セガゲームスは2019年8月29日13時より、東京・秋葉のUDXシアターにて『龍が如く最新作(仮称)』の最新情報に関する記者発表会を開催。同作は、プレイステーション4向けの『龍が如く』シリーズ最新作となることがすでに明かされており、シリーズ15周年の節目となるタイトルだ。

 記者発表会には、総合監督・名越稔洋氏(セガゲームス・取締役CPO)、シリーズチーフプロ デューサー・横山昌義氏が登壇。『龍が如く最新作(仮称)』の発売日、価格、舞台となる街、ゲームシステム、出演俳優陣を一挙に公開予定とのこと。

 本記事では、記者発表会の進行に合わせて、発表された最新情報を随時お届けしていく。

最新作に関する映像が公開! 最新作のタイトルは『龍が如く7』に

 冒頭に公開されたのは、最新作に関する映像。組の都合を受けて収監された春日一番が18年後に出所。横浜を舞台に、成りあがっていく展開が紹介された。映像の最後には『龍が如く7』のロゴが。

 ちなみに、登壇した名越稔洋氏は本作の主人公・春日一番について『ドラゴンクエスト』好きであることを説明。堀井雄二氏の許可を得て、ゲーム中に『ドラクエ』という文言を使うことにしたとのこと。

俳優キャストには中井貴一氏、堤真一氏、安田顕氏を起用!

 映像に続いてはチーフプロデューサーの横山昌義氏が登壇。春日一番の物語について、「『龍が如く6』のあとの続編。物語の序盤は、春日一番の半生が描かれる。2000年12月31日に起こった出来事を描く」とした。出所後は信用していた荒川組の組長・荒川真澄に「死んでくれ」と告げられる春日。なぜそんなことになったのかを描かれつつ、横浜を舞台に物語が展開。仲間たちとともに成長していく物語だという。

 春日の恩人ともいえる人物、荒川真澄役には、俳優の中井貴一氏を起用。荒川組のナンバー2には沢城丈役には堤真一氏を起用するとのこと。さらに、横浜で春日が出会い、物語のキーパーソンとして関わる人物としてナンバを紹介。ナンバは安田顕氏が演じる。

『龍が如く7』、バトルはRPG的なコマンド入力式に

 さらに横山氏は本作のバトルについて言及。春日のキャラクター性を考えたときに、従来のアクションではなく、コマンドRPGへの変更を決めたとのこと。実際のゲーム映像も公開されたが、映像には「攻撃」「防御」「極技」といったコマンドを選択する画面が表示。敵味方が複数入り乱れてのバトルとなっていた。

 ゲーム中にはハローワークのような施設があり、職業を変更可能。たとえば警備員は戦士的な役割を果たすなど、いわゆるRPG的な職業が現代の仕事とリンクした作りになっているようだ。

 ちなみに、舞台となる横浜の街は神室町の3倍以上の広さ。過去最大級のボリュームの遊びが収録されるとのこと。

発売日は2020年1月16日に決定!

 なお、ソフトの発売日は2020年1月16日。日本、アジアのほか、北米、欧州での発売も予定しているとのこと。東京ゲームショウのセガブースでの試遊出展が予定されているそうなので、気になる方は会場に足を運んでみよう。