スパイク・チュンソフトは、2019年10月31日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2 ディフィニティブエディション』について、ターン制の戦術バトルをプレイヤー同士で楽しめる新モード“アリーナ”や、戦闘時に有効な立ち回り・戦術などの情報を公開した。

 また、『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2 ディフィニティブエディション』のゲーム内容を丁寧に解説する動画“キャラクタークリエイト編”&“クエスト編”の2本が公開中。

以下、リリースを引用

『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2 ディフィニティブエディション』戦術バトルをPvPで楽しめる新モード“アリーナ” 戦闘時に有効な立ち回りや戦術を紹介! キャラクタークリエイト&クエストの解説動画を2本同時公開!

 株式会社スパイク・チュンソフトは、2019年10月31日(木)発売予定のPlayStation4/Nintendo Switch向けRPG『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2 ディフィニティブエディション』(以下『ディヴィニティ:OS2』)について、ターン制の戦術バトルをプレイヤー同士で楽しめる新モード「アリーナ」や、戦闘時に有効な立ち回り・戦術に関する情報を公開いたします。

 また、『ディヴィニティ:OS2』のゲーム内容を丁寧に解説する動画「キャラクタークリエイト編」&「クエスト編」の2本を昨日公開いたしました。解説動画は全4本で順次お届けいたします。

戦略性の高いターン制バトルを、PvPで楽しめる新モード“アリーナ”

 戦略性の高いターン制バトルだけをプレイできる新モード「アリーナ」。

 「アリーナ」はオンライン/オフラインに対応し、オンラインでは最大4人でPvPバトルをお楽しみいただけます。

 ゲーム本編とは切り離されたコンテンツとなり、あらかじめ用意されている16人のキャラクターから最大4人を選択して対戦。

 ルールは自由に設定でき、AIキャラクターとも対戦可能なため、バトルの練習としても最適です。

ゲーム本編や“アリーナ”で役に立つ! 戦闘時の立ち回りや戦術について紹介

1.高所からの遠距離攻撃でダメージアップ

 『ディヴィニティ:OS2』では、戦闘時の新要素として地形の高低差を追加。

 高い場所から低い場所の敵を攻撃した場合は、ダメージが上昇します。

 反対に、低い場所からの攻撃はダメージが減少するため、遠距離武器で戦う際は、高い位置を確保することが重要です。

2.状態異常による敵戦力のダウンを

 『ディヴィニティ:OS2』の敵は個々が強いため、状態異常を利用して戦力を削ぐことが重要です。

 複数の敵に囲まれないように、遠距離から「凍結」や「骨折」など行動不能となる状態異常にして、足止めを狙うこともポイント。

 遠距離攻撃を狙う際は、視界内(射線)に敵がいる必要があるため、位置取りには要注意です。

3.環境や地形効果を把握し、効率よく状態異常に

 『ディヴィニティ:OS2』は、水たまり・氷・毒・オイルなど多くの地形が存在し、戦闘時に地形効果をうまく利用することで、効率よく敵を状態異常にできます。

 例えば、オイルがまかれた地形や毒が発生している環境に火をつけて、付近の敵にダメージと炎上効果を与えたり、水たまりに火属性攻撃を組み合わせ、蒸気霧を発生させて炎上状態を除去したり、蒸気霧に雷の魔法を組み合わせて帯電させ、触れたものにダメージと感電効果を与えるなど。

 ほかにも様々な地形効果を発動できる組み合わせがあるため、周辺の環境を把握して様々な可能性を考える楽しみがあります。

4.便利スキル「テレポーテーション」を駆使

 風術のスキル「テレポーテーション」は、プレイヤー以外の人物やオブジェクトを、視界内の別の場所に移動させることが可能。

 例えば、味方を敵陣に送り込んだり、敵を引き寄せたり、オブジェクトを敵の上に落としてダメージを与えたりと、多彩な用途があるスキルです。

 「テレポーテーション」は戦闘時だけではなく、探索やクエスト攻略でも役に立つため、パーティー内で1人は覚えておきたい便利スキルです。

『ディヴィニティ:OS2』解説動画“キャラクタークリエイト”編&“クエスト”編 公開