中国の開発スタジオ电魂は、プレイステーション4用ソフト『Genesis』を2019年8月中旬ごろにリリースすることを発表した。また、本日(2019年8月6日)より、事前予約も開始された。本作は、SF戦争を舞台にしたMOBAタイトル。MOBAの操作を「家庭用ゲーム機プレイヤーの操作習慣に応じて、さまざまな改良が施されている」のが特徴だ。

以下、リリースを引用

家庭用ゲーム機向けてのMOBAゲーム『Genesis』が発売予約スタート!斬新な体験

 中国ゲーム開発チーム「电魂」は、プレイステーション4用ソフト『Genesis』を2019年8月中旬頃に発売すると発表した。また、本日(8月6日)より、公式サイトの事前予約も開始された。どうぞご期待ください。

SF戦争 壮大な物語を楽しみ

 世界観とシナリオをより立体的に表示するために、「Genesis」にエピソードモードも追加されました。エピソードモードでは、プレイヤーは自由にシングルまたはチームで組み合わせてプレイことができます。そしてSF世界で素晴らしい物語を体験できるだけでなく、大迫力なボス戦と豊富な戦利品も全部登場します。

 レベルにより難易度も異なり、高難易度なエピソードをクリアするためには、プレイヤーはもっと洗練な操作が必要としますが、 もちろん、もっと高価値の報酬もあげています。

ハンドル機能を再生 スムーズなMOBA操作

 家庭用ゲーム機のMOBAゲームでは、PCの複雑な操作をハンドルの各ボタン機能に応じて実現するのは一番難しいなことですが、「Genesis」はハンドルの特性を十分に活用して、種類の操作は唯一のボタンフローを設定されて、キャラクターの移動、スキルの使用、家庭用ゲーム機プレイヤーの操作習慣に応じて、様々な改良が施されている。

 たとえば、従来のゲームでは視野を調整するために使用されていた右側のジョイスティック、「Genesis」はスキルリリースの範囲と方向を制御するために使用されていました。ハンドルの操作に慣れているプレイヤーにとって、この操作方法は伝統的なマウスポインタよりも制御が簡単です。

便利なデザイン 操作も簡単になる

 「Genesis」のハンドルの操作は伝統的なマウスやキーボード操作モードと違いますが、プレイヤー達ができるだけ早く適応ように、ターゲットのインテリジェントの選択、装備品の予約、クイックインストラクションなど、ゲームで様々な便利なデザインを設定しました。

 例えば、主人公の攻撃やスキルの範囲内に複数の目標がある場合、システムは距離感、敵単位の重要性、残りのHPに基づいて優先攻撃の目標を判断できて、プレイヤー達へ操作効率を向上させようになります。 もちろん、「Genesis」の操作ルールを知っている場合は、完全に手動で操作することを選択できるです。

インタラクティブ体験により、面白く

 「Genesis」が伝統的なMOBAゲームとの最大の違いというと、それは迫力あるのパフォーマンスを含めて、一人でもPVEモードもある。

 さらに、プレーヤーのリアル体験を高めるために、制作チームはエピソードモードの操作上の細部までも強化し、ボタンQTEなどのインタラクティブな操作に加えし、プレーヤーをユニークな対決体験もできます。

初回購入特典つき公式サイトで予約受付スタート

 今回の「Genesis」が事前予約を始まして、公式サイトで予約を登録して、ヒーロー体験カードと200星コインを手に入れる!

Genesis

 「Genesis」、Unreal Engine 4で次世代家庭用ゲーム機向けての全く斬新なゲーム体験をあげように、開発されたMOBAゲームです。

 5v5のオンライン対戦、エピソードモード、ハンドルためにスムーズな操作体験、様々な個性を持つ英雄と壮大な物語を付け加えて、新しい遊び方をトライ、新しい体験をつくり、新しく技術を進化させ、ゲームとしての特別な可能性をさがしてきし、家庭用ゲーム機プレーヤーが革新的なMOBAゲームが体験できるだろう。

公式サイトはこちら
公式Twitterはこちら