2019年5月10日に発表された『モンスターハンターワールド:アイスボーン』最新情報をまとめてお届け!

『アイスボーン』の全容がいよいよ明らかに!

 カプコンは、2019年5月10日、プレイステーション4/PC用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の最新情報を発表する番組“『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラム 2019”を配信した。

 本番組内で発表された内容を随時更新でお届けしていく。

 先行して発表済みの内容については以下の記事を参照してほしい。

舞台

 『MHW:I』のおもな舞台は、非常に寒冷で過酷な“渡りの凍て地”。

 従来の『モンスターハンター』シリーズと同様に、この寒冷な地ではスタミナが減りやすくなるが、温泉に入ったりすることで対策を取ることができる。

この地には、以下のようなモンスターが生息している。
・長毛の草食種“ポポ”
・“ユキダマコガネ”。雪玉を作る性質を持つ。雪玉はハジケ結晶の成分を含み、スリンガーの弾になる。
・“コルトス”

新モンスター

バフバロ
アイスボーン』の比較的序盤に登場するモンスター。巨大な2本の角で突進攻撃など直線的な攻撃を仕掛けてくる。
 周囲のものを巻き込んで攻撃してくるのが特徴で、たとえば木などを巻き込んで突進してきた場合、攻撃範囲が広くなるため注意が必要。
 普段は温泉に浸かったり、日光浴をしたりとのどかに行動しており、そうした行動を観察するのも見どころ。

ブラントドス
 深い雪の中に潜り、獲物を追い詰めるという生態をもつ。いかに雪から引きずり出すかが攻略のポイント。
 肉食で、ポポなどを捕食するほか、バフバロと縄張り争いをすることもある。

ナルガクルガ
 ストーリーの中盤あたりで登場する、素早く、トリッキーな動きが特徴のモンスター。おなじみの動きもありつつ、『モンスターハンター:ワールド』らしい動きもみせるという。
 リオレウスとやりあったり、他のモンスターとの縄張り争いもみどころ。

冰龍 イヴェルカーナ
 『アイスボーン』を代表するモンスター。古龍種で、古龍ならではの攻撃を使ってくるという。

新アクション

 全武器種で、抜刀中のスリンガー使用が可能に。

 スリンガーを使った新アクション“クラッチクロー”が登場。鋭い爪状のクローを発射し、モンスターにクラッチ(しがみつく)し、そこからモンスターの動きを制御することも可能。
 “ぶっ飛ばし”というアクションでは、しがみつきながらスリンガーを全弾発射し、モンスターが向いている方向に吹っ飛ばす。設置しておいた落とし穴の方向に吹っ飛ばす、といった使いかたが可能。

 そのほか、武器ごとにスリンガーを使った連携アクションが追加される。

 ライトボウガンでは回避しつつ弾の装填ができる新強化パーツが登場。

製品情報

 基本商品ラインアップは複数用意される。

 すでに『MH:W』を持っている人は、超大型拡張コンテンツ『MHW:アイスボーン』のみをダウンロード購入してプレイすることができる。

 『MH:W』を持っておらず、『MHW:アイスボーン』から新たに始めたい人向けには、『MH:W』と『MHW:I』がすべて含まれる『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』が用意される。こちらはパッケージ版、ダウンロード版両方が発売される。

マスターエディションでは、限定特典として、重ね着装備“ユクモノ”シリーズを入手可能。
【2019年5月10日11時30分補足】ユクモノはマスターエディション以外でももらえます。

 また、重ね着装備やジェスチャーなどがセットになった“デジタルデラックスキット”が発売されるほか、フィギュアやアートブックなどが付属する『コレクターズパッケージ』などのバリエーションも用意される。

重ね着装備やジェスチャーなどは、“デラックスキット”として、単体販売も予定。

 プレイステーション4版の予約受付は本日(2019年5月10日)スタート。

 なお、Steam版は今冬発売を目指して開発中とのこと。

『モンスターハンター:ワールド』情報

 『モンスターハンター:ワールド』では、明日(2019年5月11日)より期間限定で、歴戦王ネルギガンテが登場する。

 歴戦王ネルギガンテは、行動の最後に急につながる攻撃が新たに追加されていたり、専用の移動ルートが組まれているなど、通常のネルギガンテとはかなり異なる生態を持ち、本作で初めてネルギガンテと対峙したときと同じような緊張感を味わえるモンスターになっているという。

 また本日(2019年5月10日)より、ネルギガンテをモチーフにしたPS4用ダイナミックテーマが発売開始となる。