セガゲームス は、2019年12月12日(木)発売予定のプレイステーション4用ソフト『新サクラ大戦』について、“帝国歌劇団・花組”の公演演目や、帝都のロケーションのゲーム情報第6弾を公開した。

以下、リリースを引用

「帝国歌劇団・花組」の公演演目や、帝都のロケーションを紹介PS4『新サクラ大戦』ゲーム情報第6弾を公開

 株式会社セガゲームスは、2019年12月12日(木)発売予定のPlayStation4用ソフトウェア『新サクラ大戦』につきまして、ゲーム情報第6弾を公開いたしました。

『新サクラ大戦』とは

 『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャーです。

 メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏を起用。

 これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけます。

 そしてストーリー構成には、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウ氏を迎えました。

 セガが総力を挙げてお届けする本作に、ぜひご期待ください。

「帝国歌劇団・花組」公演演目紹介

 「帝国華撃団・花組」は、平時は大帝国劇場で日夜稽古を積み、歌劇団としての公演をおこなっている。

 今回は、劇中で花組が演じているさまざまな公演演目から一部を紹介する。

「ももたろう」

 第一話で上演している作品。

 主演は天宮さくらだが演技は未熟で、舞台装置もボロボロ。

 ゲーム開始直後の花組の状況を象徴するような、ドタバタした公演になってしまっている。

「ダナンの愛」

 クラリスが脚本を手掛けた公演作品。

 アナスタシアの花組加入記念公演として上演され、主演をアナスタシアが、ヒロインを天宮さくらが務める。

 帝劇の大道具係でもある司馬の用意した、舞台装置による演出が特徴的な公演。

帝都・ロケーション紹介

 主人公・神山誠十郎が訪れることになる帝都・東京のロケーションを紹介。

帝劇前

 大帝国劇場前の大通り。日ごろから蒸気自動車や人々が行き交っている。

帝都中央駅

 帝都の交通の要衝となる駅。

 列車だけでなく、飛行船の駅もかねている、帝都の玄関口。

 左手には、「大帝国ホテル」に通じる連絡通路がある。

銀座横丁

 上海華撃団の帝都の拠点「神龍軒」があるエリア。

 路地の奥には、怪しげな占い師の姿も……。

銀座大通り

 銀座のメインストリートである、銀座大通り。

 左手に「カフェ・ジル・ド・レ」、右手には「銀六百貨店」。奥には小さな広場があり、人々でにぎわっている。

カフェ

 銀座大通りにあるカフェ「カフェ・ジル・ド・レ」。

 店内はモダンな雰囲気で、多くの客でにぎわっている。

屋上遊園地

 銀六百貨店の屋上にある屋上遊園地。

 巨大な観覧車がひときわ目を引くスポット。

停留所

 路面電車の停留所があるエリア。

 道路を挟んだ向かい側には、和菓子屋や本屋が立ち並ぶ。

みかづき

 停留所前にある「御菓子処みかづき」。

 本郷ひろみが店員として店番をしている。

歌舞伎座

 帝都銀座にある、日本を代表する歌舞伎劇場。

 さまざまな歌舞伎の演目が上演されており、多くの客でにぎわう。

ミカサ記念公園

 過去の戦いで帝都を守った「空中戦艦ミカサ」を記念して造られた公園。

 海に面した公園で、人々の憩いの場になっている。

『新サクラ大戦』について

 『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャーです。

 メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏を起用。

 これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけます。

 そしてストーリー構成には、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウ氏を迎えました。

 セガが総力を挙げてお届けする本作にぜひご期待ください。

「帝国華撃団・応援組」募集中!

 「帝国華撃団・応援組」は、「サクラ大戦」シリーズの公式応援団です。

 応募フォームよりご登録いただいた方に、2019年12月12日(木)発売予定の『新サクラ大戦』をはじめとした、「サクラ大戦」シリーズの最新情報をメールでお届けいたします。

 さらに『新サクラ大戦』の発売日以降に、「オリジナルPS4用テーマ」がダウンロードできるプロダクトコードをお送りする予定です。

 そのほかにも、最新情報の先行公開など「サクラ大戦」シリーズに関するさまざまな特典を準備しておりますので、ぜひ「帝国華撃団・応援組」へのご登録をお願いいたします。

登録フォームはこちら