・ボニー役)と植田佳奈さん(イシュタル、エレシュキガル役)が出演。『FGO』に関するトークに加えて、クイズ企画などが行われた。

『FGO』振り返りトーク。川澄さんは“あのセリフ”を録り終わって一安心?

 最初のコーナーは、2019年9月21・22日に開催された“京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019”以降に実施されたキャンペーンや期間限定イベントを川澄さんと植田さんが振り返るというもの。

 ここで話題に上ったのは、“バトル・イン・ニューヨーク 2019”、“TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』放送記念キャンペーン”、“復刻:神秘の国のONILAND(オニランド)!! ~鬼の王とカムイの黄金~ ライト版”の3つ。

 植田さんはギル祭2019で突然登場したスペース・イシュタルについて触れ、「うちのイシュタルがご迷惑おかけしました」と担当声優として会場のマスターたちに謝罪していた。

 “カルデアボーイズコレクション(CBC)”以来となる星5概念礼装の配布チケットがプレゼントされた『バビロニア』放送記念キャンペーンの話題では、お2人が交換した礼装を披露。植田さんは“真夏のひと時”を選び、川澄さんは『FGO』が上手な人に教えてもらって“熱砂の語らい”を入手したという。

 話題はそこから現在放送中のテレビアニメに波及。川澄さんは、第7章のアニメ化が決まってから、ずっと「マーリンシスベシフォーウ!」の言い方、正解に悩んでいた胸中を吐露。会場からは好意的な拍手があがり、安心した様子だった。

 “ONILAND”については、植田さんが会場に川澄さんの成長度合いを報告。これまではサポートのイベント編成に好きな概念礼装を装備していたそうだが、ONILANDではイベント特攻礼装を装備しており、しかも最大解放で、クエスト内容とマッチしたクラスに各種礼装が配置されていて感動したそうだ。

 川澄さんも、いままでは好きなサーヴァント(各種アルトリア)を配置していたが、少しは特攻サーヴァントを配置するようになったことを報告していた。

現環境ではキャスター枠以外を川澄さんが演じるサーヴァントだけで埋めることが可能。はたして、サポートをアルトリアだけで編成できる日がくるのだろうか?

大いに盛り上がった“宝具Quiz in 徳島”

 イベントはサーヴァントの宝具にまつわるクイズに答えていくコーナーに移行した。最初のクイズは、宝具名(感じ表記・読み方なし)だけを見てサーヴァント名と読み方を回答するという内容だった。

1問目:“永久に閉ざされた理想郷”の読み方と使用サーヴァントは?

【植田さんの回答】

  • サーヴァント名:マーリン
  • 読み方:花びらがとぶやつ

【川澄さんの回答】

  • サーヴァント名:マーリン
  • 読み方:ガーデン・オブ・アヴァロン

 植田さんはサーヴァント名は当てていたが、読み方は思い出せなかった。しかし司会者の疑惑の判定で正解ということに。

 「たぶん何万回も聞いた」(後に言い過ぎたと撤回)と豪語する川澄さんはもちろん正解。じつはラスボスに200ターンもかけて戦闘しているという川澄さん。誰に頼まれたわけでもなく、絶対に死にたくないという思いからマーリンを入れて長期戦を挑んでいるようだ。そんなこともあり、“永久に閉ざされた理想郷”は詠唱まで再現できるという。

2問目:“疾走・精霊眼球”の読み方と使用サーヴァントは?

【植田さんの回答】

  • サーヴァント名:アナスタシア
  • 読み方:ズィー(?)、スィー(?)

【川澄さんの回答】

  • サーヴァント名:ロマノフの人、カドックくんの
  • 読み方:無回答

 回答にだいぶ難航したようで、お2人は何度も会場や司会者からヒントをもらっていた。ヒントは、Vというジェスチャー、星5、キャスター、Arts宝具、全体攻撃宝具、色は白、とほとんど答えと言える内容だったが、植田さんは宝具名を、川澄さんはサーヴァント名をド忘れしてしまったようだ。

 ちなみに川澄さんはスケッチブックの別ページに“ヴィヴィヴィ”と書いていたのだが、「丸いものが関係している?」などの質問に会場や司会者のよい反応が得られず、“ヴィヴィヴィ”をお蔵入りしてしまったようだ。しかし、2人の回答を足すことで正解という判定となった。

3問目:同じクラスのサーヴァントの宝具名の組み合わせはどれ?

【植田さんと川澄さんの回答】

  • (2)八幡祈願・大妖射貫/波旬変生・三千大千天魔王/山脈震撼す明星の薪

 2番には植田さんの、3番には川澄さんが演じているサーヴァントの宝具名が記載されているためサービス問題かと思われたが、川澄さんは“黒竜双剋勝利剣”をアサシンとバーサーカーのどちらのものかド忘れ。そこで謎のヒロインXの宝具を詠唱しはじめ、“黒竜双剋勝利剣”が謎のヒロインX〔オルタ〕のものだという回答にたどり着く。

 植田さんの情報から“山脈震撼す明星の薪”はアーチャーであると判明。しかし“波旬変生・三千大千天魔王”が織田信長のどのクラスか悩んでしまい、制限時間に追われて2番を選んでしまっていた。

4問目:新サーヴァント“徳島すだち”が使用する宝具の名前は?

 ここにきてクイズが大喜利に変化。架空の新サーヴァント“徳島すだち”の宝具名を考え、会場のマスターの拍手の大きさで正解が決まるというまさかの展開に。

【植田さんの回答】

  • アンリミテッド・ロスト・フィッシュ・ワークス(クラスはアヴェンジャー)

【川澄さんの回答】

  • 王の柑橘(ゲート・オブ・すだち)

 植田さんの回答について補足すると、マチ★アソビ前の食事会で杉山紀彰さん・川澄綾子さん・植田佳奈さん・下屋則子さんのLINEグループでいかに刺身の写真をうまく撮影するか?というテーマで写真が投稿され続け、仕事があって参加できなかった植田さんがアヴェンジャー化してしまったというエピソードからのネタだ。

 食事会の刺身ですだちのポテンシャルに感動していた川澄さんは、無限にすだちが出てほしいという願望から“王の財宝”を文字って“王の柑橘”に。会場の大きな拍手で両者正解となった。

FGO PROJECT最新情報コーナーでローソンキャンペーンや冬祭り情報公開

 FGO PROJECT最新情報コーナーでは、アニプレックス・金沢利幸氏が登場し、ゲーム以外の最新情報を発表。まずは全国のローソンで実施されるアニメ『バビロニア』キャンペーンが紹介された。

 描き下ろしイラストを用いたグッズや商品情報は下記記事からご確認いただくとして、会場ではオリジナルチルド飲料“ブロンドチョコレートドリンク”の話題で盛り上がった。川澄さんはマーリンが描かれた容器を手に持ってニッコリ。植田さんはシークレットの絵柄について“アナ”ではないかと予想していた。

 続いての新情報は、毎年冬の季節に行われているリアルイベントについて。今年は“冬祭り”から名称を変更して、“FGO カルデアパークキャラバン 2019-2020”として開催されることが明らかになった。

 4周年イベントの“カルデアパーク”を移動式遊園地としてキャラバン化し、全国のマスターに展開する。ステージではロゴとNamie氏によるメインビジュアルが公開された。メインビジュアルには8騎のサーヴァントがパークに遊びに来ている様子が描かれている。ぜひ隅々まで探してほしい。

 ちなみに、石川県で『FGO』のイベントが開催されるのは初。川澄さんもまだ訪れたことがない地区のようで、石川会場でのステージ出演に立候補していた。なお、各会場での出演者は現在のところ未定だ。

ハロウィンは平成に置いてきた。まさかのセイバーウォーズ2発表!

 最後は全マスター待望のゲーム最新情報コーナー(ライト版)。おなじみとなった第2部 開発ディレクターのカノウヨシキ氏が登壇し、次回の期間限定イベントや新規に実装されるサーヴァントが公開された。

 カノウ氏は植田さんと川澄さんのハロウィンを意識した衣装にプレッシャーを感じつつも、とある映像を発表した。

 映像の内容は、奈須きのこ氏のテキストによる新イベント“セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~”への告知だった。「ヤツは平成においてきた」ということで、今年はハロウィンイベントではなく“セイバーウォーズ2”が開催される。

 事前に打ち合わせをしてハロウィン風の衣装を着ていた植田さんと川澄さん。そんな2人でを楽屋で見たカノウ氏は、心の中で密かに謝っていたそうだ。なお、当日に上映された奈須氏のテキストは以下の通り。

約束されていたお祭りの運命からはや二週間……
人生を見つめ直すBOX大会。
遊園地で卵を求め合う魅惑のレイド。
毎週やってくる怒涛のハイクオリティアニメ。
そんな激動の運命に翻弄されながら、再び勇者たちがあい集う。

こんにちはマチアソビ
ありがとう会場のみんな
そしてこの段階で覚悟できていると思う。
そう、
次のイベントはこういうコトなんだ、分かってくれるね。

地球と人類、そしてセイバーの存亡をかけたSW1から3年。
壮大な物語の幕が再び開こうとしている。
サーヴァント・ユニヴァースとは何なのか。
ヒロインXに託された運命とは。宇宙防人の秘密とは。
すべての謎をこっぱみじんに粉砕するスペースオペラ第二弾、
きみよ、頭をふわふわにしてのんびり待て。

え、ハロウィン?
ヤツは平成においてきた。それも分かってくれるね。

 上記テキスト同様、イベントシナリオは奈須きのこ氏が担当。10月30日(水)18:00より開催されること、参加条件が“終局特異点のクリアー”であること、配布サーヴァントは存在しないことが発表された。

 続いて、“セイバーウォーズ2”とともに実装される新規サーヴァント“カラミティ・ジェーン”の宝具動画と“スペースイシュタル”のバトルモーション動画が上映。どちらも聖晶石召喚から排出される期間限定サーヴァントであることが紹介された。

 ゲーム最新情報ライト版ということで、クラスとレアリティの発表はされなかった。じつはまだまだ制作途中だというカノウ氏の発言が関係しているのか、はたまた設定上は存在するエクストラクラス“ガンナー”として実装というサプライズを用意しているからなのか、想像の域を出ない。

 ちなみに筆者は、スペース・イシュタルの髪色、リボンの赤いラインから依り代が『フェイト/エクストラ』シリーズの遠坂 凛なのではないかと妄想している。通常の凛は機械オンチであるから、宇宙的な銃を使いこなしていることも根拠の1つだが、キャラデザインがワダアルコ氏ではないので可能性は低いだろう。

 ちなみに、この後に上映されたテレビCMを見た川澄さんは、植田さんに黒い凛について質問を投げかけていた。何も答えられない植田さんは、いつもステージ上で質問されるカノウさんの気持ちがわかったと困った様子だった。

 最後にカノウ氏から、期限が迫った特別再臨についての注意喚起と、鋭意制作中だという第2部 第5章(冬配信予定)に参加するために、メインクエストを進めてほしいといったアナウンスがあり、イベントは終了となった。