2019年8月3日~4日の2日間、千葉・幕張メッセにて開催された『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の4周年記念リアルイベント“FGO Fes. 2019~カルデアパーク~”。本稿は、会場のグランドキャッスルステージにて行われた“FGO カルデア・ラジオ局 Plus Fes出張版 Day2”の模様をお届けする。

 本ステージでパーソナリティを務めるのは、マスターおなじみの田中美海さん(ニトクリス役など)と大久保瑠美さん(エリザベート・バートリー役など)のお2人。さらに、ゲストとして佐藤聡美さん(ミドラーシュのキャスター役)も登壇。オープニングトークでは、ミドラーシュのキャスターを代表するセリフ“オッケードルポンド”や“お目が高~い♪”を披露し、この日最初のステージながら多くの観客による熱い歓声が響いた。

 なお、本家である“FGO カルデア・ラジオ局 Plus”は、文化放送にて放送中の『FGO』公式ラジオ。パーソナリティの田中さんや大久保さん、高橋李依さん(マシュ・キリエライト役)がゲームの楽しさ・おもしろさをかなりのハイテンションでお伝えしていく人気番組だ。

佐藤聡美さんが『FGO』にハマったきっかけはイスカンダル!?

 ステージ前半は、『FGO』関係のイベントに初参加となる佐藤さん中心のトークが展開。佐藤さんは、もともと『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の桂 美々役として『Fate』作品に携わっていたものの、シリーズ自体には詳しくなかったそうだ。

 しかし、ある日テレビで別シリーズ作品のイリヤが窮地に立たされている姿を見て泣いてしまい、ほかのシリーズ作品も知っておかなければと思い立ったとのこと。その後、さまざまな過去作品を見て回った結果、『Fate/Zero』に大ハマリ。イスカンダルの侠気に胸を打たれていたところ、そのタイミングと『FGO』のイスカンダルピックアップが重なったことで、見事に『FGO』沼に堕ちることに。

 それから、あれよあれよという間にミドラーシュのキャスター役のオーディションを受けることになり、晴れて出演側に回れたというエピソードを語ってくれた。ちなみに現在はガウェイン推しで、最近では『FGO』のストーリーで見たナポレオンにも心惹かれているそうだ。

佐藤聡美さんのお気に入りサーヴァントを集めたパーティー編成が公開。

 ステージでは佐藤さんが普段使っているパーティー編成も紹介された。コンセプトは、“好きなサーヴァントで殴りに行く”というもの。

 佐藤さんは、レベル上げ用の種火を稼ぐのが得意ではないそうで、田中さんや大久保さんに種火集めのコツを尋ねる場面も。

 そこは、さすがベテランプレイヤーのお2人だけあって、“周回ではアーラシュで疑似オーダーチェンジを利用する”、“ボックスガチャで貯めまくって、必要な時まで霊基保管室に保管する”、“大成功・極大成功確率アップキャンペーンを活用する”など、的確なアドバイスを送っていた。

初参戦なのに佐藤さんが自由すぎる“勝手にランキング”のコーナー!

 続く企画は、ラジオの定番コーナーである“Fate/Grand Ranking”。これは、“『FGO』内のさまざまなランキングを出演者やリスナーで好き勝手に作ってしまおう”というもの。今回は、その特別編として、出演者が妄想のもと、テーマごとに独断で1位を決めることに。

<お題1>一緒にこのフェスを回りたいサーヴァント1位は?

 田中さんは、ルルハワアイランドの特別描き下ろしイラストを見た瞬間、ワルキューレたちと会場を回ってみたいと思ったそう。フェス1日目に会場を堪能したので、どこにでも案内できると胸を張っていた。

 佐藤さんは、やはり推しのガウェインと回答し、彼の水着の丈が短いことについて大興奮でトークを展開。大久保さんは、ギルガメッシュを遠巻きに覗いて、ハロウィン★タウンのエリザベートのところで“キャストオフ”するところを見たいと熱く語っていた。ちなみに、“キャストオフ”とは、『Fate/EXTRA CCC』のイベントでギルガメッシュが全裸になるシーンを揶揄している。

<お題2>このサーヴァントが売り子だったら、絶対散財しちゃう1位は?

 このお題に、田中さんと大久保さんはミドラーシュのキャスターと回答。気づいたらサイフの中がカラッポになっていそうと語り、それに対して佐藤さんがミドラーシュのキャスターのセリフで返す場面も。

 一方、佐藤さんはまたもやガウェインをチョイス。それに対して、大久保さんから騎士が女性に対してそんなに大金を払わせるかという疑問が飛び出すも、田中さんから彼は借金取りサーヴァントだからとツッコミが入っていた。ちなみに、この借金取りネタも『Fate/EXTRA CCC』のイベントの1つ。

<お題3>汗が似合うサーヴァント1位は?

 このお題に対しても、佐藤さんはガウェインの滝のような汗でも弾けるような汗でも、どんな汗でもいいと熱弁。それを受けて、大久保さんからお金を払って●められるなら●めてみたいと爆弾発言が飛び出し、田中さんもクー・フーリンの汗を●●●してみたいと便乗するカオスな状況に。(※●は編集部側で意図的に伏字にしたもの)

 また、大久保さんは褐色の肌に滴る汗が好きとのことで、ミドラーシュのキャスターや不夜城のキャスターの谷間に流れる汗も推していた。

<お題4>テーマパークの待ち時間に横にいてくれたらうれしいサーヴァントは?

 やはりというか、ここでも佐藤さんはガウェイン推し。かき氷やフランクフルトを買ってきて食べている姿を見ていたいといった内容を、うっとりしながら答えていた。

 食事シーンといえばと田中さんが続き、岡田以蔵をチョイス。護衛という名目で隣にいてもらって、チュロスやポップコーンを食べさせたいそう。大久保さんはにぎやかな人がいいと悩んでいたが、田中さんとのかけあいのなかでネロ〔ブライド〕を舐め回すように見たいと結論づけていた。

 ここで時間となり、以降のステージのスケジュールを発表してステージは終了。エンドトークでは、佐藤さんに“ガウェインのヤバイやつ”という称号を与えられ、困惑しながらもうれしそうな彼女を尻目に幕引きとなった。