週刊ファミ通2019年7月4日号(2019年6月20日発売)の目玉は、巻頭特集の“スクウェア・エニックス新作情報”。2019年6月11日~13日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019に試遊台が出展され、大きな話題となった『ファイナルファンタジーVII リメイク』の最新情報を総括しているほか、ディレクター・野村哲也氏のインタビューも掲載。また、『ファイナルファンタジーVIII リマスタード』を始め、『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』、『鬼ノ哭ク邦』といった、スクウェア・エニックスの最新タイトルをまとめて紹介しています!

 もうひとつの目玉が、7月2日に発売予定の『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』大特集。拡張パッケージの見どころを紹介するほか、吉田直樹プロデューサー兼ディレクター、ゴールデンボンバー・喜矢武豊さんへのインタビュー、さらに『光のお父さん』原作者・マーディーさんとのコラボレーション記事など、読み応え抜群の企画がてんこ盛り!

 プレイステーション4版の発売が2019年9月6日に予定されているハンティングアクション『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、16ページの特集記事をお届け! 新たに登場することが判明したモンスターの紹介に加え、ストーリーや前線拠点セリエナの詳細を解説。新アクションや全14武器種の追加・変更点なども掲載しています。E3 2019で発表された内容をまとめてリポートする報道特集“E3 2019速報”、2100万ダウンロードを突破した人気デジタルカードゲーム『シャドウバース』の3周年記念特集もお見逃しなく!

 新作スクープでは、『テイルズ オブ』シリーズ最新作『Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ)』(2020年発売予定)を富澤祐介プロデューサーのインタビューとともに掲載しているほか、『CONTRA ROGUE CORPS(魂斗羅 ローグ コープス)』、『バイオハザード5』(Nintendo Switch版)、『バイオハザード6』(Nintendo Switch版)、『二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED/二ノ国 白き聖灰の女王 for Nintendo Switch』を紹介していします。

 発売記念特集は、ついに2019年6月20日に発売となる『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』! まさに“大化け”した本作の重要な要素をプレイレビューで紹介しています。また、小説家の京極夏彦氏とレベルファイブ日野晃博社長の初対談もお届け。“妖怪とは何か?”について、その答えに迫る内容になっています。

 発売直前特集では『じんるいのみなさまへ』と『SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ)』、続報では『ファイアーエムブレム 風花雪月』、『アライアンス・アライブ HDリマスター』、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』、『釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン』、『ニンジャボックス』の最新情報をピックアップして掲載しています。今号のおもな記事は、下記でご確認ください!

■特集:『ファイナルファンタジーVII リメイク』

■特集:『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』アーリーアクセス直前特集

■特集:『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

■新作スクープ:『テイルズ オブ アライズ』

■続報:『ファイアーエムブレム 風花雪月』

週刊ファミ通2019年7月4日号
発売日:2019年6月20日発売
特別定価:550円[税込]

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle