2019年7月2日、『シェンムーIII』の公式サイトが更新され、達成したストレッチゴールと最終的な実装状況について詳しく公開されたほか、PC版の提供形態がEpic Games Storeでの独占配信となった経緯について明らかにされた。

開発予算が増えて企画を見直し。ゲーム内容がパワーアップしていた!

 公式サイトでは、“ストレッチゴールを達成していて実現できなかったこと、内容に変更があったこと、逆に達成していなかったが実現できたこと”があるとし、さらに、“開発中盤で販売パートナーが決まり、開発予算も情報修正”されたことを明かした。

 その予算を最大限にクオリティーに反映させるため、企画の抜本的な見直しを行い、多くの部分で当初の企画よりもパワーアップが可能となったとしている。

ストレッチゴールに掲載されていたすべての要素

実装できなかった要素

  • “キャラクターパースペクティブ”システム

※ゲーム中に操作キャラクターが交代されるシステムが実装見込みだった。

実装内容に変更があった要素

  • “スキルツリー”システム
    (“技書システム”に変更された)
  • “白沙”エリア
    (“対岸の古城”エリアに変更となり、“ミニゲーム”、“潜入イベント”、“探索”、“バトルイベント”は古城エリアに実装される)

ストレッチゴールで未達成だが実装できた要素

  • 下記の表を参照(“鳥舞エリアの拡大とミニゲーム4種類”など7つについて記載がある)

ストレッチゴールに掲載されていないが強化できた要素

  • ストーリーの強化
     『シェンムーII』の翌日から始まる『シェンムーIII』。シネマティックシーンや懐かしい回想シーンがゲーム中に散りばめられ、初めて『シェンムー』シリーズを遊ぶ人にも理解できるように。
  • オープンワールドのスケールアップ
     当初、桂林は“白鹿村”、“鳥舞”、“白沙”の3エリアの予定だったが、白沙が“対岸の古城”エリアとなり、鳥舞を大幅なスケールアップすることに。

 これにより、実質的に『シェンムーII』以上のスケールを実現し、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)や配置物も当初の想定の数倍に増えているという。

  • バトルシステムの強化
     “技書システム”や“道場システム”が追加され、試合や鍛錬がいつでもプレイできるようになり、やりこみ度の高い遊びが可能に。バトルの難易度がゲーム中で切り替えられるように。
  • ゲームサイクルの強化
     前作まではそれぞれ独立していたストーリー進行や技の習得、鍛錬、ミニゲームやアルバイトなどの要素が、ひとつのゲームサイクルとして関連付けられている。

リワードとしてSteam版を要望していたバッカー(出資者)への対応方針も

 また、PC版『シェンムーIII』がEpic Games Store独占配信になったことの経緯と、出資の報酬としてSteam版を希望していた人への対応方針も明らかにされている。

 経緯については、本作のパブリッシャーであるDeep Silverとの販売戦略の協議によって決定されたとしている。

 さらに、以下の提供バージョンと、1年後のSteamキー配布、また、返金を含めた対応についても提案された。

  1. PC版 ディスク+Epic Key
  2. PC版 Epic Key
  3. PS4版 ディスク
  4. PS4版 PSN Voucher Code

 Steam版を希望していた人も、PS4版に変更したり、逆にPS4版を希望していた人もPC版に変更することも可能になるとのこと。また、PC版(Epic Games Store)を選択した人の中で、希望者には1年後のSteam版配信時にSteamキーを配布されるという。

 それらの対応に納得できない場合は、返金(REFUND)も行うとのことだが、いずれにしろ、現在は受付のためのシステム準備中で、準備が整い次第、周知するとのことだ。詳しくは公式サイトでご確認いただきたい。

 ちなみに、公式サイトの更新後に行われたEpic GamesのCEOであるTim Sweeny氏のツイートによると、返金費用はすべてEpic Gamesが負担するので、払い戻しがYs Netの開発資金を削減することはないのだという。

「『シェンムーIII』は確実にいい方向に変貌を遂げたと確信しています」

 最後に、“鈴木裕からのメッセージ”として

「現在、プロジェクトチームは、ゲームの発売に向けて仕上げの作業に集中しております。

 お約束した発売日に少しでもいいゲームをお届けできるようにがんばっております。

 このたびの大幅な企画変更にともない、当初の想定から変更された部分も多々ございますが、全体を通してゲームは強化され、『シェンムーIII』は確実にいい方向に変貌を遂げたと確信しています」

 との言葉が紹介されている。

 2019年11月19日の発売を楽しみに待とう。