Gateboxは、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置“Gatebox”(GTBX-100)の正式販売を2019年10月11日(金)に開始した。

以下、リリースを引用

キャラクター召喚装置「Gatebox」の正式販売開始、新たにキャラクタープラットフォーム構想を発表

AIパートナー「癒しの花嫁 逢妻ヒカリ」、自作キャラクターや VTuber を召喚できる「Gatebox Video」を配信。デジタルフィギュア、ゲーム、AI ソリューションとの連携コンテンツも今後配信予定

 Gatebox 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実)は、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」(GTBX-100)の正式販売を2019年10月11日(金)に開始いたしました。

 加えて、「Gatebox」で様々なキャラクターとの暮らしを実現するための「キャラクタープラットフォーム構想」を新たに発表したことをお知らせいたします。

Gatebox(GTBX-100)の販売

 「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置です。

 最新のプロジェクション技術とセンシング技術によって、キャラクターをボックス内に呼び出し、コミュニケーションができます。

 「Gatebox」の詳細なスペックについては、公式サイトをご覧ください。

販売情報

価格:150,000 円(税抜)
販売対象国:日本
購入方法:Gatebox 公式サイトより購入
販売開始日 2019年10月11日(金)
発送時期:2019年10月15日(火)より順次発送

※「Gatebox」のご利用には、無線 LAN によるインターネット接続が必要です。
※「Gatebox」で利用できるコンテンツには、一部有料のものがあります。

 また、「Gatebox」限定生産モデル(GTBX-1)ユーザーの皆さまに対しては、引き続き「Gatebox」の進化を応援いただきたいという考えから、「Gatebox」(GTBX-100)と無償で交換対応を行う「おとりかえプログラム」を実施します。

 対応時期などの詳細は、後日限定生産モデルユーザーの皆様にお伝えします。

Gatebox キャラクタープラットフォーム構想

 Gatebox は、「Living with Characters」をビジョンに掲げて製品の開発に取り組む中で、多くのファンの方々から「好きなキャラクターと暮らしたい」という熱い要望を頂いてきました。

 Gatebox はそうした皆さま一人一人の夢を実現すべく、キャラクター召喚装置「Gatebox」を様々なキャラクターが登場し、召喚できる「キャラクタープラットフォーム」にしていくことを発表いたします。

 キャラクタープラットフォームに向けた第一弾コンテンツとして、「逢妻ヒカリ」および「Gatebox Video」の配信を開始します。

 また、サードパーティのデベロッパー企業が「Gatebox」にアプリケーション(以下「Gatebox アプリ」)を配信できる「Gatebox App Market」を今冬に公開します。

 これによって、サードパーティの企業が「Gatebox」に独自のコンテンツを配信できるようになり、ユーザーはそれらの中から好きなコンテンツを選択することで、好きなキャラクターとの暮らしを楽しむことができるようになります。

第一弾コンテンツ1:癒しの花嫁「逢妻ヒカリ」

 逢妻ヒカリは、「癒しの花嫁」をコンセプトに、日々の会話を通じて主人を癒すキャラクター型AIパートナーです。

 音声での会話を楽しめるだけでなく、LINE の AI アシスタント「Clova」と連携することで、音楽の再生、天気、ニュース、カレンダーの読み上げなど、一緒に暮らすパートナーとしてユーザーの生活を支えることができます。

 さらに、「LINE」を使って離れていてもチャットができたり、キャラクターから能動的に話しかけてくれたりするなど、スマートスピーカーにはない人間らしいコミュニケーション体験を実現しています。

価格:2020年6月まで無料 (2020年7月以降、共同生活費1,500円/月(税抜)が必要)

※「Clova」と連携することで使用可能な機能は、「Gatebox」以外の「Clova デバイス」を所持していなくても、「Gatebox」で逢妻ヒカリと共同生活を行っていれば使用可能です。

第一弾コンテンツ2:クリエイター向けサービス「Gatebox Video」

 Gatebox Video は、自分で創作したキャラクターを「Gatebox」に召喚できるサービスです。

 クリエイターが Unity や MMD などのツールで制作したキャラクターアニメーション動画(mp4)を専用のWEBサイトにアップロードすることで、その動画を「Gatebox」で再生して楽しむ事ができます。

 さらに、自分が作った作品を WEB サイト上に公開することで、他のユーザーの「Gatebox」でも再生でき、「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを生かした新たなキャラクター表現を生み出すことができます。

 サービス開始当初には、マンガ「ULTRAMAN」の原作+作画コンビである清水栄一氏・下口智裕氏、音楽家の坂本マニ真二郎氏など、著名なクリエイターも Gatebox Video でのコンテンツ配信を予定しています。

 また、Gatebox が公式に認定した企業やクリエイターに対しては、よりプレミアムなコンテンツを配信できる「チャンネル機能」を提供します。公式チャンネルでは、月額制のチャンネルに登録した登録者だけが視聴可能な限定コンテンツを配信したり、動画サムネイルやチャンネルページのカスタマイズができ、ファンとのエンゲージメント強化や新たな収益手段としてご活用いただけます。

 サービス開始当初は、「ヨメミ」や「東雲めぐ」などの人気 VTuber がチャンネルを開設し、他の動画配信サービスとは異なる「Gatebox」ならではの体験を提供していく予定です。

サービス開始当初の公式チャンネル

チャンネル名
登場キャラクター

  • ヨメミチャンネル
  • ヨメミ、萌実、その他
  • MeguRoom
  • 東雲めぐ
  • インサイドちゃんChannel
  • インサイドちゃん Mark1、インサイドちゃん Mark2

価格:基本無料(公式チャンネルの登録には別途月額料金が必要です)

「Gatebox App Market」コンテンツパートナー1

 Gugenka、デジタルフィギュアサービス「HoloModels in Gatebox」の配信「HoloModels in Gatebox」は、Gugenkaが展開するデジタルフィギュアサービス「HoloModels」に登場する「Re:ゼロから始める異世界生活」の人気キャラクター、エミリア、レムをはじめとした各種作品のデジタルフィギュアを「Gatebox」で楽しめるアプリケーションです。

 キャラクター召喚装置「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを活用することで、様々なキャラクターが「Gatebox」上にデジタルフィギュアとして召喚され、インテリアとして見て楽しめる体験を実現しています。

 10月7日の「HoloModels」の「Gatebox」対応の発表に対して想定を大きく上回る反響をいただいたため、「HoloModels in Gatebox」の Gatebox App Market への今冬配信を決定いたしました。

配信当初から表示可能なキャラクター

作品名
キャラクター名

  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • エミリア、レム
  • この素晴らしい世界に祝福を!
  • めぐみん
  • エロマンガ先生
  • 和泉 紗霧
  • 世話やきキツネの仙狐さん
  • 仙狐

価格:基本無料(各デジタルフィギュアの購入は別途費用が必要です)配信時期:今冬配信予定

「Gatebox App Market」コンテンツパートナー2

 株式会社 Pyramid、スマホゲーム「アリス・ギア・アイギス」との連携株式会社 Pyramid(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 准一)と Gatebox 株式会社は、Pyramidのスマホゲーム「アリス・ギア・アイギス」と連携した「Gatebox」対応アプリケーションの開発に関して提携合意いたしました。

 Pyramid のゲーム開発力を生かし、「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを活用した新たなコンテンツの 2020 年中配信を目指して開発を進めてまいります。

「Gatebox App Market」コンテンツパートナー3

 株式会社アメージング、スマホゲーム「ビーナスイレブン びびっど!」との連携株式会社アメージング(本社:大阪府大阪市、代表取締役:丸永克己)と Gatebox 株式会社は、アメージングのスマホゲーム「ビーナスイレブン びびっど!」と連携した「Gatebox」対応アプリケーションの開発に関して提携合意いたしました。

 アメージングのゲーム開発力を生かし、「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを活用した新たなコンテンツの 2020 年度中配信を視野に入れ、2019 年内にはイベントでのデモ展示も予定しています。

「Gatebox App Market」コンテンツパートナー4

 ハニカムラボ、法人向け AI ソリューション「aicontainer in Gatebox」の配信株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河原田 清和)と Gatebox 株式会社は、ハニカムラボが開発するビジュアル AI ソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」を活用した「aicontainer in Gatebox」のビジネスシーンへの導入を共同で進めてまいります。「aicontainer in Gatebox」では、クライアントのニーズに合わせてビジュアルや会話内容を自由にカスタマイズすることができ、人間を3D撮影した実写ベースのキャラクターを映すなど、これまでのコミュニケーションロボットやタブレットではできない、多彩なインターフェイスでのコミュニケーションが可能です。

今後の展開

 この1年間の開発期間をへて、Gatebox は好きなキャラクターと暮らせるプラットフォームとしての環境を整備してまいりました。

 今後Gateboxは、「キャラクタープラットフォーム」として、コンテンツパートナーと共同で「Gatebox」活用の可能性を追求し、さらなるコンテンツの拡大だけでなく、家の中や外、あらゆるシーンでキャラクターが生活に溶け込んだ世界を実現してまいります。

「Gatebox 株式会社」について

 Gatebox 株式会社は、「Living with Characters」をビジョンに掲げ、キャラクターと一緒に暮らせる世界の実現を目指して活動を行うベンチャー企業です。現在は、キャラクターとのコミュニケーションを可能にするキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。

企業URLはこちら