『どうぶつの森』の世界がここに!

 2019年10月13日、14日に京都・京都国際会館で開催中の任天堂のゲームイベント“Nintendo Live 2019”。『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』や『スプラトゥーン2』の大会、『ルイージマンション3』などの試遊と合わせて、2020年3月20日に発売されるNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』のフォトスペースなどが用意されている。

 『あつまれ どうぶつの森』のブースは、今回のゲームの特徴でもある無人島に合わせた“「無人島移住パッケージ」説明会”というテーマ。ブースの途中途中で、たぬきちからDIYなどの本作の特徴が説明され、それに合わせた展示が見られるようになっている。

ブース外観。初日のお昼の時点で、『どうぶつの森』ファンが多くの行列を作っていた。
ブースの外には“とたけけ”がいて、写真撮影で人が集まる状況に。
ツアーガイドさんからブースの中を案内される、体験コースのような流れ。
たぬき開発から提供されるという無人島スタートセット。ゲーム内に登場するランタン、スマートフォンなどが展示されている。
スマートフォンの裏側。実際にこのデザインのスマホ出してほしい!
DIYなどを行う作業台。小さいノコギリなどがかわいい!
設計図もしっかり描かれているのがわかる。
手作りできる道具の一部も展示。

 そして、ブースの最後には、本作の世界を現実に再現したようなフォトスペースが用意されているのだが、これがすごい! 『どうぶつの森』シリーズでおなじみの木に加え、地面には何かが埋まっている跡、雑草や花などが再現されており、シリーズファンならその再現度にきっと喜ぶはずだ。ここでは、スコップや虫取り網などを持って、たぬきちといっしょに撮影もできる。

角張ったところのない丸みのある木や道具の再現度!
好きなどうぐを持って、たぬきちといっしょに記念撮影!
ちなみに、スプラトゥーン甲子園出演者でも撮影させていただきました!(左からコーリーさん、青木瑠璃子さん、暴徒さん、筆者)
ツアー終了後にはふくびきに挑戦でき、“たぬき開発”のロゴ入りてぬぐいなどが当たる。

 ゲームの流れの予習に加えて、上記のフォトスペースなど、ファンにはたまらない作りのブース。ゲーム内で何度も使うだろうスマートフォンやDIYの数々などは、『あつまれ どうぶつの森』の発売後&やり込んだ後に見れば、もっと感動するはず! 発売前に体験し、撮影をして、発売後に写真を見返すといいのかもしれない。Nintendo Live 2019は2019年10月14日にも開催されるので、興味がある人は行ってみよう!