PS VR版には主要キャラクターの写真を撮影できる新機能を追加

 2019年8月22日にリリース予定のプレイステーション VR用ソフト『東京クロノス』。同作のパッケージビジュアルが公開された。イラストレーター・LAM氏によるビジュアルにぜひ注目してほしい。また、PS VR限定の新機能として“ヴァーチャルフィギュアモード”も発表。こちらも要チェックだ。

以下、リリースを引用

 MyDearest株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役:岸上健人、以下「MyDearest」)は2019年8月22日に画面の向こう側へ行くVRミステリーアドベンチャー「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」のPlayStation VR版パッケージビジュアルを発表いたします。

 PS VR版のパッケージイラストとなる本イラストは、「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」のキャラクターデザインを担当した新鋭のイラストレーターLAMさんが手がけました。テーマは「青春」。9人のキャラクターたちのかけがえのない友情や尊さが表現されています。

 また、パッケージビジュアルの発表と共に、PSVR版限定となる新機能「ヴァーチャルフィギュアモード」も併せて発表いたします。

 いよいよ発売まで約2ヶ月に迫ったPSVR版「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」にご期待下さい。

PS VR版「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」パッケージビジュアルに関して

 新鋭のイラストレーターLAMさんが「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」のために描き下ろした最新イラストです。主要キャラクター9人がそれぞれの方向を見つめるイラストは、これまで発信してきたキービジュアルと一線を画す「青春」をテーマにした仕上がりとなっています。

 本パッケージビジュアルについて「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」監督・柏倉晴樹、イラストレーター・LAMさん、総合プロデューサー・岸上健人からのコメントをご紹介します。

柏倉晴樹からのメッセージ

 今回のPS VR版のイラストの話を最初にしたのは、LAMさんとの焼肉会で「こういうのはどうだろう?」と構図を提案して頂いたときでしたが、その時は実は「なかなか勝負の難易度高い感じかも」と少しだけ危惧していました。でもその後キャラ達が実際に描かれたものをみたら、私はそれにとても驚きました。最初にLAMさんに伝えたのは「めちゃくちゃいいじゃないですか。なにこれやば。すげえ。」でした。ホントそれだけ、それに尽きる。代表的な「眼ヂカラ」を武器にしたスタイルから更に大きな進化を遂げて、今までのLAMさんのどの絵よりもキャラ達がより自然に魅力的に描かれています。皆さんも、新たなLAMパワーを感じてください。

LAMからのメッセージ

 PS VR版パッケージのテーマは「青春」です。Oculus版のパッケージはミステリー色を強く出していますが、今回のパッケージでは彼等のかけがえのない友情や尊さを表現出来たらと思って制作しました。本作は震えるようなサスペンスと、透き通るような爽やかさが詰まった素晴らしいジュブナイル作品となっています。是非PS VRで東京クロノスを体験してみてください!

岸上健人からのメッセージ

 これは、東京クロノスという作品の「成長」を象徴するキービジュアルです。“PS VRでのリリース”、しかも“パッケージソフトの販売”、は私たち制作スタッフにとって悲願でした。そしてこれは、その目標を実現した証となるパッケージビジュアルです。LAMさんと出会い、東京クロノスという作品をご一緒につくってきて、年月が経ちました。LAMさんが生み出した色とりどりのキャラクター達、LAMさんの天井を知らないイラストレーション力、そして私たち制作スタッフ自身、そういった東京クロノスに関わるすべてのモノの「成長」がこの一枚に現れています。願わくは、たくさんの皆様にとって、パッケージを彩る東京クロノスの登場人物たちが大切な存在となりますように。東京クロノスを通じて、あなたの心を突き刺すようなサスペンスと、一生モノの透明感溢れる感情を、体験いただけますように。

ヴァーチャルフィギュアモードについて

 「ヴァーチャルフィギュアモード」は「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」のストーリーを進行することで開放されるPS VR限定の新機能です。主要キャラクターと背景を組み合わせスクリーンショットを自由に撮影可能。キャラクターのポーズや向きをプレイヤーがカスタマイズしながら、お好みの構図を撮影することができます。ゲーム本編にはないキャラクターと背景の組み合わせを楽しむことができます。

 PS VR版「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」の発売後に、「ヴァーチャルフィギュアモード」の実装を記念したTwitter連動キャンペーンを企画中です。本企画は後日発表いたします。

商品概要
商品名:東京クロノス(TOKYO CHRONOS)
対応機種:PlayStation4(PSVR専用)
発売日:2019年8月22日(木)発売
価格:パッケージ版・ダウンロード版 4,980円(税込)
ジャンル:VRミステリーアドベンチャー
プレイ人数:1人
発売・販売:MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)
CERO表記:C区分(15才以上対象)
「TOKYO CHRONOS(東京クロノス)」のPlayStation VR版予約特典

「東京クロノス」とは
 「次のアドベンチャーゲームは画面の向こうだ」。クラウドファンディングで国内外1,662人から1800万円以上を集め話題沸騰中! 豪華スタッフ・キャストが送る、VRミステリーアドベンチャーゲーム。 「日本発、世界でヒットするVR作品」を目指し、 ユーザー(制作共犯者)のみなさまとつくり、育て上げていきます。

キャスト
櫻井響介: cv.上村祐翔
二階堂華怜: cv.石川由依
桃野夕: cv.木戸衣吹
東国ユリア: cv.柚木尚子
神谷才: cv.朴ロ美(※ロは“王”へんに“路”)
両角愛: cv.桜あず
街小路颯太: cv.植田圭輔
蔭山哲: cv.梶裕貴
ロウ: cv.木村良平

制作スタッフ
監督:柏倉晴樹(「楽園追放 -Expelled from Paradise-」モーション監督)
シナリオ:瀬川コウ、小山恭平
プロデューサー:三木一馬(「ソードアート・オンライン」プロデューサー)
キャラクターデザイン:LAM(イラストレーター)
海外パブリッシャー:Sekai Project(「CLANNAD」「ネコぱら」Steamパブリッシュ)
プロモーションパートナー :Tokyo Otaku Mode Inc.

公式ウェブサイト
公式Twitter
公式Instagram
第2弾PV(藍井エイルさん楽曲使用)
第1弾PV

MyDearestについて
会社名:MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)
所在地:東京都台東区浅草橋2-28-12 NKグリーンビル4階
設立:2016年4月
代表:代表取締役CEO 岸上健人

 MyDearest株式会社は『編集者×クリエイター』が集い、ストーリー系VRエンタメに強みを持つ日本有数のVRスタートアップ。VR小説・VR漫画であるFullDive novel&FullDive MANGAを企画・開発。音楽・プログラム・デザインすべてのクリエイターが揃っており、「ソードアート・オンライン」の担当編集として著名なライトノベルのカリスマ、三木一馬氏もアドバイザーとして参画している。第二回日本アントレプレナー大賞エンタメ部門受賞。