こんにちは! ライターのよしこちゃんです。『レッド・デッド・リデンプション2』(以下、『RDR2』)のプレイヤーなら、だれでも無料で楽しめるオンライン専用コンテンツ、『レッド・デッド・オンライン』(以下、『RDO』)の魅力を伝える本連載。ひさびさの更新です!

 2019年11月5日に、『RDR2』のPC版が満を持して全世界同時発売されることも決まりました。PC版では、極限まで研ぎ澄まされた100年前のアメリカを舞台にした物語を体験できるわけですが、もちろんPC版のプレイヤーも『RDO』を無料で楽しめます。これで新たな西部の無法者たちが加わると思うと、ワクワクが止まりません。

 つねにアップデートが施され、進化し続ける『RDO』。今回はひさびさの更新ということもありますし、PC版で『RDO』に初参戦する人のためにも、2019年9月10日のアップデートで追加されたコンテンツ“荒野の職業”についてレクチャーしていきます。

賞金稼ぎ、商人、収集家……“荒野の職業”でより専門的な体験を!

 “荒野の職業”は、その名の通り“賞金稼ぎ”、“商人”、“収集家”という、3つのユニークで専門的な役割を体験できるコンテンツです。

 “賞金稼ぎ”は、各地に潜む危険な悪党を捕まえる職業です。“商人”は、ベンチャー企業を立ち上げて、自分のキャンプを活気溢れる市場にする職業。“収集家”は、広大な大地に隠された貴重で神秘的なお宝を集める、トレジャーハンターのような職業となります。ひとつの職業に集中することも、3つ同時に進行することも可能となっています。

 プレイヤーひとりひとりが、それぞれで異なる役割を持つ職業に就いて生きることで、自分は『RDO』の世界の住人であるとより一層感じられます。このコンテンツで、本作の世界が持つ深みがさらに増しているのは間違いありません。

 これらの職業は後述する通り、誰でもすぐに始められますが、専用のアイテム“賞金稼ぎ免許”、“肉屋のテーブル”、“収集家のバッグ”が必要となります。獲得するにはゲーム内通貨であるゴールド(金の延べ棒大)を15個用意しなければいけません。ミッションや宝の地図でゴールドを入手できますが、なかなか貯まりにくいのも確か。すぐに“荒野の職業”を楽しみたいという方は、PlayStation StoreMicrosoft Storeでゴールドを購入してしまうのが、いちばん手っ取り早いかも。

 ということで、今回は荒野の職業のひとつ、賞金稼ぎに焦点を当てて解説します!

悪党を片っ端から捕まえて大金を稼げ!

 タイトル画面のオンラインメニューから挑戦したい職業を選択すると、それぞれの開始地点からゲームがスタートします。条件さえ整っていれば、誰でも気軽に始められるというわけです。

 ここで“賞金稼ぎ”を選ぶと、自動的にローズへ移動します。まずは、ローズにある手配掲示板の前に行きましょう。

 イベントで、大勢の賞金首を捕まえてきた伝説の賞金稼ぎと遭遇したプレイヤーは、彼の導きもあって自分も賞金稼ぎとして生きる道を選びます。

 賞金稼ぎになるための専用アイテム“賞金稼ぎ免許”は、保安官の執務室や郵便局、鉄道駅のそばにある手配掲示板から取得できるので、必ずチェックしてください。“賞金稼ぎ免許”をゲットすれば、もういっぱしの賞金稼ぎ。手配掲示板で仕事を確認したら、さっそく仕事に取り掛かりましょう。

 手配書には指名手配中の人物の顔や犯した罪が書かれています。殺人や窃盗、放火魔など、その罪状はさまざまですが、どの賞金首にも独自の物語があるところがポイント。単に賞金首を捕まえるだけでなく、しっかりと描かれたそれぞれの背景を楽しめるのも、ディテールにいっさいの妥協を許さない本作ならでは。ヒントになるようなことも手配書には書かれているので、内容はきちんと確認しておくように!

 賞金首の中には、“伝説”と言われる賞金首もいます。寝込みを襲う放火魔、盗賊を率いる女王、数えきれないほどの殺人を犯した凶悪な男など、ほかの指名手配犯よりも残忍な大悪党です。当然、たやすく捕まえられるわけもないので、苦労するようなら仲間と協力して捕まえるのも手です。

伝説の賞金首のひとり、セシル・C・タッカー。20歳という若さながら、サンドニのスラム街を灰塵に帰した凶悪犯。サンドニの北にあるフォートブレナンドに、ろくでなしどもと向かったところを目撃されています。ということは、武器を持った仲間といる!?

 ちなみに、伝説の賞金首は以下の関連記事にあるようにどんどん追加されているので、仲間と協力して立ち向かってみましょう。とにかく危険な相手ではありますが、やはり報酬はおいしいので……!

 今回は初めての賞金稼ぎ仕事ということもあり、ふつう(?)の賞金首を捕まえに行きます。賞金首は、自身が武器を持っているのはもちろん、武装したギャングに守られていることもあって、ほぼ確実に戦闘へ突入します。挑むまえに、弾薬などはあらかじめ補充しておくようにしましょう。

 隠密でこっそり賞金首を捕まえるか、銃撃戦を制して捕まえるかはプレイヤーの選択次第ですが、正面から銃撃戦を仕掛けて、周囲にいる敵を倒した後に捕まえる作戦を取ります。

 銃撃戦が発生しましたが、生きたまま捕えるためにも慎重に立ち回ります。しかし、逃げられそうになったので、やむを得ず倒すことに。倒したと思ったら急に起きて逃げ出したりしたので、かなりあわてましたが……『RDO』では本当に何が起こるかわからない!

 賞金首は基本的に生死不問(Dead or Alive、デッドオアアライブというヤツですね)ではありますが、生きたまま保安官などに引き渡すと受け取れる報酬額が高くなります。できる限り、生きた状態で捕まえたほうがいいので、つぎはアライブに挑戦してみました。

 うまく捕まえることができました。ターゲットが逃げないように行動を見張りつつ、周りにいる武装した集団を先に倒すのが鉄則のようです。捕まえた賞金首を馬の後ろに積んで走っているときは自分が立派な賞金稼ぎになったようで、かなりいい気分。

 賞金首を所定の場所に引き渡せば、お金などの報酬とは別に、賞金稼ぎランクを上げる賞金稼ぎの役割XPがもらえます。賞金稼ぎランクとは、賞金稼ぎとしてのレベルのようなもの。ほかの荒野の職業にも同様のレベルが設定されており、ランクを上げると専用のアイテムやスキルをもらうことができるのです!

賞金稼ぎは、イカしたガンベルトや、強化型投げ縄などがもらえます。どれも賞金稼ぎにはもってこいのアイテムばかり。

 危険な悪党を捕まえるのはリスクがありますが、それに見合う報酬もしっかりと用意されているので、やり応えはかなりのもの。デッドオアアライブを選択するにしても、状況を把握しながら駆け引きを楽しめますし、一歩間違えれば自分が倒されることなど、ざらにあります。ハイリスクハイリターンでスリリングな人生を送りたいなら、賞金稼ぎはオススメの職業です! とっつきやすいですしね。

 今回のプレイでわかったことはふたつ。

・“荒野の職業”はロールプレイを深くするコンテンツ
・スリル満点の危険な人生を送りたいなら“賞金稼ぎ”

 次回は荒野の職業のひとつである収集家となり、世界中のお宝を探してみます!