スクウェア・エニックスの開発スタジオ“スタジオイストリア”が事業活動を停止。それにともない、新作RPG"Project Prelude Rune"の開発が中止に。

スタジオイストリアが事業停止、“Project Prelude Rune”の開発も中止に

 スタジオイストリアに関する海外の報道を受け、ファミ通ドットコム編集部から日本のスクウェア・エニックス・ホールディングス広報に独自取材を行ったところ、スタジオイストリアの事業活動停止および、“Project Prelude Rune”が開発中止となったことは事実、との回答を得た。

 スタジオイストリアは、スクウェア・エニックスにより2017年に設立された開発スタジオで、新規RPGプロジェクト“Project Prelude Rune”の開発が行われていた。昨年2018年12月末日には、経営方針の変更に伴い同スタジオの代表取締役を務めていた馬場英雄氏が代表を退任し、2019年3月、スクウェア・エニックスを退社したことを発表。馬場氏は、“Project Prelude Rune”の開発にも尽力していた。

 “Project Prelude Rune”は、水彩画のように描かれる世界が印象的で、プレイステーション4用ソフトとして開発されていた。

[2019年5月15日20時15分]一部事実関係と異なる記述があったため、修正させていただきました。お詫びして訂正します。