最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブが担当することが正式発表された。

 2020年Netflixにて独占配信される、人気アニメの最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』。本作は、“攻殻”史上初となるフル3DCGアニメーションとなっている。また、本作のキャラクターデザインを、SNS上で大きな支持を集める気鋭のイラストレーター、イリヤ・クブシノブ氏が担当することが発表された。

以下、リリースを引用

新作アニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターデザインはイリヤ・クブシノブ!!SNS上で絶大な支持を集める気鋭のイラストレーターが草薙素子を描く!!

 1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THESHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。

 最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品で、 Netflixにて2020年全世界独占配信されます。

【イラストレーション:イリヤ・クブシノブ】

 この度、フランスで開催されているアヌシー国際アニメーション映画祭にて、現地時間6月11日(火)、Netflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>に、本作の監督である神山健治、荒牧伸志が登壇。壇上にて、本作のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブが担当することが正式発表されました。イリヤはInstagramで162万人、Twitterで33万人というフォロワーを有し、日本のみならず、全世界から注目される気鋭のイラストレーター。今回新たにイリヤによる本作の主人公・草薙素子のイメージビジュアルとコメントも公開されました。新たに描き出される「攻殻機動隊」に是非ご期待ください!!

イリヤ・クブシノブ(Ilya K u v s h i n o v)コメント
 日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています。

作品概要

『攻殻機動隊 SAC_2045』

Netflixにて、2020年全世界独占配信!※中国本土を除く
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS

参考情報

【イリヤ・クブシノブについて】
 イラストレーター。1990年生まれ、ロシア出身。SNSで定期的に作品を発表して人気を集め、Instagramは162万人、Twitterは33万人からフォローされている。2014年から日本を活動拠点とし、2016年には初画集『イリヤ・クブシノブ画集 MOMENTARY』(パイ インターナショナル)を発売。2019年4月26日公開の原恵一監督作品『バースデー・ワンダーランド』ではキャラクターデザインをはじめ、美術設定を担当し、多くの反響を呼ぶ。

Instagramアカウント
Twitterアカウント

【Netflixについて】
 Netflixは、190ヵ国以上で1億4800万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当該サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。

【アヌシー国際アニメーション映画祭について】
 毎年6月にフランスのアヌシーで開催されるアニメーションを専門に扱う国際映画祭。1960年、カンヌ国際映画祭からアニメーション部門を独立させる形で創設され、アニメーション映画祭としては世界で最も長い歴史を持つ国際映画祭である。また、同時に世界最大規模のアニメーション映画祭でもある。国際アニメーション映画協会、映画芸術科学アカデミー公認。

【株式会社プロダクション・アイジーについて】
 1987年に創立されてから、高く評価される劇場作品とアニメシリーズを制作してきた。1993年の劇場作品『機動警察パトレイバー2 the Movie』、1995年の劇場作品『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ、押井守監督のアニメ作品制作を精力的に手掛け国際的に名を上げ、2003年にはクエンティン・タランティーノ監督のヒット作『キル・ビル Vol.1』のアニメシークエンスを制作。他に、『PSYCHO-
PASS サイコパス
』シリーズ制作、アニメ『進撃の巨人』シリーズ製作などでも知られている。Netflixオリジナルアニメシリーズ『B: The Beginning』が全世界的に好評を博し、シーズン2の制作が決定している。またSOLA DIGITAL ARTSと共同制作となる同シリーズ『ULTRAMAN』の配信が2019年4月にスタート、こちらも1作目の好評をうけ6月11日に続編の制作決定が発表された。

【株式会社SOLA DIGITAL ARTSについて】
 2010年創業。最先端の技術と豊富な経験を持ったメンバーが、グローバルマーケット向けの作品を企画から制作まで行うクリエイター集団。「SOLA」という言葉は、ラテン語で “ONLY”、“唯一” という意味を持つ。SF小説の巨匠ロバート・A・ハインラインの傑作『宇宙の戦士』の映画化シリーズ『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の制作をはじめ、士郎正宗(「攻殻機動隊」の原作者)の原作を映画化した『アップルシード アルファ』等、世界的に評価を受けている日本発の3DCGアニメーション作品を制作してきた。