ゲーミングPC“ROG”の新製品には車の要素が!?

 2019年6月14日、ASUS JAPANのゲーミングPCブランド“ROG”の新製品発表会が発表された。

 発表会は“BE UNSTOPPABLE~ROGブランドの新次元へ”と銘打たれており、日本語訳すると「もう止まらない」。

 壇上にはASUS JAPANシステムビジネス事業部マーケティング部部長のシンシア・テン氏が登壇し、ROGブランドの歴史を振り返りつつ、止まることなく進化とユーザーへのコミットを続けてきたROGならではの新製品を発表した。

ゲーマーに寄り添い続けるROGのコンセプトを熱く語ったシンシア・テン氏。
日本初の3Dメガネ対応ノートPCや、スピーカーに見える巨大な水冷システムを搭載した水冷ノートPCなどは、記憶に残っている人も多いことだろう。我々としては度肝を抜かれたものだ。
ROGブランドはeスポーツの大会などで活躍し、高い売り上げ実績を誇る。近年はゲーミングスマホという新境地も切り開き、PCとは縁遠かった層にもROGの名前が広まった。

 今回の発表会でも、ROGは(おそらく)誰も予想していなかったコンセプトを打ち出してきた。BMWのグループ会社であるDesignworksとのパートナーシップを提携。自動車のプロダクトデザインを取り入れた世界に1台のコンセプトモデル“ROG Face Off”を制作し、そのデザインと機能性を一般販売の新PCに落とし込んだのだ。

日本では初の展示公開となるROG Face Off。車の要素をゲーミングノートPCに取り入れられないかという、斬新な発想から生まれた一台だ。
WASDキーとスペースキーには、ほかのキーと感触が異なるメタリックな素材が使われている。
あえてのアシンメトリー設計やスモークパーツによる内部構造の可視化など、一般的なノートPCとは異なるアイデアが満載。

ROG Strix G G531シリーズ

 コンセプトモデルの遺伝子を継承し、形にした新ゲーミングノートPCこそが、“ROG Strix G531”シリーズだ。

 G531にはユーザーのニーズに合わせて選べる7機種の多彩なラインナップ(ASUS Store限定モデル2点も加えると9機種)が用意。

 全機種で注目すべきはそのデザインと機能だ。デザイン面でROG Face Offの遺伝子を受け継いでいるのはもちろん、機能面についてもASUSの持つ高い技術が凝縮されている。

ゲーミングPCにとって非常に重要な冷却システムに高い技術力が結集。冷却効率がいい液晶ポリマー製のファンに12Vのハイパワーを与え、さらにファンの遠心力でホコリを外に押し出す。
本体側面や背面、さらには底面にまで徹底したエアインテークを施し、計算し尽くされた冷却循環と静音性を実現している。

 同シリーズのASUS Store限定モデルとなる“ROG Strix SCAR III G531GV”と“ROG Strix Hero III G531GV”には、まるで車のキーのように本体へと差し込む“Keystone”を用いたシステムが盛り込まれている。

 Kerstoneは一見するとUSBメモリなどのようだが、その機能は鍵そのもの。差し込むことでそのキーに設定したプロファイルが起動する。さらには、このキーを刺したときのみ閲覧できるシークレットストレージを起動する鍵にもなっている。

こちらがKeystone。伸縮性のある素材でできたキーホルダーに差し込んで、車のキーのように持ち歩くことができる。

 車を運転するとき、キーを挿すと自身はドライバーに、車は静物から移動手段(もしくはドライバーと一心同体)に切り替わる。同じように、この2モデルではKeystoneを使ってゲームを遊ぶときの気分を高揚させる。おもしろい演出だ。

 現在はマシン1台につき、ひとつのキーのみが用意されている。しかし今後の反響次第では、いくつものキーで複数のプロファイルを使い分けられる、などといった展開にも期待できそうだ。

差込口に装着すると、キーボード部のLEDが一斉にキーの色に発光する。「これからゲームするぞ!」、「さあ、仕事だ!」といったように、気分が高揚する。

 G531は多彩なラインナップが用意されたスタンダードモデルでありながら、ROG Face Offが持った車のパワーやイメージを引き継いでいる。

 ROGが掲げる“ゲームでの勝利を目指す”というテーマを超越し、仕事や普段使いなど、ゲーム以外の用途でも幅広くユーザーに受け入れられるモデルとなっている。

BMWのシザードアを参考にしたヒンジにすることで空気が通るスペースが生まれ、冷却性能も向上。単に車のデザインを真似ただけではないのだ。

【スペック】
ROG Strix SCAR III G531GV
ROG Strix Hero III G531GV

発売予定日:
[ROG Strix SCAR III G531GV]2019年7月中旬
[ROG Strix Hero III G531GV]2019年8月中旬(ASUS Store限定販売)
価格:24万9800円[税別]
液晶:15.6型フルHD 144Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:16GB
GPU:RTX 2060
ストレージ:SSD 512GB + HDD 1TB

ROG Strix G G531GW
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:29万9800円[税別]
液晶:15.6型フルHD 120Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:16GB
GPU:RTX 2070
ストレージ:SSD 512GB + HDD 1TB

ROG Strix G G531GV
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:24万3800円[税別]
液晶:15.6型フルHD 120Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:16GB
GPU:RTX 2060
ストレージ:SSD 1TB

ROG Strix G G531GU
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:21万9800円[税別](ASUS Store限定モデルは17万9800円[税別])
液晶:15.6型フルHD 120Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:16GB
GPU:GTX 1660 Ti
ストレージ:SSD 1TB(ASUS Store限定モデルはSSD 512GB)

ROG Strix G G531GT
発売予定日:2019年7月中旬(office付属版は2019年6月21日)
価格:18万2800円[税別](office付属版は17万3800円[税別])
液晶:15.6型フルHD 120Hz(office付属版は60Hz)
CPU:i7-9750H(office付属版はi5-9300H)
メモリ:16GB(office付属版は8GB)
GPU:GTX 1650
ストレージ:SSD 512GB

ROG Strix G G531GD
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:13万9800円[税別]
液晶:15.6型フルHD 60Hz
CPU:i5-9300H
メモリ:8GB
GPU:GTX 1660 Ti
ストレージ:HDD 1TB

ROG Mothership GZ700GX

 今回発表された新製品はG531だけではない。まるでデスクトップのように使用できるという超高性能ゲーミングノートPCの新製品が、このMothershipだ。

 圧倒的な性能と4K対応の精細なディスプレイを備え、さらにマグネット着脱式の2.4GHz無線式キーボードを搭載。4つのフロントスピーカーによる迫力の音響と、ノートPCの枠を超えたハイレゾ音質も搭載している。

キーボード部分を着脱し、折りたたむことでコンパクトな無線キーボードと、ホームノートPCのような大画面PCに早変わり。何より分離、合体、変形といった単語が男の子の心をくすぐる。

【スペック】
発売予定日:2019年秋予定
価格:92万5800円[税別]
液晶:17.3型UHD 60Hz
CPU:i9-9980HK
メモリ:64GB
GPU:RTX 2080
ストレージ:SSD 512GB×3(RAID 0)

ROG ZEPHYRUS S GX701GXR & ROG ZEPHYRUS S GX531GWR

 17.3型液晶とGeForce RTX 2080を搭載したゲーミングノートPCとしては、世界最薄を実現したのがGX701GXR。同じように、GX531GWRは15.6型液晶とGeForce RTX 2070搭載モデルとして世界最薄だ。

 スリムかつスタイリッシュながら、ROGのゲーミングPCの名に恥じない高性能を誇る。さらにG531と同じ最新冷却システム一式を搭載しているほか、薄型ながら軍用規格に準拠したテストに合格するほどの堅牢さも実現した。

【スペック】
ROG ZEPHYRUS S GX701GXR
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:44万9800円[税別]
液晶:17.3型フルHD 144Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:32GB
GPU:RTX 2080 Max-Q
ストレージ:SSD 1TB

ROG ZEPHYRUS S GX531GWR
発売予定日:2019年6月21日(金)
価格:34万9800円[税別]
液晶:15.6型フルHD 144Hz
CPU:i7-9750H
メモリ:24GB
GPU:RTX 2070 Max-Q
ストレージ:SSD 1TB

ステージでの紹介はなかったものの、コンパクトなデスクトップPCのROG HURACAN G21CX(2019年7月中旬発売予定)が展示されていた。
スペックが異なる3モデルが用意されるROG Strix GL10CS(2019年6月21日発売予定)は、モダンかつスタイリッシュなデザイン。

プロチーム“DeToNator”も参加したトークショー

 新製品の紹介に続き、ゲストを招いたトークショーが開催された。ROGがスポンサードするプロゲーミングチーム“DeToNator”から、代表の江尻勝氏とストリーマー(配信者)のYamatoN氏が登壇。

DeToNatorの顔であると同時に、日本eスポーツシーンの牽引する存在でもある江尻勝氏。
プロ選手引退後はチーム所属のストリーマーとして、ゲームのおもしろさを広く伝え続けているYamatoN氏。

 トークショーにはシンシア・テン氏も交えつつ、昨今のeスポーツシーンやゲーミングPCに関する話題で盛り上がった。江尻氏いわく「最近はデスクワークでもPCに負荷がかかるソフトを多く使う。だからハイスペックなゲーミングノートPCが便利という声も周囲で増えてきている」らしい。

 ゲーミングPCと聞くと“ゲームしかできないのではないか”、“高そう”イメージする人も少なくない。ゲーミングPC=何でもできる高性能なPCという事実を、今後もさまざまな活動で広めていきたいとのことだった。

 配信を通して長くゲームをプレイをするYamatoN氏からは、「PCに熱が溜まると肝心な場面で性能が下がる。ハイスペックで冷却性能がしっかりしていると、画面がカクつきを避けられてストレスもない」というお話が。

ゲームプレイの模様を広く見てもらうため、動画編集をする人も増加傾向。そのためにはハイスペックPCが必要とのこと。

 シンシア・テン氏によると、ASUSは昔から「尖っている」、「変わったものを出す」というイメージを持たれていたそうだ。誰もがゲームを楽しむ時代だからこそ、PCもまたカジュアルなものであると伝えたいという。

 BMWとのデザインコラボもその施策の一環。これまでにないフィルターを通して、広い層にゲーミングPCの存在とよさを伝えていきたいと語った。

江尻氏とYamatoN氏は「ストリーマー活動やROG製品の紹介など、自分たちのさまざまな活動で広く“知って”もらえるようにがんばります」とコメント。まずはゲーミングPCの存在を知ってもらいたいASUSにとって、頼もしいパートナーだ。

 冒頭で、シンシア・テン氏は「もう止まらない」という発表会のコンセプトに言及しつつ「新次元へと向かう今回の発表製品もまた、始まりに過ぎません」と語っていた。

 自動車デザインとの融合にチャレンジし、それを製品に活かす試みもまた、ROGにとってはひとつのスタートラインなのだろう。今後、我々の想像を超えるどんなゲーミングPCが生まれてくるのか。目が離せない!

BMW Designworksとの提携によって誕生したG531シリーズは、それ単体で見ても非常に完成度が高い。だがROGはそれに満足せず、今後どこまでも止まらず進化し続ける。
G531を用いたゲームイベントも発売日翌日の2019年6月22日(土)に開催予定なので、気になる人はぜひチェック!