2019年10月3日、宗田理の小説『ぼくらの七日間戦争』を原作としたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』本予告映像、ポスタービジュアルが解禁された。

 予告では北村匠海や芳根京子、宮沢りえら豪華出演陣による演技も公開されている。

 2019年12月13日(金)より全国公開。

以下、リリースを引用

『ぼくらの7日間戦争』W主演【北村匠海&芳根京子】×宮沢りえ実写版の感動が蘇る!! 新たな“戦争”が始まる本予告解禁! 

主題歌を新進気鋭のシンガーソングライターSano ibukiに決定!

 1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、累計発行部数は2,000万部を突破。

 宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない名作をついにアニメ映画化! 『ぼくらの七日間戦争』を原作としたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」は、12月13日(金)より全国公開。

 宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。

 日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴を持つ北村匠海と芳根京子の日本を代表する若手実力派俳優二人が夢の初共演でW主演。

 さらに1988年に公開された実写版『ぼくらの七日間戦争』で女優デビュー&初主演を飾った宮沢りえが、“2020年の中山ひとみ”役として登場することも明らかとなっており、すでに大きな注目を集めている本作。

そしてこの度、ついに豪華キャスト陣の声が入った本予告・本ポスタービジュアルが解禁!

 この度解禁となる本予告では、高校生の守が「逃げましょう......大人に見つからない場所に!」と、親の都合で強引に引っ越しが決まった綾に逃避行を提案したことから始まる7日間のバースデー・キャンプが、大人たちを巻き込む“戦争”に発展していく様子が描かれる。

 古い廃工場に集まった6人の子どもたちが協力し、工場にあるものを武器に大人たちに大胆に立ち向かう姿は31年前の実写映画『ぼくらの七日間戦争』を彷彿とさせ、現代版にアップデートされた本作で子どもたちがどんな戦いを繰り広げてくれるのか期待が高まる映像だ!

 さらに、かつての”七日間戦争”を知り、「大事なのは結果じゃなくてチャレンジすることよ」と子どもたちへエールを送る、宮沢りえ演じる中山ひとみの姿と声も初お披露目!大人になったひとみが、新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとどんな交流を持つのか?!

 彼女と少年少女たちの繋がりとは?!

 本ビジュアルには、舞台となる廃工場で武器を手に前を向く子どもたちと、「自分らしく生きると決めた。」という力強い決意を感じるキャッチコピーが描かれており、まさに大人たちへの戦いの始まりを予感させるビジュアルに仕上がっている。

 そして、子どもたちの奥には宮沢りえ演じる中山ひとみの姿も……!

 ムビチケも10月4日(金)より発売が決定し、上映劇場リストも発表。

 詳しくは映画公式HPにて情報掲載中!この冬彼らの新たな戦いから目が離せない!

 そして、本作の主題歌を「時代を魅了する声」と称され、一聴した者を虜にするその歌声と作家性の高い楽曲が口コミで話題となった新進気鋭のシンガーソングライターSano ibuki が担当することに決定!監督とアニメ表現を何度も話しあい、映画を彩る「決戦前夜」(本予告使用楽曲)、「おまじない」、「スピリット」の3曲の主題歌を書き下ろした。

 大人たちに戦いを挑む子どもたちを奮い起こすような、疾走感あふれるアップテンポな曲調と爽やかな歌声が本作を盛り上げる!

 第1作の刊行から34年、初映像化から31年、日本を代表する青春エンターテインメントの金字塔として愛されてきた原作が、ついにアニメーション映画作品で生まれ変わる本作、ぜひご注目ください!

映画『ぼくらの7日間戦争』本予告・本ポスター・主題歌解禁 概要

  • キャスト:北村匠海 芳根京子/宮沢りえ(特別出演)/潘めぐみ 鈴木達央 大塚剛央 道井悠 小市眞琴 櫻井孝宏
  • 原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA 刊)
  • 監督:村野佑太
  • 脚本:大河内一楼
  • 制作:亜細亜堂
  • 配給:ギャガ KADOKAWA
  • 製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会

ストーリー

 いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。

 片思いの相手は、お隣に住む幼馴染の千代野綾。

 しかし綾は、一週間後に議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。

「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」。

 やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。「逃げましょう……っ!」。

 綾の親友・山咲香織をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、特別な夏の始まりには違いなかった。

 もはや観光施設にも使われていない古い石炭工場を秘密基地に、ただ7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプ。それは、少年たちの精一杯の反抗。

 だがその夜、工場に潜んでいたタイ人の子供・マレットと出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ向かう。

 不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていた所を間一髪助けると、はぐれた家族を探しているのだと、守たちに打ち明けた――。

 2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りにハンマーを振りかぶり工場へ突入してきた。

 守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する!

本予告見どころポイント

1.【超豪華】若手実力派俳優の初共演:北村匠海&芳根京子ד7日間戦争”カムバック:宮沢りえ!

 学校では目立たない歴史マニアの守を、『君の膵臓をたべたい』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海。

 守が片思いしている本作のヒロイン綾には、2018年には『累 -かさね-』と、『散り椿』での演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した芳根京子。

 実力派人気若手俳優の奇跡の初共演に加え、女優デビュー&初主演作品の『ぼくらの七日間戦争』で演じた中山ひとみの約30年後を宮沢りえが務める。

 他にも、主人公の仲間たちには、潘めぐみ、鈴木達央、櫻井孝宏などアニメーション界の今を支える実力派声優が名を連ねる超豪華なキャスト陣に注目!

2.【子どもvs大人】31年前の実写映画『ぼくらの七日間戦争』を彷彿とさせる大胆なアクションシーン!

 仲間と協力して廃工場にあるトロッコや機材を使い、大人たちに大胆な攻撃を仕掛ける子どもたちの姿は、まるで31年前の実写映画のよう!そして現代版にアップデートされた本作には、スマホなどのツールも登場。

 一体どんな方法で大人たちをやっつけてくれるのか?!観客を爽快にさせる戦いっぷりに期待が固まる!

3.【書き下ろし】疾走感あふれるSano ibukiの主題歌!

 実写映画の主題歌となったTM NETWORKが歌う「SEVEN DAYS WAR」は、ファンの記憶に強く残るメロディーラインで一世を風靡したが、新時代の『ぼくらの7日間戦争』を彩るべく起用されたのは新進気鋭のシンガーソングライターSano ibuki。

 本予告で使用されている書き下ろし楽曲「決戦前夜」は、これから大人たちに戦いを挑む子どもたちを奮起させるような楽曲に仕上がっている!

主題歌情報

Sano ibuki

<プロフィール>

 2017年本格的なライブ活動を開始。‘18年7月、初の全国流通版『EMBLEM』を発売。

 ’19年11月、約2年の構想を経て、自身が紡ぎ上げた空想の物語の主題歌たちを収録したデビューアルバム『STORY TELLER』をEMI Recordsより発売。

 デビュー記念フリーライブを11月8日@渋谷 WWW にて開催予定。

 12月に映画『ぼくらの7日間戦争』主題歌となる1stシングル「決戦前夜/おまじない/スピリット」をリリース予定。

★主題歌「決戦前夜」作詞/作曲:Sano ibuki

※この度解禁となるのは、「決戦前夜」の一部のみとなります。

★主題歌「おまじない」作詞/作曲:Sano ibuki
★主題歌「スピリット」作詞/作曲:Sano ibuki

『決戦前夜』歌詞

※映像解禁している箇所のみの歌詞となります。

晴れた空の青さすら もう
雲に隠れた雨の行方も
誰も知らないままに消えていく
あの光を追いかけていた
どんなに寂しくても泣かないように
心が騒いでも笑えるように
呼吸のように過ぎ去る日々だから
抱きしめて 今
この決戦の地に僕は立っている

<Sano ibukiコメント>

 初めて「ぼくらの七日間戦争」に触れたのは、10代にもなっていない頃だと思います。

 自分にはない強さを持っている主人公達に圧倒され、そして憧れを抱いたことを憶えています。

 そんな作品の主題歌を担当させて頂けるということはなんとも不思議な感覚で、感慨深いです。

 原作とは違う時代、場所、人ではありますが、村野監督の原作にも劣らない信念を持ったこの作品の、強く眩しく、そして儚い様を音楽として形にできないか模索した末にこの曲達が出来ました。

 主人公達の7日間の闘いと共にお楽しみいただければ幸いです。

<主題歌起用 監督コメント>

初めてSano ibukiさんの音楽に触れた時、疾走感のある音楽と、魂そのものでもがいているような歌詞で綴られた世界観にすっかり魅了されてしまいました。

 優しく力強い声と、愛しさに溢れているのにどこか荒廃を纏って映る曲のビジョンは、大人への成長の中で揺れる若者の脆さと美しさに溢れているように思えます。

 『7日間戦争』という古典名作の中から響くibukiさんの新しい世界が、多くの人の心に届く事を願っています。

<原作「ぼくら」シリーズ>

 宗田理が、時代の空気を読み解き、そのときどきの社会背景を下地に、爽快な作戦やいたずらで“悪い大人”に一矢報いる子どもたちを描く“ぼくら”シリーズは、既刊40巻以上、累計発行部数2000万部以上を記録(2019年8月現在)。

 長年にわたり主人公の菊地英治たちの中学から高校、青年時代を描き続けてきた。

 2018年には「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」で、あまたの新作タイトルの中で、唯一のロングセラー小説として第8位に選出され、世代を越えて愛される傑作として確固たる地位を示した。

 新作を期待する読者の声に応え、91歳を迎えてなお、“ぼくら”シリーズの新作を執筆している。

 シリーズに『ぼくらの天使ゲーム』『ぼくらの大冒険』(角川文庫、角川つばさ文庫)など多数。