PS4、Xbox One、PC『レインボーシックス シージ』の新シーズン“ファントムサイト”に関する情報が公開。

 ユービーアイソフトは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『レインボーシックス シージ』にて、新シーズン“ファントムサイト”に関する情報を公開したコンテンツを発表いたします。

以下、リリースを引用

『レインボーシックス シージ』YEAR4 シーズン2 オペレーション「ファントムサイト」配信決定!

 ユービーアイソフト株式会社はタクティカルシューティングゲーム『レインボーシックス シージ』YEAR4 シーズン2のコンテンツを発表いたします。新オペレーション「ファントムサイト」ではアタッカー「Nøkk」と、ディフェンダー「Warden」の2人の新オペレーターと新しくなったマップ「カフェドストエフスキー」をお楽しみいただけます。更に今シーズンには先日発表された「リバース・フレンドリー・ファイヤー」の導入、ゲーム内ストアとランクプレイリストのアップデートも含まれます。

新オペレーター

 シーズン2では、「Nøkk」と「Warden」の2人の新オペレーターが登場します。この2人の登場で、どのように「情報」が収集されるかを再定義することになるでしょう。

 「Nøkk」は、FMG-9とSIX12SDのウェポンの他に、ハイテクガジェット「プレゼンス・リダクション」を使用することで足音を消し敵に接近し、またカメラ英映像上でも姿を消すことができます。

 「Warden」は、「グランス・スマートグラス」というアイウェアを着用しており、起動時にフラッシュへの耐性を発揮し、更にスモークが炊かれている場所でも敵を視認することが可能です。M590AIとMPXも持ち合わせており強力なアンカー、そして侵入を防御する有力ディフェンダーです。

マップのリワーク

 この2人の新オペレーターと他に今シーズンに追加されるのがリワークされた「カフェドストエフスキー」です。ゲームプレイに更なる可能性と多様性を与えるために様々な改良が加えられました。
1階部分は一新され、また2階部分には新しくボムサイトが追加しゲームプレイがより多彩になるように設計されています。 

その他アップデート

 コミュニティの皆様のデータやフィードバックを元に、チームキルの対策として「リバース・フレンドリー・ファイヤー」システム、改善されたランクプレイリストとゲーム内ストアフロントが導入されます。

 オペレーション「ファントムサイト」のWindows PC版テストサーバーは5月21日からプレイ可能です。
 このテストサーバーは「レインボーシックス シージ」に新しく追加されるゲームプレイをテストするバージョンです。テスト環境でのプレイとなりますので実際のゲームプレイとは異なる場合がございます。テストサーバー版をご体験した場合は是非コチラにてフィードバックをご共有ください。